【例文あり】短所は「優柔不断」を就活でどう伝える?

ESや面接で短所を聞かれた場合、どう答えるのがよいのか迷う方も多いと思います。短所とは取れないようなことを挙げたり、短所はないと言って逃げたりする人もいるようですが、これはNGです。

短所は短所と認めて正直に伝える必要がありますが、同時に、極端にマイナスイメージを与えないような伝え方をすることも欠かせません。ここでは、就活の短所で「優柔不断」をどう伝えるかを、例文とともに紹介します。

【例文あり】短所は「優柔不断」を就活でどう伝える?
目次

企業が短所を聞くのはなぜ?

長所と同じく、必ずといっていいほど聞かれる短所。学生にとっては回答しにくい質問ですが、なぜ企業は学生の短所を知りたいと思っているのでしょうか?

自己分析ができているかのチェック

企業が、学生に短所を聞く理由の一つに、自分のよいところも悪いところも認識できる「自己分析力」があるかどうか確認している、ということがあります。

誰にでも長所があるように、短所も必ず存在します。ダメなところが分かっていれば、それを克服するために何らかのアクションがとれます。ところが、短所が見つけられないようでは、自分のダメな所を克服する見込みがなくなってしまいます。

それは仕事においても、課題を見つけて解決するという一連のアクションを起こせないということにつながります。つまり、「自己分析力」が低い人は、課題を見つけて解決する力がない、とみなされてしまいます。

そのため、「短所は特にありません」と答えたり、「頑張りすぎてしまうところが短所です」と短所とは言えないことを挙げたりするのは、逆効果だといえます。

短所から適性を判断している

企業が就職した人材を各部署へ配属する際、能力をいかんなく発揮できるだけでなく、短所が致命的な落ち度にならない部署を選んでいます。分かりやすく言うと、高所恐怖症の人に高層ビルの窓掃除をするような仕事につかせないようにしています。そのため、短所は短所として正直に伝える必要があるのです。

優柔不断という短所も見方を変えれば長所になる

優柔不断な人、と聞いて私たちが思い浮かべるのは、買い物にいってもなかなか一つに絞りきれない、レストランのメニュー選びに時間がかかるなど、「はっきりしない人」、「なかなか答えの出せない人」というマイナスのイメージです。

でも、別の見方をすれば、「物事をいろいろな角度から熟慮できる人」、「思慮深く吟味して決断する人」というプラスのイメージで捉えることもできます。長所が見方を変えれば短所になるように、短所も別の角度から見れば長所になり得ます。

短所を優柔不断と伝えるとき気を付けること

就活において短所を伝えるときには、優柔不断に限らず以下の2つのポイントを押さえましょう。

短所でもプラスのイメージで伝える

短所が「優柔不断」であることは、もちろん正直に伝えて構いません。ただ、採用担当者には、「はっきりしない人」「決断力のない人」というマイナスなイメージではなく、「思慮深い人」「物事を吟味できる人」というプラスのイメージが伝わるようにする必要があります。そのためには、優柔不断という短所を伝える文章にも、工夫が必要になります。

改善するために努力していることを伝える

採用担当者が短所を聞くときは、短所そのものだけでなく、「短所とどう向き合っているか」ということも知りたいと思っています。

「誰にでも短所があるからそのままでいいよね」という姿勢ではなく、短所を克服するために努力していたり、何らかの対策をとっていることをアピールする必要があります。日頃から短所を克服しようとしている人は向上心があるとみなされますし、仕事においても課題を解決しようとする姿勢がある人材だと判断されます。

短所は「優柔不断」を伝える例文

「優柔不断」という短所を伝える例文を紹介しますので、ESの作成時に参考にしてください。

例文1

私の短所は、物事を決める際、一つに絞りきれず決断に時間がかかってしまうことです。
大学時代、サークルの部長を務めたのですが、月一の定例会で翌月の予定を決める際、みんなの意見をとりまとめて結論を出すのに時間がかかりました。いつも終了予定時間をオーバーするということが続き、自分の優柔不断さに気が付きました。
サークルの前部長に相談したところ、部長を任された以上、最後は自分で決断するべきだというアドバイスをもらい、自分の優柔不断さは自信のなさから来るものではないかということにも気付きました。
それ以降は、自信を持って堂々と「こうしましょう」と自分の意見も織り交ぜながらみんなを納得させるようにしています。常に自分の意見を持ち、それを堂々と伝えるということを心がけています。

例文2

私の短所は、迷いが多く作業に時間がかかってしまうことです。
大学の講義でレポートを提出する際、周りの友人がさらっと仕上げてしまうようなレポートも、何時間もかけて仕上げていました。よい評価をもらえることは多かったものの、タイトルひとつ決めるのにものかなりの時間を割いていたので、評価に見合ったパフォーマンスが出来ていないことが気になっていました。
それを解決するために、作業するときはタイマーを設定し、「このパートは〇分で仕上げる」と、時間で区切るようにしました。
それでも、あそこをもっとああしたほうがよかっただろうか、などと気になってしまうこともありますが、決められた時間の中で最善を尽くすことを意識するようにしています。

最後に

就活で欠かせない自己分析。自分の嫌いなところにも目を向けないといけない苦痛な作業かもしれませんが、同時に改善策を探るいい機会でもあります。これもチャンスだと思って、前向きに取り組めるといいですね。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ