ESや面接で自分の長所を聞かれたときに使える一覧

面接で必ず聞かれる「自分の長所を話してください」という項目ですが、それまで自分に自信のなかった人ほど、なかなか自分で自分のいいところについて伝えることに対する苦手意識があります。そこで今回は、自分の長所が見つかるかもしれない、「長所一覧」をご紹介します。ご紹介するものの中にどれか一つでも自分の特徴を長所として伝えられるものがあるはずです。

ESや面接で自分の長所を聞かれたときに使える一覧
目次
  • ESや面接で長所を伝えるときのポイント
  • ├まずは結論を言い切る
  • ├その長所に関するエピソードを伝える
  • └その長所を社会人になってどう生かすか伝える
  • ESや面接で使える長所一覧
  • ├【諦めない強い気持ちがある】チャレンジ精神/好奇心
  • ├【リーダーシップがある】気配り/行動力/責任感
  • ├【負けず嫌い】忍耐力/真面目/向上心
  • ├【努力家】継続力/計画性
  • └【コミュニケーション能力】協調性/慎重/素直
  • 最後に

ESや面接で長所を伝えるときのポイント

まずは、ESや面接で長所を伝えるときのポイントについて見ていきましょう。どのようなことに気をつけて、どのようなことを話す必要があるのでしょうか。特に慣れていないとダラダラとしゃべってしまいがちな「長所」のアピールでは、メリハリをつけて相手に対し伝わる話し方をすることが大切です。

まずは結論を言い切る

まずは、「私の長所は○○です」と冒頭で言い切りましょう。これから何の話をするつもりなのか、何についてアピールするのかを最初に言い切ることで、ESを読む人や面接官も心構えができ、話の内容がすっと頭に入りやすくなります。これは今すぐにでも実践できるポイントですよね。

その長所に関するエピソードを伝える

次に、冒頭で言いきった長所に関するエピソードを伝えます。なぜ自分でその特徴が長所だと思うのか、人から褒められたことがあればそのエピソードなどについて話すことで、長所の説得力が増します。このときのコツとしては、「いつも人から○○と言われるので」と抽象的にではなく、できるだけ具体的に「以前サークル活動でリーダーを決めなければならなかった時に」といった出来事を交えて話すと良いでしょう。

その長所を社会人になってどう生かすか伝える

最後に必ず話した方がいいのが、「その長所を社会人になってどう生かすか伝える」ということです。そもそもなぜ長所について聞かれているのかといえば、あなたにどのような特徴があり、その特徴を生かしてどのようにその会社で活躍できるのかを面接官がイメージするためです。そこで話した後に「この長所を生かし、御社では●●に役立てるようになりたいと思います」というように社会人としてどのように生かすことができるかを話して締めくくりましょう。

ESや面接で使える長所一覧

それでは、ESや面接で使える長所一覧をご紹介します。「自分には長所がない……」と思っていても、必ず何か長所としてアピールできるものはあるはずです。以下の中から自分に近いものがないか探してみましょう。

【諦めない強い気持ちがある】チャレンジ精神/好奇心

好奇心が旺盛であったり、チャレンジ精神があったりする人は、これらを長所としてアピールしてみましょう。これらの長所は、どのような仕事でも必ず求められます。社会人になると、努力をしたからといってうまく行くわけではない場面がたくさんあります。そんな中、諦めない強い気持ちを持っている人は目標を達成できる可能性が高まるのです。特に研究職や営業職などでその長所が生かせるのではないでしょうか。

【リーダーシップがある】気配り/行動力/責任感

気配りができたり、行動力があったりする人はリーダーシップがあることをアピールしてみましょう。ほかにも、責任感があるエピソードを持っている場合でもリーダーシップをアピールすることができます。リーダーになることができる人は、最後までメンバー全員への気配りと配慮をしつつも、その仕事を投げ出さずメンバーを見捨てない責任感が求められます。さらに、攻めるべき時には攻める判断をするなど行動力も求められます。

【負けず嫌い】忍耐力/真面目/向上心

自分は負けず嫌いかもしれないな、という方は忍耐力や向上心などをアピールしてみましょう。とくにそういった方は真面目であることも多いので、自分はまじめすぎてつまらない……と感じている場合でも忍耐力・向上心をアピールすることができます。その場合のエピソードは、「ゲームに負けて悔しかった」というようなものよりも、「アルバイト先で悔しい思いをした」「部活の試合で負けて悔しかった」というように、仕事に生かすことができそうなイメージができるものを選びましょう。

【努力家】継続力/計画性

ものごとを進める際に計画をしっかり立てたい方や、長いこと続けている習慣がある人は「努力家」であることを長所としてアピールできるのではないでしょうか。会社の仕事にはコツコツと地味なことでも続けなければならないことも多く、そうしたことを苦にせずに続けることができる人材はとても重宝されます。さらに、計画を立てる能力は予算管理などでも発揮されます。

【コミュニケーション能力】協調性/慎重/素直

人と接するのが好き、慎重に相手との距離をはかるようにしている方はコミュニケーション能力に優れていることをアピールしましょう。素直なタイプな方も人から好かれやすいのでコミュニケーション能力をアピールできます。

どうアピールする?ESの自己PR・ガクチカ例文集
ダウンロードする(無料)

最後に

自分の長所はなかなか自分では見つけられないかもしれません。しかし、自分の特徴から長所を見つけることはできます。あてはまりそうなものがないか、チェックしてみて下さいね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ