そんな質問、想定していなかった!ひねった質問へのおすすめ対応法

面接では返答に困る質問をされることがあります。学生の知識の幅や、興味の対象を知りたい場合や、想定外の質問への反応で本音を引き出そうとしている場合などです。今回は、そうした「ひねった」質問への対応法について解説します。

ひねった面接質問への対応

質問の裏の目的を理解しよう!

面接とは関係ないように思われる質問であっても、面接官は質問を通して、学生と企業とのマッチングについて図っている場合があります。
例えば、以下の質問からはそれぞれ、社会人としての重要な素質を図る見方ができます。

「最近気になったことは何ですか?」⇒興味の対象を知る
「現政権についてどう思いますか?」⇒社会への関心度を図る
「当社とA社の違いはどこだと思いますか?」⇒企業研究の度合いの確認
「人間にとって一番大切なものは何ですか?」⇒価値観を知る
「あなたの嫌いな人は誰ですか?」⇒人間関係が上手く構築できるか

まずは落ち着いて、「なぜそのような質問をされているのか」を考慮しながら対応しましょう。

面接官に気に入られようとしない

それでも、答えにくい質問やひやっとする質問、圧迫質問とも取れる場合もあります。たとえば、以下のような質問にはあなたはどのように答えますか?

「見た目が暗いのはなぜですか?」
「何か人に言えない秘密がありますか?」
「君はこの会社に向かないのでは?」

こうした質問に対しては、無理に答えないほうがいい場合もあります。不意に答えにくい質問をするのは、咄嗟の場面対応を見るためです。理路整然とした完璧な答えを求めているわけではありません。わからないことはわからないと答えて構いません。
また答えようとして途中で論理が破綻してしまったなら、「すみません。上手く答えられなくなりました」と言ってしまいましょう。チャレンジしたこと、失敗を受け入れ開き直れることはプラスの評価につながります。


面接官に対しては正直に自分の思いを伝えましょう。
答えにくいことでもひるまず、自分を隠さないことが重要です。知ったかぶりをしたり、適当に気に入られそうな答えを出したりすることは適切ではありません。真摯に向き合う姿勢こそが面接の基本なのです。


この記事を書いた人
Rage画像
Rage
1989年よりリクルート社にて各種情報誌の企画・制作ディレクターとして勤務。2008年よりフリーランスとして採用広報のコンサルティング、雑誌・企画・制作ディレクションなど。
facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
内定を取るためのメールマナー

就活が始まると、OB・OG訪問や欠席、遅刻の連絡など様々な場面でメールを使うこととなるでしょう。しかし、メールのマナーを身につけている学生は必ずしも多いとは言えません。そのため、あなたがメー...

続きを読む
ヤマハ【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう! ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます! 内定者のES一覧

続きを読む
銀行業界の就職活動~大学生のための業界研究〜

銀行へ就職を志望する方は、その業界の適性を先ず理解することから始める必要があります。銀行業界の適性とは、お客様からの信頼を得られる人物であること、信頼を得られる行動を常に心がけていること、体...

続きを読む