面接でやってはいけないNG回答、NGマナー

面接はとても緊張しますよね。緊張すると、つい自分でも意図しない言動をしてしまうという方も多いかもしれません。しかし、その言動が実は面接での「NG回答」だったり、「NGマナー」を発してしまっていたりすることもあります。そこで今回は面接でのNG回答やNGマナーを事前に把握しておくことで、緊張していたとしてもついうっかりNG言動をしてしまうことのないように注意しましょう。

面接でやってはいけないNG回答、NGマナー
目次

面接でのNG回答は意外とやってしまいがちなあのワード!

企業の人事担当者や面接官が「面接でこれを言ったら落とす」と公言しているNG回答は、実はついつい口にしてしまいがちなワードが多いので注意が必要です。

「御社の役に立ちたいと思い」

まずは「御社の役に立ちたいと思い」という言葉や、他にも、「社会貢献できる人材をめざし」といった“ビッグワード”すぎる野望。“ビッグワード”とは、漠然とし過ぎた話のことで、あまりにもふわっとしすぎた志望理由や、目指していることを話されてもまるで説得力がありません。志望理由や「将来どのような人材になりたいと思いますか」などと聞かれた際には、できるだけ具体的な内容を話すようにしましょう。決して「世界平和」といった規模の大きな話をしなくても問題ありません。具体的かつ実現可能な目標を言語化できているかどうかが大切です。

「御社の強みはなんですか?」

「御社が重要視していることはなんですか?」といったような、会社説明会ですでに伝えている内容や、ホームページをチェックすぐにわかるような内容を聞いてくる学生は「面接を受ける企業のことなのに事前に調べていなかったの?」と常識を疑われてしまいます。また、受け身すぎるといった印象を与えてしまうことになりかねません。ほかにも、「御社の強みはなんですか?」といったような、そこは自分で企業分析をして考えてきてよ、というような内容を平気で口にする学生も、企業から見ると「入社後も全く役に立たないばかりか受け身で指示待ちの社員になるんだろうな」と思われてしまいます。

バイト先の悪口を引き合いに出す

転職の面接では前職の悪口を言うのはNGですが、就活でも同様です。「バイト先では研修を全然してくれませんでしたので社員の方が苦労していましたが、御社は研修制度がしっかりしているので素晴らしいと思いました。」などというように、バイト先などの悪口を言う学生は信用できないな、と思われてしまうと同時に、もしうちの会社を辞めたらうちの会社のことも悪く言われるんだろうな、と思われがちです。

面接でのNGマナーは緊張しているとつい出てしまうかも……

続いては面接でのNGマナーです。緊張しているとついつい出てしまうかもしれない行動には注意が必要です。

自分ばかりしゃべっている

面接では自分のことを短時間でしっかりとアピールしなければ!と焦ってしまい、立て続けに自分ばかりがしゃべっていることがあります。しかし、集団面接であっても、面接官との1対1や複数対1であっても、大切なのは「コミュニケーションが円滑に取れるかどうか」、また「会話のキャッチボールができるかどうか」です。長くたくさん話せば話すほど自分の魅力が伝わるわけではありません。短く簡潔な会話のキャッチボールをお互いに心地よく投げ合えるかどうかを意識するようにしましょう。

目を見て話すことができない

面接も、自分と面接官とのコミュニケーションの場です。どんなに緊張していても、人見知りだったとしてもしっかりと目を見て話すことを意識するようにしましょう。バッチリと目を見るのが恥ずかしかったり緊張してしまう場合にはのどやネクタイの結び目あたりを見るのでもOKです。もう少し余裕があれば鼻のあたりを見ながら話すようにしましょう。
面接官が複数いる場合や、集団面接の場合には、話している人の方を軽くみて話を聞きましょう。時にはうなづいたりとリアクションをすることも大切です。

条件についてばかり質問する

どうしても気になることではありますが、質問時に「給与」や「条件」についてばかり聞くのはあまり印象が良くありません。稀に「それまで眠そうにしていたのに賞与の説明の時だけ前のめりになった学生がいた」という話も聞きます。もちろん、どうしても確認しておきたいことは聞く必要がありますが、それ以外にも仕事内容や働き方などについての意欲のある質問もするようにしましょう。

大切なことは「面接はコミュニケーション能力を見ている」ということ

最も重要なことは、「面接はコミュニケーション能力を見ている場である」ということです。極論を言えば、たとえうっかりNGワードを口にしてしまったとしても、明るくその場を和ませながら丁寧に謝罪することができれば、「ミスをしてもその場の空気を悪くすることなく取り繕うことができる」と好印象になることさえあります。面接官との「人間対人間」のコミュニケーションを楽しむ気持ちで面接に臨みましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ