新卒就活の最終面接はどう準備する?逆質問は何を聞く?

最終面接は就職活動での最終関門となります。一次面接や二次面接より通過率が高いと言われていますが、それでも落ちることもあります。せっかく最終面接まで来たら、内定を確実に勝ち取りたいですよね。

ここでは最終面接の特徴とよく聞かれる質問、最終面接の前にしておくべき準備と対策などご紹介します。

最終面接
目次
  • 最終面接の特徴
  • ├面接官は社長や役員
  • ├最終面接の目的
  • └1次・2次面接との違い
  • 最終面接でよくある質問
  • ├企業の印象
  • ├将来のビジョンについて
  • └入社の意思確認
  • 最終面接前にしておく準備
  • ├企業理解を深める
  • ├キャリアプランを考えておく
  • ├志望動機を練り直しておく
  • ├内定を受けるか考えておく
  • └よくある質問や逆質問について考えておく
  • 最終面接での逆質問
  • ├逆質問で学生の熱意を見ている
  • ├「質問なし」や「的外れな質問」はマイナス評価に
  • └逆質問の具体例
  • まとめ

最終面接の特徴

面接官は社長や役員

大抵の場合、最終面接では社長や役員が面接官となり、個人面接かごく少人数の集団面接という形式で行われます。歳の離れた相手とのコミュニケーションに慣れていないと、それまでの面接より緊張するかもしれません。

最終面接の目的

最終面接はそれまでの面接とは位置づけが異なり、以下のような確認が主な目的になります。

・経営陣の視点から企業にマッチした人物か確認する
・本人の入社意思を確認する

「最終面接は意思確認の場で落ちることはほとんどない」という話を聞いたことがある人もいると思いますが、企業の採用方針によって異ります。内定が確定しているとは限らないので、気を抜かず面接に臨みましょう。

1次・2次面接との違い

1次・2次面接と最終面接の違いは、合格を出すか迷った時の対応です。1次2次の面接官の役割は社長が採用しない人材を事前に落とすことです。1次・2次の場合は通すことが多いですが、最終面接では落とすケースが多くなります。

最終面接では評価基準も少し変わります。企業は採用活動に時間やコストをかけているので、内定を出した学生に辞退されてしまうと困ります。そこで1次面接や2次面接よりも、「入社意欲があるか」「将来のキャリアビジョンが明確か」が重視されます。

最終面接でよくある質問

企業の印象

最終面接では、「これまで何度か面接を受けて当社にどんな印象を持っていますか?」と企業の印象について聞かれることが多いです。1次・2次面接面接でのやりとりや印象に残ったことをメモしておき、最終面接前に振り返りをするといいでしょう。

純粋に面接の感想が聞きたいと考えている経営者や役員が多いので、正直に伝えて問題ありません。どこかで聞いたことがある模範的な回答では、「意見がない」と思われる可能性もあるので注意してください。

将来のビジョンについて

基本的な能力や性格、学生時代の経験などの確認はそれまでの人事面接で済んでいるので、最終面接では仕事への熱意や価値観、入社後に何をしたいかという将来のビジョンについて重点的に聞かれる傾向があります。

・その会社でどのように活躍したいか
・将来どんな人間になりたいか
・仕事で何を重視するか

その会社で自分が活躍するイメージを膨らませて、仕事への熱意を語れるようにしておくといいでしょう。社風や文化、どんな人物が活躍している会社なのかといったことも予習しておくと役立ちます。

入社の意思確認

企業は内定を出した学生が辞退して他の企業に行ってしまうことを恐れているので、次のような質問もよくされます。こうした質問にどう答えるか事前に決めておきましょう。

・すでに内定が出ている会社はあるか
・内定を出したら必ず入社するか
・他社の選考状況

最終面接の場で内定を出して他の企業の選考を辞退するように説得してくる企業もあります。他社を辞退するのか、評価が下がるのを覚悟して説得を断るのか、他の企業を受けていることを隠し通すのか、など自分の中で決めてから最終面接に臨みましょう。事前に準備しておけば、その場の雰囲気に押されて後で後悔する事態を防ぐことができます。

最終面接前にしておく準備

企業理解を深める

企業研究は、1次面接や2次面接対策で行ってきたと思います。しかし最終面接でも「弊社について知っていることを教えてください」と聞かれることがあるので、もう一度企業についてよく調べ、自分なりの言葉で説明できるようにしておきましょう。

企業理解というと、現在の中心事業や希望職種の業務内容に注目しがちです。最終面接前には、社長や経営陣についてリサーチしたり、経営方針についても調べたりしておきましょう。

キャリアプランを考えておく

1次面接や2次面接と異なり、最終面接は入社することが前提の質問が多くなります。入社後はどの部署で働きたいのか、最終的にはどんなポジションで活躍したいのか、事前に考えておきましょう。

今までの面接やOBOG訪問で会った方をロールモデルとして考えると、イメージしやすいかもしれません。その企業のインターンシップに参加しておくとキャリアプランをイメージしやすくなるため、機会があれば参加しておきましょう。

志望動機を練り直しておく

志望動機は、すでに面接で答えたと思うかもしれませんが、面接官が変わり最終面接でもう一度聞かれる可能性はあります。今までの回答を練り直して、より説得力のある志望動機を語れるようにしておきましょう。

ただし1次面接や2次面接で述べた志望動機と大きく変わらないようにしましょう。内容が食い違っていたり、論理が飛躍していたりすると、言っていることがコロコロ変わって信用できないという印象を与えることがあります。

内定を受けるか考えておく

企業によっては最終面接の場で内定を出し、優秀な学生を早期に囲い込もうとするところもあります。内定が出た場合は落ち着いて対応し、失礼な態度を取らないよう注意が必要です。

内定を承諾する場合はまずお礼を述べ、確認すべき事項について聞いておきましょう。最低でも、入社前に提出が必要な書類と今後のスケジュールは確認しておきます。

「他に第一志望の企業がある」「他の企業の選考の結果を待ってから内定を受諾するか決めたい」という人もいると思います。内定を一旦保留する場合は、内定を出してくれたお礼、一旦保留したい理由、いつまでに返事をするか伝えましょう。

よくある質問や逆質問について考えておく

最終面接でよく聞かれる質問についての答えを事前に用意しておきましょう。最後に逆質問の機会を与えられることが多いので、なにを聞くかを決めておくと慌てなくてすみます。

最終面接での逆質問

逆質問で学生の熱意を見ている

最終面接ではたいてい、終わり際に面接官から「何か質問はありますか?」ときかれる「逆質問」があります。これは学生の疑問を解消してミスマッチをなくす目的だけでなく、どんな質問をするかで学生の仕事への熱意を知ろうとする目的があります。

「質問なし」や「的外れな質問」はマイナス評価に

質問が無かったり少なかったりすると、企業に興味がないとみなされて印象がよくありません。公式Webサイトや企業のパンフレットで分かるようなことを質問するのも「企業研究ができていない」と思われてしまいマイナス評価になります。

逆質問の具体例

【好印象な質問例】
①入社までにやっておくべきことはありますか?
入社する意思が感じられる質問です。必要があれば入社前から仕事のために勉強や資格取得などの努力をしようという意識の高さもアピールすることができます。

②仕事のやりがいを感じるのはどんなときですか?
「仕事にやりがいを求めている」「熱意を持って仕事をしたい」という意思や前向きな姿勢をアピールきる質問です。

③社内で活躍している方の特徴を教えてください
「社内で活躍する人物になりたい」という熱意や、仕事での向上心をアピールできる質問です。

④御社の〇〇事業の今後の展望について聞かせてください
事業内容への強い興味をアピールをできる質問ですが、謙虚な物言いを心がけましょう。企業の戦略に関わる質問は、社長や重役への質問に適しています。

【悪い印象の質問例】
①残業はどれくらいありますか?
休暇や残業についての質問は、仕事よりもプライベートを大切にしている印象を与えます。ワークライフバランス重視の考え方を好まない人もいるので、最終面接では避けた方が無難です。

②営業職の仕事内容と一日の流れを教えてください
仕事内容等の基本的な質問は、説明会や一次面接の段階でしておくべきです。最終面接で 基礎的な質問をすると準備不足だと思われる可能性が高いです。

③離職率はどれくらいですか?
離職率や社員の不満など、企業があまり触れられたくないネガティブなテーマは避けましょう。どうしても気になることがあればOBOG訪問などで聞く方法もあります。

④どんなスキルが身につきますか?
会社はスキルを身につけたり、勉強しに行くところではありません。「会社に成長させてもらおう」という受け身の姿勢であると捉えられることもあります。

まとめ

最終面接で大切なことは、熱意をアピールすることです。志望動機を練り直したり、追加の企業研究をして効果的な逆質問を用意するなどの対策が有効です。最後まで気を抜かずに面接に臨み内定を勝ち取りましょう。



就活面接対策の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ