履歴書やエントリーシートの「趣味や特技」って何を書けばいいの?

履歴書やエントリーシートの「趣味や特技」って何を書けばいいの?
就活の履歴書やエントリーシートはもちろん、面接でも「趣味」や「特技」について問われることがあります。「これといった趣味がない」「趣味はあるけど人にはいいづらい」という人は、どう答えたら良いか悩んでしまいますよね。ここでは「趣味・特技」の答え方のポイントと具体例を紹介していきます。

趣味や特技
目次

企業が「趣味・特技」を聞く意図は?

個性を見るため

「趣味・特技」には、その人の志向がよくあらわれます。面接官は、「どんなことに興味があるのか」「普段どんなことをしているのか」を知ることで、就活生の個性を知ろうとしています。

マッチングを見極めるため

個性を知るのは、企業との相性を見るためでもあります。「趣味・特技」からは、どんな人であるかが見えてくるため、社風や企業文化とマッチするかもイメージしやすくなるのです。

会話のきっかけ

「趣味・特技」は会話の糸口となります。「好きなこと」や「得意なこと」なら、面接で緊張している就活生も話しやすい内容です。緊張をほぐし自然体で話をしてもらうためや、会話を盛り上げるきっかけとして「趣味・特技」の話をする面接官も多いようです。

「趣味・特技」の見つけ方

趣味がある人はいいですが、「趣味や特技かわからない」という方も多いと思います。ここでは「趣味・特技」の見つけ方を解説します。

趣味

趣味がないという場合は、「好きなこと」「興味があること」「毎日やっていること」などを考えてみてください。自分では趣味だと認識していなくても、続けていることや楽しいことがあればそれが趣味です。

・時間を忘れて熱中したことは?
・勉強の息抜きにやっていたことは?
・人に強制されずに、自然と取り組んでいたことは?
・会社に入っても、できれば続けていきたいことは?

特技

自慢できるような、大きな成果がなくても構いません。「人よりも少し上手にできるかな」というレベルでもいいので、これまでに学んだり習得したことを思い出してみてください。

・やったことのある習い事は?
・勉強していることは?
・人から褒められた経験があることは?
・人にアドバイスを求められた経験があることは?
・部活やアルバイトで取り組んでいたことは?

「趣味・特技」アピールのポイント

本当に自分が好きなこと、得意なことを書く

「趣味・特技」は、ついつい就活で受けが良さそうなものを選んでしまいがちですが、それは得策ではありません。

企業が見ているのは趣味の内容ではなく、「なぜ・どのように熱中したか」。どのような理由でモチベーションを保つことができ、どうして熱中することができたのかが重要です。

本当はそこまで熱中していなかったことを、熱量を持って伝えることは非常に難しいものです。経験した人だからこそわかる楽しさや困難さを書くこと。面接で鋭く突っ込まれることもあるため、本当に好きなこと、得意なことを書くようにしましょう。

具体的に書く

面接官は、何人もの学生に趣味や特技を聞いています。あまり具体的でないものは何度も見ることになり、「本当に好き」「本当に得意」という思いが伝わりづらいこともあります。

たとえば、「趣味は読書です」と書く人はたくさんいることが容易に想像できるでしょう。しかし、それでは個性や自分らしさが伝わらず、企業にもあまり良い印象を持たれません。

「読書」という趣味でも、好きな本のジャンルや読む頻度は人それぞれのはずです。そこで、「戦国時代を舞台にした小説が好きで、月に5冊程度のペースで3年間読み続けています」と具体的に伝えれば、企業側も納得できるのです。

企業に合わせて内容・伝え方を工夫する

本当に趣味・特技だと言い切れるものを伝えるに当たって、企業に合わせて多少内容や伝え方を調整する必要はあります。

例えば粘り強く、諦めない人材を求めている企業に「相性が悪いと感じた局面では、潔く方針を変える冷静な判断が得意です」と書いてしまうと、「すぐに諦めてしまう人なのか」とマイナスに取られる可能性があるのです。

趣味が「旅行」の場合、チームワークを重んじる企業に対しては「友達と一緒に計画を立て、全員が納得のいくプランを組み立てることが好きです」と書くのがいいでしょう。リーダーシップを重んじる企業に対しては「現地の観光スポットやグルメなど自ら率先して情報を調べ、旅行が滞りなく進むようガイド役をしていました」と書くようにします。
企業の社風に合った人物に見えるよう、伝え方を工夫しましょう。

趣味と特技の回答例

趣味

・掃除をすることです。身の回りをきれいに保っていたいので、頻繁に掃除をしています。最近では効率を上げるため、部屋の上の方から下の方へ、大きいゴミから小さいゴミへ、という順番で掃除をするよう心がけています。

・料理をすることです。ラーメン屋でバイトをしていた経験からスープにこだわりがあり、様々な方法でスープ作りを試しています。月に1回は友人を招いて、ラーメンパーティを開いています。

・一人旅です。休みがあると必ず電車を使って遠出し、その地のおいしいものを食べたり、観光スポットを訪れたりしています。先月は大阪へ行き、本場のたこ焼きを食べ比べしました。

・ロードバイクです。小さいころから自転車に乗ることが好きでした。大学に入ってからアルバイトで貯めたお金で念願のロードバイクを買い、よく地元の静岡まで走っています。

特技

・水泳です。小学生のころから習っており、体力と持久力には自信があります。目標のタイムをクリアするためにはどうしたら良いのか、様々な方法を試すところに面白みを感じています。

・人に教えることです。3年間塾講師でアルバイトをしていたため、人に分かりやすく教えることには自信があります。3年間で担当した受験生のほとんどを、第一志望校に合格させることができました。

・パワーポイントを使って見やすい資料を作ることです。グループで発表するときには、必ず私がスライド作成を担当していました。フォントサイズや色、レイアウト、アニメーションまでこだわって作成します。

・書道です。中学校では市民会館、高校では県立文化会館に飾られる作品を書き、現在も趣味で続けております。基本の書体は守りつつ、いかに自分らしさを表現するかが書道の醍醐味だと思っています。

こんな「趣味・特技」はNG?

ありきたりな趣味

「趣味・特技」を聞かれると、読書や映画鑑賞、音楽鑑賞、スポーツなどと答える人がかなり多いと思います。ありきたりな趣味は個性がないため、書くのをためらう人もいるかもしれません。

しかし具体的なエピソードがあるなら全く問題ありません。「自分の好きな作品」や「自分なりの楽しみ方」など、具体的な説明でしっかりとアピールすれば印象付けることは十分できます。

遊びを連想させる趣味

カラオケやドライブなどは遊びのイメージが強いですが、伝え方を工夫すれば「趣味・特技」としてアピールできます。

「カラオケの場を盛り上げるために最新の曲を練習しています」などとアピールすれば、協調性が高く、コミュニケーション能力が高いと思われる可能性も高いです。

ドライブでは、「地理や抜け道に詳しいこと」や「フットワークの軽さ」「行動範囲の広さ」などもアピールできるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?「趣味・特技」をアピールする際のポイントは、「本当に好きなこと、得意なことを書くこと」と「具体的に書くこと」です。回答例を参考に、自分なりの「趣味・特技」を効果的に伝える内容を準備してみてください。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ