【例文・一覧あり】就活の面接で長所と短所を聞かれたときの答え方

就活の面接では長所と短所を聞かれますが、自信を持って答えられる人は少ないのではないでしょうか?自分の長所や短所がわからないという就活生も多いと思います。

ここでは長所短所の見つけ方や答え方について解説します。面接での答え方、回答例文、長所短所の一覧など参考にしてください。

強み
目次

就活で長所と短所を聞かれる理由

パーソナリティを知るため

長所と短所を聞くことで、その人の人となりがわかります。面接官は就活生のいいところや得意なこと苦手なことを知り、どんな人間か知りたいと思っています。

客観的な視点があるか知るため

長所と短所の答え方から、自分をどれくらい客観視できているかもわかります。社会人は長所を伸ばし短所を改善する姿勢が求められるため、自身を冷静に分析できている人は好印象となるのです。

企業との相性を見極めるため

長所・短所を聞くことで、企業との相性や仕事への適性が判断しやすくなるという理由もあります。社風にマッチしそうか、自社で活躍する素養がありそうかなどを判断される材料となるため、長所・短所の回答はとても重要なポイントとなるのです。

長所と短所の見つけ方

長所と短所の一覧から探す

ここでは一般的な長所と短所を一覧でご紹介します。自分に当てはまるものがないか探してみてください。

【長所の一覧】
協調性がある・前向き・好奇心旺盛・真面目・責任感がある・粘り強い・向上心がある・計画性がある・主体性がある・行動力がある・柔軟性がある・気配りができる・論理的・決断力がある・傾聴力がある・アイデアが豊富・フットワークが軽い

【短所の一覧】
優柔不断・頑固・心配性・人見知り・マイペース・せっかち・負けず嫌い・こだわりが強い・短期・流されやすい・積極性にかける・諦めが悪い・自己中心的・我が強い・神経質・気が弱い・プライドが高い・慎重すぎる

家族や友人に聞く

思いつかない場合は、自分の一番近くにいる人に聞いてみることです。人によって見ているところや気づくことは違います。自分ではなかなか気づかない、いいところや悪いところについて指摘してもらえるでしょう。

性格分析テストを受けてみる

ネットで検索してみると、無料で性格分析できるサイトがたくさん見つかると思います。簡単な質問に答えるだけの簡易的なものから、かなりたくさんの質問に答える本格的なものまであります。無料のテストも多いので試しに受けてみるといいでしょう。

たくさんの質問に答えるうちに見えてくるものや気づくこともあります。しかし信憑性に疑問があるものもあるので、こうしたテストを信頼しすぎてしまうのは危険です。参考にする程度にとどめておきましょう。

長所と短所の答え方

長所の答え方

長所について答えるときは次のような構成でまとめるのがおすすめです。

①結論
②エピソード
③仕事へのいかし方

まず「私の長所は前向きな性格です」などと、結論を簡潔に述べましょう。結論はなるべく短く、一言で言い切るのがポイントです。

それから具体的なエピソードを話します。長所を発揮して成果をあげたり、困難を克服した体験を盛り込むとより効果的です。

最後に長所を仕事でどういかすかにも触れるといいでしょう。企業研究で得た情報をもとに、自分の長所をいかして企業に貢献できそうなことはないか考えてみましょう。

【例文】
新しい物事に積極的に挑戦するチャレンジ精神をいかして営業職として新規顧客の獲得をしていきたい

物事に柔軟に対応する協調性をいかしてクライアントと自社のエンジニアのパイプ役になりたい

短所の答え方

短所を答えるときは次のような構成でまとめるのがおすすめです。

①結論
②エピソード
③改善のためにしていること

まず「私の短所は頑固なところです」などと、結論を簡潔に述べましょう。結論はなるべく短く、一言で言い切るのがポイントです。

次に具体的なエピソードを話します。短所のせいで失敗したことや周囲に迷惑をかけてしまったことなどのエピソードを盛り込むことで、面接官は具体的にイメージできます。

最後に短所を克服するために意識していることや努力していることを伝えましょう。短所を自覚し改善しようと努力しているとアピールするのがポイントです。

【例文】長所と短所はこう伝える

長所の例文

私の強みは粘り強いところです。学生時代にプログラミングに挑戦したときは、なかなかうまくいかずに諦めようと思ったこともありました。しかし自分のサイトを立ち上げるという目標を決めて努力を続け、3ヶ月後には目標通りのサイトを完成させることができました。仕事でも粘り強く努力を続け、目標を達成したいです。

短所の例文

私の短所は頑固なところです。大学時代の部活では仲間と意見が衝突して、言い合いになってしまうことが何度かありました。しかしこのままではいけないと思い、「まずは冷静に相手の意見を聞くこと」「相手の気持ちになって考えてみること」を意識するようにしました。それからは意見の違いはあっても、話し合いで解決できることが増えました。多くの人が関わる仕事では意見の相違もあると思いますが、相手の立場になって考える姿勢を忘れずにいたいです。

どうアピールする?ESの自己PR・ガクチカ例文集

就活で長所と短所について答えるときのポイント

一貫性を持たせる

長所と短所には一貫性を持たせることを意識しましょう。例えば、明るい性格を長所としているのに、人と話すのが苦手という短所になっていると、チグハグな印象を受けます。

長所を言い換えると短所になることも多いので、一貫性をもたせるために、言い換え表現で長所と短所を考えてみるのもいいでしょう。そうすると矛盾も生じなくなります。

例えば、こだわりが強いという短所は強い信念があるという長所と考えられます。「長所か短所のどちらかならたくさん思いつく」という人は、言い換えができないか考えてみるといいでしょう。

企業目線で強みを考えてみる

長所と短所について考えるときは、業界や企業の特徴も考慮するとより効果的なアピールが可能です。慎重さが求めらる職場もあれば、スピード感が求められる職場もあるので、その職場で求められる人物像を知る必要があります。

多様な人材を求める企業もありますが、社風にマッチしているほど採用される可能性は高くなります。企業が求める人物像や採用で大切にしていることをリサーチしておくといいでしょう。

致命的な短所は避ける

「時間にルーズ」「ルールを守れない」「人を傷つけても気にしない」など、人としてや社会人としての常識がないと思われるような短所は避けた方が無難です。短所は改善の余地があるものを選びましょう。

最後に

就活の面接で答える長所短所を考えるときは、志望する業界や企業で活躍できそうな人物像をイメージしておくことも大切です。会社説明会やインターンシップなどに参加して業界や企業の特徴を理解し、より効果的な長所と短所のアピールを考えてみましょう。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!



就活面接対策の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ