インターンシップとは。就職では不可欠?1、2年生でも参加できる?

大学生がよく耳にするインターンシップ。長期インターン、サマーインターンなどがあります。今回は、インターンの種類や目的、参加するメリットを解説しつつ、インターンが就活に役に立つのかといった疑問にもお答えします。

インターンシップとは
目次

インターンシップとは

インターンシップとは学生が企業で実際に行われている業務を経験することで社会で働くことへのイメージをつかんだり、ビジネスで用いられるスキルを身に着けたりするものです。

インターンシップのなかには、1日や2日、1週間程度で行われる短期インターンシップと1ヶ月から1年、長い場合には数年働く長期インターンシップがあります。長期インターンでは実際の業務に携わり、短期インターンでは会社の説明会を兼ねていたり、インターンのためにワークショップ形式のプログラムをそれぞれの企業が用意していたりするのが一般的です。

インターンシップの種類

長期インターンシップ

長期インターンシップは実際の職場で企業の一員として就業体験をするものです。期間が長いので企業の戦力として成果を出すことを求められます。主にベンチャー系企業などで実施されており、学生のインターンシップでも社員と同じ仕事をさせてもらえることもあります。

職種は、営業、事務作業、プログラミング、企画、マーケティングなど多岐にわたり、大学の授業やアルバイトではなかなか身につかないような実際の仕事のスキルを身につけられるというのが大きな魅力です。

就業体験とはいえ実際に仕事をして企業に貢献するわけですから、給料をもらえるものも多く、アルバイトの代わりとして参加する学生も多いようです。学年不問で年中募集している場合が多く、近年では大学1年生からやる人も増えています。大学3年生からだと就職活動やゼミなどで忙しくなりがちなので、1年生、2年生から長期インターンシップに参加するというのもおすすめです。

短期インターンシップ

短期インターンシップは主に1日~数日の職業体験が主な内容となります。
企業が自社の認知度向上のために行うことが多く、大企業からベンチャー企業まで多くの企業が夏休みや冬休みなどの長期休みに多く実施しております。特定の時期に行われるものは「サマーインターン」、「ウィンターインターン」などと呼ばれます。

学年不問のものもありますが、参加者は就職活動生(大学3年生、大学院1年生)が多数となっており、多くの学生は就職活動前の業界研究の一環や就活の練習として参加します。

内容は、実務を行うというよりは、実務をシミュレートしたグループワークを行うようなものが多くなっております。グループで新規事業の立案や経営課題の解決策の提案・発表を行うなど、実際の仕事の場面に近いようなシチュエーションを味わうことができ、企業への理解が深まります。

多くの企業では就職活動の説明会などを実施する時期が制限されていますが、その時期より早くから短期インターンシップを実施している場合が多いので、企業研究、業界研究を早めに始めたい方にもメリットがあります。また、一部の企業では短期インターンに参加した学生に特別な選考ルート(1次面接免除など)が与えられるということもあります。

大学生がインターンシップに参加するメリット

大学生がインターンシップに参加するメリットは長期インターンと短期インターンで少し異なります。

長期インターン

・働くことへの理解が深まる
長期インターンを経験することで、「働く」ことについて考えるきっかけになります。働くことで社会にどんな影響を及ぼしているのか、ビジネスの世界で誰かと協力しながら働くというのはどういうことなのかを考えるようになります。また長期インターンをすると、周りには社会人の方だらけですので、実際に社会人として働く姿を見ることができたり、話を伺ったりすることができます。

大学を卒業して社会にでてから、どんな生活をすることになるのかイメージしやすくなったり、就職先を決めるときに働くことへのイメージができている分決めやすくなったりします。

・スキルアップすることができる
長期インターンをすることでビジネススキルを身につけることができます。リサーチやマーケティング、営業でのスキルをはじめ、ビジネスマナーやビジネスメールの書き方などを学ぶことができます。

短期インターン

短期インターンは、学部3年生や修士1年生といった来年に就活を控えている学生向けという側面があります。

・業界、企業研究できる
短期インターンを活用すれば、夏休みや冬休みなどの限られた時間のなかで多くの企業や業界をみることができます。自分の進みたい企業がすでに明確であったり、比較的時間があったりすれば長期インターンをすることもできます。しかし進みたい業界が決まっていない学生であれば、短期インターンに参加することがオススメです。

短期インターンでは、グループワークを通じて企業の活動内容を知ることができます。グループワークに企業の方がメンターとしてついてくださったり、グループワーク終了後に社員の方と懇親会で話したりする機会もあります。勤めている方と話すことで、企業の雰囲気や様子を知ることができ、自分の進路を考える上でのヒントになります。

・就活生同士の意見交換
短期インターンシップのもう一つのメリットは、自分と似た境遇にいる人同士で意見交換できることです。同じ会社のインターンを受けている人の場合、興味関心が近いことがあります。興味関心のある企業の情報や、今後の就活の進め方などにまつわる情報を交換できます。

企業がインターンシップをする目的

長期インターンをする目的

長期インターンの場合、学生の採用や認知のためというわけではありません。実際に業務をする上での戦力として活躍してもらいたい、学生目線での意見が欲しいと考えています。

短期インターンをする目的

短期インターンシップには、学生に自社について知ってもらうために行われています。企業としては、優秀で自社にあった学生に入社して欲しいと考えています。優秀な学生と早めに接点を持つことで自社に入社してもらおうと考えていたり、学生に就職先の候補として認知されようとしていたりします。

「短期インターンは採用に直結しない」としている企業が多いですが、あくまで新卒採用のために行っていると考えてもらって差し支えありません。

インターンシップのよくある質問

インターンシップにはいつ参加するべきなのか?

長期インターンは数か月から数年働くこともあるため、始める時期としてはできるだけ早いほうがいいと言えます。3年生になり自分の興味が絞れるようになってから長期インターンをすることも大切ですが、時間の余裕のある1・2年生のうちに少しでも興味がある業界のインターンをしておくこともおススメです。短期インターンについては、3年生の夏から始めるのが一般的です。

インターンシップは就活に役に立つのか?

インターンシップに参加することは就活をするうえで役に立ちます。しかし長期インターンと短期インターンでは就活における意味合いが少し変わってきます。

・長期インターンの場合
長期インターンに参加すると、業務にかかわる中で即戦力となるビジネススキルを身につけることができます。就活の面接で、「○○のインターンで営業として、〇〇という成果を上げました。」「〇〇というアプリの開発にインターンとして携わっていました。」と話せるとアピールになります。

また長期インターンに参加することで、働くことへの理解が進むと自分が大切にしたい軸や価値観がはっきりしています。自分に向いている職種や業界を把握していたり、働く上でのスキルセットやマインドセットを持っていたりすることは就活での大きな強みになります。他にも長期インターン先での就職がしやすくなるといったこともあります。

・短期インターンの場合
短期インターンは大きく3つ就活に役立つことがあります。
1つ目は本選考をする前にエントリーシートや面接の練習をできることです。インターンでの面接やエントリーシートが就活の本選考と似たかたちで行われることが多いので、就活の練習には打って付けです。

2つ目は企業の様子や雰囲気、大切にしている価値観を知ることができることです。実際に働いている人と話したり、普段の業務に近いワークを行ったりすることで自分が会社にあっているのかを考えるうえでのヒントを手に入れることができます。

3つ目は、会社に自分の存在を知ってもらえることです。短期インターンに参加することで、会社の人に自分の存在をアピールすることができます。グループディスカッションやワークをするなかで、活躍することができれば人事の方に好印象として覚えてもらえます。場合によっては、短期インターンに参加していると1次面接やエントリーシートが免除になることがあります。外資系の企業の場合、サマーインターンに参加していないと就職できないこともあります。

長期インターンは忙しいのか?

長期インターンの忙しさはアルバイトとそれほど変わりません。頻度としては1日あたり5時間、週に2~3日程度働くことが多いようです。インターン先によっては、週に1度だけ働いたり、リモートで自宅で働いたりすることもできます。工夫次第では、学業とインターンを両立させることも難しくありません。

優秀な人しか参加できないのか?

インターンには優秀な人しか参加できないわけはありません。インターンに参加するための選考があったりと、ハードルが高そうに感じるかもしれません。しかし決してそんなことはありません。選考といっても周りの学生もあなたと似たような境遇の人がほとんどです。

長期インターンであれば、はじめは上司や先輩から仕事のイロハについて教わることができます。インターンをしていくなかで、スキルを身につけていけば大丈夫です。働く時間も社会人と同じ40時間/1weekを求められるわけではありません。短期インターンでも、前半部分で必要な知識のインプットがあったり事前研修があったりと、手厚いサポートを受けることができます。

インターンをしていると言うと意識高い人が行っている印象があるかもしれませんが、インターンをしている人に話を聞くと「なんとなく始めた」「サークルの先輩に紹介された」など大した理由もなく始める人もいます。少しでも興味があれば一度調べてみるといいでしょう。

インターンシップの探し方・選び方

インターンをしようと思ったら、どのように探せばいいのでしょうか。

すでに気になる企業があれば、企業のホームページからインターンの募集をしているのかどうか調べることができます。特に決まっていないときには、インターンの募集を集めた求人サイトを利用しましょう。このインターンシップガイドでもインターンの募集を行っているのでぜひ利用してみてください。

求人サイトで募集の数が多くどのインターンに参加すればいいのか迷ってしまったときは、「興味ある業界」「興味ある職種」のどちらかを明確にしてから探すことがおススメです。

例えば、自分にどんなことができるのかわからないけど、とりあえず教育に携わりと思うのであれば、教育系の企業を中心に探していくことができます。逆にどんな業界かはあまり気にならないけど、プログラマーとして働きたい、マーケティングがしたいということもあると思います。業界・職種どちらかを絞るだけでも探しやすくなります。

また短期インターンであれば、じぶんの興味を知るために様々な業界に参加するという手もあります。数日間から1週間のプログラムであれば長期休暇中に複数参加できます。少しでも興味のある業界や企業のインターンに是非参加してみましょう。

まとめ

ここまでインターンにまつわる情報を幅広く紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。日本ではインターンといっても、短期インターンや長期インターンなどさまざまな形態があり、わかりにくくなっています。インターンがどういったものなのか理解して、上手に活用していきましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ