面接で自己PRを深掘りされるときどんな質問をされる?質問例と対策方法を紹介!

ESでも面接でも自己PRは頻出の項目です。さらに面接では回答後に面接官から深掘りされることも少なくありません。この記事では自己PRの深掘りの質問例と対策方法を紹介します。しっかり準備して面接に挑みましょう。

目次
  • 自己PRを聞く意図
  • ├自社とマッチしているか確認するため
  • └自己分析ができているか見極めるため
  • 自己PRの深掘り質問例
  • ├○○を発揮したエピソードはありますか?
  • ├まわりからはどのような人だと言われますか?
  • ├それはどのように仕事に生かせますか?
  • └○○を発揮するために意識していることはありますか?
  • 自己PRの深掘り対策
  • ├具体的なエピソードを3つ以上用意しておく
  • ├周りの人に聞いてみる
  • └事業内容と強みの共通点を探す
  • 最後に

自己PRを聞く意図

まずは企業が自己PRを聞く意図を解説します。なぜ企業が就活生に自己PRを聞くのか理解しておきましょう。

自社とマッチしているか確認するため

企業によって求める人材は違います。好奇心旺盛な人を評価する企業もあれば、地味な仕事でも真摯に取り組む姿勢を好む企業などさまざまです。自己PRを聞くことにより、自社の求める人物像とマッチしているのか確かめようとしています。

自己分析ができているか見極めるため

もう一つの意図は自己分析がきちんとできているか見極めるためです。そもそも自己分析とは、何に喜びを感じて、何に苦痛を感じるのか分析して就活の軸を見つけることです。自己分析を行うことで自分にはどんな会社が合っているのか考える機会となります。自己分析を適切にできれば志望動機が明確になり面接でも答えやすくなります。

反対に自己分析ができていないと自己PRを聞かれたときに裏付けのない強みを話すことになるため、説得力がなくなります。自分がアピールしている内容と面接官が受け取る印象が違いすぎると不信感に繋がるため注意しましょう。

自己PRの深掘り質問例

次に実際の面接で良く聞かれる深掘り質問を紹介します。

○○を発揮したエピソードはありますか?

自己PRを裏付けるエピソードを尋ねる質問です。アピールする強みを自覚したきっかけのエピソードを話せれば問題ありません。エピソードを話す際は抽象的にならないように気をつけましょう。自分が何をしたのか具体的にすること、結果には数値を入れることを意識しましょう。

まわりからはどのような人だと言われますか?

客観的な評価を尋ねる質問です。自己評価と周りからの評価に一貫性があることが重要です。こちらもエピソードとセットで話すのがよいでしょう。自己PRを考える際にあらかじめ周りの人に自分の印象や強み、弱みを聞いておくと違和感のない自己PRをつくることができます。

それはどのように仕事に生かせますか?

どんなにすばらしい自己PRでも仕事に生かせなければ企業にとってメリットはありません。職種ごとに生かせる強みも違います。営業マンであれば、コミュニケーション力や粘り強さ、マーケティング職では探究心など仕事に繋がる自己PRがよいでしょう。

○○を発揮するために意識していることはありますか?

常にその強みを発揮できるのか見極める質問です。たまたま環境が恵まれていてなんとなく強みが発揮できていた場合、環境次第でその強みは失われてしまうかもしれません。強みを発揮するために工夫していることを話しましょう。

自己PRの深掘り対策

最後に自己PRの深掘りに対応するための対策を3つ紹介します。しっかり準備して面接に備えましょう。

具体的なエピソードを3つ以上用意しておく

強みの裏付けとなるエピソードが1つだけだと説得力に欠けますし、他には?と深掘りされたときに困ります。最低3つはその強みに関連するエピソードを用意しておきましょう。

周りの人に聞いてみる

就活の面接では、まわりからの評価について聞かれることが多いです。家族や友人、ゼミの先輩など自分に近い人から自分の評価を聞いてみましょう。1人だけだと意見が偏ってしまうので、立場の違う3人以上に聞いてみるのが理想です。

事業内容と強みの共通点を探す

志望している企業の事業内容と自分の強みの共通点を探してみましょう。効果的なアピールをすることができますし、企業研究にも繋がるのでおすすめの方法です。

最後に

面接で自己PRを深掘りされるときの質問例と対策方法を解説していきました。自己分析を時間をかけて行うことで予期しない質問にも対応できるようになります。自己PRは自信なさげに話すと効果が半減します。自信を持って話せるように裏付けとなるエピソードを思い返してみましょう。



就活面接対策の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ