就活で10年後(〇年後)の自分の姿を聞かれたら?

就活では「10年後の自分はどうなっていると思いますか?」など自分の将来について質問されることがあります。
ほとんどの人が自信をもって答えることができないでしょう。社会人でも答えるのが難しい質問です。
就活で聞かれたら「そんな先のことわからないよ…」と思うのが普通ですが、なんとか答える必要があります。今回は、就活で将来の自分について聞かれた時の答え方のポイントを解説します。

career
目次

10年後の自分についての質問で見られるポイント

「10年後(○年後)の自分」に関する質問で見られているポイントは
・志望企業についての理解度
・実際に志望企業で働いているイメージを持っているか
の大きく2つです。

「正しい未来予測をしてください」という質問をしているわけではないですし、正解は存在しません。
「正解を言わなくちゃ」と固くならずに自分の今の段階での将来に関する考えを自信を持って言えるようにしましょう。

志望企業についての理解度

志望企業の業務にどのようなものがあるか、どのような職種があるかといったことを学生が理解できているかを確認する意味合いがあります。
極端な話をすると、営業職のみ採用している会社に「御社でエンジニアとしてのキャリアを積みたいと考えています」のような著しく企業理解度が低いと判断されるようなことを言ってしまうと、入社後の「こんなはずじゃ無かった」というミスマッチを防ぐために不採用になるケースが多いようです。
的を射た回答をするためには企業の業務内容をしっかりと把握しておくことが重要になってきます。

実際に志望企業で働いているイメージを持っているか

自分が志望企業で5年後や10年後にどうなっていたいか明確に説明できる学生に、企業は安心感を覚えます。
企業について理解ができていても「とりあえず凄腕の営業マンになります!」のような漠然とした回答しかできないと、やはり入社後の「こんなはずじゃ無かった」というミスマッチが起こりそうに思われてしまったり、仕事ができないタイプだと思われてしまいがちです。
また、保守的な大手企業を受けるときに前衛的なベンチャー企業を受けるときに答えるような「自分は10年以内に独立して起業したいと考えています」などという回答をすると「会社に対して長期的に見ると貢献してくれなさそうだな…」と思われて不必要な減点をされてしまう可能性があります。
企業の採用ページにある先輩社員の話などをしっかりと読み込み、志望企業で可能なキャリアパスの確認をしておきましょう。

10年後(〇年後)の自分の姿の具体例

自分の10年後(〇年後)の姿についての具体例を2つほど挙げてみたいと思います。
質問されているのは、仕事面での10年後(〇年後)の姿なので、極力私生活などのプライベートの要素は抜いたほうが無難です。

製鉄業の技術職

質問:当社に入社して何かやりたいことはありますか、5年後のあなたを想像して記述してください。

私が貴社に入社した際には、品質管理のスペシャリストとして貴社商品の高品質を守り続け、お客様から信頼を得たいと考えています。品質維持させつつも、製造ミスの早期発見および減少、分析コストの削減に取り組み、貴社に貢献したいと思います。 自分が培った経験や知識を仲間や後輩に還元しながらも、5年後には自分の仕事だけでなく全体を見渡しながら生産ライン全体のサポートもこなせるようになりたいです。

ゲーム会社のエンジニア

質問:当社に入社したらあなたはどうなりたいですか?また、10年後にはどうなっていたいか記述してください。

入社してからは、開発エンジニアとして、設計開発に関する知識・技術を十分に身に着けます。 成果を出しつつ、周囲からの信頼を集めていき、自身の中で中間目標としているプロジェクトリーダーになり、プロジェクトの進め方や営業とのバランスのとり方などを学ぼうと考えています。 10年後の目標としては開発エンジニアの経験を生かし、クライアントの根本となるニーズを素早く探り、具体的な提案ができる、企画営業で中核をなす人材になりたいと考えています。

10年後(○年後)の自分を答える際のポイント

10年後(○年後)の自分を答える際に気をつけたいことは
・企業研究を細かいところまでしておく
・目標達成の過程を大まかに把握しておく
の2つを挙げることが出来ます。

企業研究を細かいところまでしておく

例えば、現時点で既に撤退することが公表済みの部署で10年以内に活躍をすることを目標としていると企業に「ウチに対しての意欲は高いようだけど、その割にはウチの今後の経営方針について不勉強な学生だなぁ」と思われてしまいます。
また、撤退業務について関心が特に高く、他の業務については関心がないと判断されてしまうと「入社しても将来的に使えない人材なのでは?」と思われてしまい、不採用になってしまうケースがあります。
また、仕事で使うシステムを外注して賄っている会社でエンジニアを目指す、と言った様な企業の方針と齟齬のある回答をしてしまうことが無いよう、企業の業務内容はよく調べておきましょう。

目標達成の過程を大まかに把握しておく

インターネットを利用して調べたり、先輩社員に質問するなどして、どのようにキャリアを積み上げていくのかというイメージを持っておきましょう。
調べた結果、宅建士や簿記、行政書士と言った資格をとることがキャリアにおいて有用であることがわかっている場合は、今からでも資格獲得に向けて対策をすることが出来ます。その他にもプログラマーの様にプログラミング言語を仕事で使用することがわかっていれば事前に無料サイトで勉強してよりおくことが就職前から出来ることとして考えられます。

将来の情報を他人から得る手段は色々ありますがその中で最も有用な方法はOB訪問だと言えます。
実際に自分の行きたい業界で働いている人から直接情報をもらうことで、将来の自分の姿をより具体的に、鮮明に作りこむことができますし、その人が就活をしていたときに思い描いていた将来の姿について聞くことが出来るかもしれません。
志望度の高い企業であればOBの人に「10年後の自分の姿の部分こんな感じなのですが添削やフィードバックがあればお願いします」と言って先に確認してもらえば、より志望企業に合った◯年後の自分の姿の回答が作れるかもしれません。

最後に

今回は10年後の自分の姿についてみてきました。
何が起きるかわからない将来について答えるのは不安だとは思いますが、正解は存在しないので気楽に、肩の力を抜いていきましょう。
しっかりと企業研究を行い、面接官に納得してもらえるような10年後の自分の姿を考えておきましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ