【例文あり】履歴書で本人希望記入欄なしってNGなの?どんなことを書くべきか解説!

履歴書には「本人希望記入欄」が用意されています。「希望はないから『なし』でいいのかな」「空欄で出しちゃダメ?」など思い悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、本人希望記入欄に『なし』と書いても問題ないかを解説します。その上で、本人希望記入欄に書くべき内容を例文と共にご紹介しますので、ぜひご覧ください。

【例文あり】履歴書で本人希望記入欄なしってNGなの?どんなことを書くべきか解説!
目次

本人希望記入欄に『なし』はNG?

入社への意欲がないように感じられてしまう

本人希望記入欄に対して『なし』や『特になし』と書くのはNGです。採用担当者が『なし』という回答を見ると「入社への意欲がない人」「会社に対して興味がない人」「深く考えない人」といったネガティブな印象を受けてしまう可能性があります。

「特に希望することがない」と思っても、相手の受け取り方を考えた上で、丁寧な表現で伝えることが大切です。

希望がなければ「貴社規定に従います」と書くのがおすすめ

本人希望記入欄に書くような希望がない場合には、「貴社規定に従います」「貴社の規定に準じます」という書き方が一般的です。

ビジネスマナーを知っていることをアピールできますし、『なし』と書くよりも企業側を思いやった姿勢を見せられるため、失礼になりません。

履歴書の本人希望記入欄に書くべき内容とは?

希望職種・勤務地・勤務時間なら希望してOK

履歴書の本人希望記入欄に「あれも、これも」と希望を書き出すと、採用担当者は「面倒くさい人」「自分のことばかり考える人」とマイナスに受け取ってしまいます。

本人希望記入欄には「職種」「勤務地」「勤務時間」についての希望を書く程度に留めるようにしましょう。

希望内容を書いたら希望する理由を添える

本人希望記入欄に希望内容を書くだけでは「単なるわがまま」と捉えられてしまうことも。希望内容には希望する理由を必ず添えるようにしましょう。

採用担当者に「この理由であれば、この希望を出すのも分かる」と納得してもらえるような正当な理由を提示することが大切です。

絶対に譲れない条件だけを書く

採用担当者としては、本人希望記入欄に書かれた条件は「妥協できない条件」と捉えていることがあります。そのため、履歴書の本人希望記入欄には、絶対に譲れない条件だけを書くようにしましょう。

一方、「本当はこうしてほしいけど、難しいのかなぁ」という自分でも迷っている条件については、面接などで直接確認してみた方が解決しやすいと言えます。

本人希望記入欄の書き方例文

■希望がない場合
「貴社規定に従います。」
「貴社の規定に準じます。」

上記のどちらかを記入するようにしましょう。空欄のまま提出するのはNGです!

■本人希望記入欄に希望職種を書く場合
「事務職を希望いたします。」

希望職種を書く時には、求人の中で企業が示している職種名の通りに書くようにしましょう。

■本人希望記入欄に勤務地の希望を書く場合
「父の介護が必要なため、自宅から通勤可能な範囲での勤務地を希望いたします。」

勤務地の希望を出す場合には、希望する場所と共にその理由を提示しましょう。

■連絡方法での希望を書く場合
「現在アルバイトをしておりますので、月曜日の15~18時は電話に出ることができません。」

企業からの連絡が電話である場合には、出られない時間を知らせておくと親切です。

履歴書の本人希望記入欄で書かない方が良いこととは?

給与や待遇の希望を一方的に伝えるのはNG

企業がすでに提示している給料や勤務条件に関しては、「もっと高い給料が欲しい」「休みが欲しい」など主張しても効果が薄いばかりか、悪印象につながる原因となります。

もちろん、給料や待遇について交渉すること自体は、長く働く上で大切なことです。しかし、あなたの人柄や能力も分からないのに主張ばかりされても、採用担当者にとって気持ちの良いものではありません。

マイナスの印象を与えるような内容は書かない方がいいことも

持病があってあまり遅くまで残業したくない、などの事情がある方もいるかもしれません。しかし採用担当者が「業務に支障があるのでは?」と不安に思うようなことは書かないほうがいい場合もあります。

どうしてもこの時間までしか働けない、などの事情がある場合はもちろん書いておくべきですが、内容によっては後で相談するという選択肢を選ぶ方がいいこともあります。

自己PRや志望動機を書くべきではない

特に書くことがない場合、書ききれなかった自己PRや志望動機を「本人希望記入欄」書きたくなるかもしれません。しかし、「本人希望記入欄」を自己PRの場として利用するのはおすすめしません。

「本人希望記入欄」は希望条件や希望職種などを書くスペースであって、自己PRや志望動機を書くスペースではないからです。

的外れなことを書いているという印象を持つ採用担当者もいます。書くべきことを決められたスペースに収まるように読みやすく書くことを心がけてください。

本人希望記入欄に書かずに直接相談したり交渉することも可能

会社説明会やインターンの際に相談するのもOK

事情が込み入っているいる場合は、会社説明会やインターンシップなどに参加して、採用担当者に相談してみるのもいいでしょう。

ほとんどの履歴書では「本人希望記入欄」はスペースが狭いため、すべての事情を説明するのが難しいこともあります。

履歴書に書くだけでは誤解されてしまい真意がうまく伝わらないこともあるので、直接話して説明を聞いてもらうのが安心です。

交渉すべき内容は一言にまとめて面接の場で話し合うのがベスト

どうしても交渉したいことがある場合には、履歴書の本人希望記入欄には「〇〇については相談させてください」と一言にまとめ、長々と書き連ねないことが大切です。

実際の交渉については、面接の場で直接顔を合わせて話し合うようにしましょう。ただし、給料や待遇について早い段階で交渉するのはNG。企業が「この人を採用したい!」という気持ちを強く持っている最終面接や内定後のタイミングで話し合うのがおすすめです。

最後に

履歴書の本人希望記入欄には、何も書かなければ「意欲のない、消極的な人物」と思われてしまいますし、希望を書きすぎると「自己中心的な考え方の持ち主」と感じられてしまいます。

希望がない場合には「貴社規定に従います」など、マナーに沿った形で伝えることが大切です。また、希望を伝える際には、自分の中で「どんな条件でなら長く働けるか」をよく考え、「どうしてもこれだけは譲れない」という条件だけをピックアップするようにしてください。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


ES(エントリーシート)の書き方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ