長期インターンの面接って何を聞かれるの?よくある質問と答え方を解説!

長期インターンでは参加前に面接による選考が実施されます。「何を聞かれるんだろう?」「どうやって対策すればいいんだろう?」と不安になっている方もいるのではないでしょうか。

ここでは長期インターンの面接でよくある質問と答え方について解説します。長期インターンの面接対策も紹介するので事前準備に役立ててください。

目次

長期インターンの面接でよく聞かれる4つの質問と答え方

まずは長期インターンの面接でよく聞かれる4つの質問と答え方について解説します。

志望動機

どんな企業でも聞かれるのが「志望動機」です。質問の一例をご紹介します。

我が社の長期インターンを受けたいと思ったのはなぜですか?
たくさんの企業がインターンを実施している中で弊社を選んだ理由は?

これら志望動機に関する質問によって企業が知りたいのは「学生が自社へ向ける熱意」です。熱意を示すとは言っても「参加したいです」と訴えるだけではもちろんダメです。実際に熱意を持って行動していることを伝えなければいけません。

そのためには以下の3点をしっかり伝えられるように回答しましょう。
1.企業の事業内容や商品・サービスなどを理解していること
2.その上で自分のニーズと企業がマッチしていると考えていること
3.自分を採用することで企業にもメリットがあること

事業内容を徹底的に調べ上げている、あるいは自分が企業でどう活躍するかを考えている姿勢が「本気で志望しているんだな」という熱意として伝わります。

インターンでやりたいこと

長期インターンでよく聞かれる質問の2つ目は「インターンでやりたいこと」です。次のような形で質問されるケースが多いです。

どんな仕事を希望していますか?
興味がある仕事はありますか?

インターンでやりたいことを質問することで、企業は学生とのミスマッチを防ごうとしています。次の2点が「インターンでやりたいこと」を答えるときに押さえておくべきポイントです。

1.企業の事業や業務を十分に理解した上で希望を述べること
2.キャリアプランから長期インターンで経験すべきことを逆算して答えること

「何でもいいです」という回答では、「計画性がない」「我が社じゃなくてもいい」と判断されてネガティブな評価となる危険性がありますので注意しましょう。

これまで頑張ってきたこと

長期インターンでは「これまで頑張ってきたこと」についてもよく質問されます。いわゆる「ガクチカ」と呼ばれる質問で、次のような形で質問されます。

大学で力をいれていることは何ですか?
これまでの学生生活で頑張ったことは?

これらの質問で企業が知りたいのは「問題解決能力」です。人が何かを頑張るとき、たいていは途中で壁にぶつかります。そんな壁への立ち向かい方やモチベーション維持の方法を聞くことで、仕事で出会う困難な場面に学生が柔軟に対応できるかを測っているのです。「これまで頑張ってきたこと」を答えるときには、次のポイントをふまえてみましょう。

1.頑張る中で出会った問題
2.その問題にどのように立ち向かったか
3.その結果どんな成果が得られたか

以上3点を押さえた回答ができればOKです。

自分自身に関すること

長期インターンでは、学生自身についての質問もよく聞かれます。例えば、以下のような質問です。

簡単に自己紹介をお願いします
1分間で自己PRをしてください
あなたの長所と短所を教えてください

これらの質問は学生が「自分自身」を理解しているかを確認するために行われます。自分の良いところを理解していれば、インターンでも活用できますし、さらに伸ばすことができるからです。

自分のアピールポイントや長所・短所を話すときには、「私のアピールポイント/長所/短所は〇〇です」と簡単に答えてから、その理由について具体的なエピソードとともに話しましょう。

長期インターンの面接対策

長期インターンで面接を受けるときには、事前の準備がとても大切です。ここでは長期インターンの面接対策をご紹介します。

企業が求めている人材を理解しよう

長期インターンの面接で何より大切なのは、「企業がどんな人材を求めているか」を理解して質問に回答することです。

例えば、「チャレンジ精神にあふれた人」を求める企業に、自己PRで「私はコツコツ取り組むことが得意です」と言っても、あなたの魅力は十分に伝わらないでしょう。企業研究を重ね、企業のニーズを把握した上で言葉を選ぶようにしましょう。

模擬面接で「第三者から見た自分」を確認しよう

面接では回答内容はもちろん、面接官から見える「あなた」がすべて評価の対象となります。自分ではできているつもりでも、第三者から見ると「声が小さくて聞き取りづらい」「姿勢が悪い」「スーツの形が崩れている」など、修正すべきポイントがたくさん見つかることがあります。

大学のキャリアセンターが開催している模擬面接などを活用し、「第三者から見た自分」をチェックしてから、本番に臨みましょう。

まとめ

今回ご紹介した「長期インターンの面接でよく聞かれる質問」は、就活の本選考でもよく聞かれるものばかりです。長期インターンの面接対策として回答の準備や模擬面接での練習を重ねておけば、いざ本選考が始まってからも慌てずに済みます。ほかの学生よりも有利に就活を進めるためにも、早めに準備を始めておきましょう。


大学生・就活生イベントランキング


このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
大学生おすすめコンテンツ