Zoom面接のチェックリスト〜面接までにやっておく準備を解説〜

昨今はZoomを使った面接も増えてきました。しかしZoomの面接ではお互いに慣れていないせいか当日になって音が聞こえない、電波が悪くて動きが悪いといった予想外のことが起こることもあります。そんなトラブルを避けるためにも事前の準備が必要不可欠です。Zoom面接前の準備をチェックリストで解説します。

目次

Zoom面接前のチェックリスト

はじめにZoom面接の前に確認しておくべきチェックリストを紹介します。抜けがないように準備しましょう。詳しい確認方法は後述していきます。

☐音声が入る
☐ビデオが映る
☐ビデオの明るさは丁度良い
☐名前が本名(もしくは指定された名前)になっている
☐ビデオオフのときにおかしな画像は表示されない
☐ネットは途切れない
☐身だしなみが整っている
☐画面に映る部屋は片付いている

確認方法

それぞれの設定を確認する方法を解説します。Zoomアプリを開いたらはじめに右上にある歯車の設定アイコンをクリックします。

ビデオ・音声

上から2つ目の「ビデオ」を選択するとビデオの詳細な設定ができます。実際にZoom内で自分のビデオがどのように映るのかをここで確認しておきましょう。。卓上ライトがない場合や部屋が暗い場合は「低照度に対して調整」にチェックしておくと自動で明るく調整してくれます。背景の部屋もどこの範囲まで映り込むかを確認して事前にきちんと片付けておきましょう。 次に音声です。上から3番目の「オーディオ」を選択すると音声の設定ができます。「スピーカーのテスト」を押すとサンプルの音声が流れるので音声がきちんと聞こえるているかチェックしましょう。音量の調節は「音量」のバーを動かすことで行うことができます。また「マイクのテスト」を押すと自分の話す声が録音され、再度押すと録音された音声が再生されます。自分の音声が相手にどう聞こえているのかをここで確認しておきましょう。

名前・プロフィール画像

表示される名前とビデオをオフにしたときに表示されるプロフィール画像は「プロフィール」から確認・変更することができます。「マイプロフィールを編集」を選択するとブラウザが開きます。 ログイン画面が表示されるため、メールアドレスやFacebookのアカウント連携などそれぞれの方法でログインしてください。Zoomにログインするとプロフィールの編集が行えます。名前は基本本名フルネームが望ましいですが、面接相手から何らかの指定がある場合はその名前に変更しておきましょう。ミーティング中でも名前の変更は行えますが、ミーティングが終わると元の名前に戻ってしまいます。デフォルトの名前を変更したい場合はプロフィールから行いましょう。プロフィールで変更した名前は別のミーティングに参加しても保持されます。
友達とオンライン飲みして画像を変えたまま面接に参加してしまったということにならないように面接前には必ず確認しておきましょう。

入室時のビデオ・マイク設定

入室時にビデオとマイクをオンにしておくべきかオフにしておくべきか明確な決まりはありません。しかし、ミュートだと思って話したら相手に聞こえていたという事故をなくすためにも入室時はビデオもマイクもオフにしておくのがおすすめです。
この設定は先ほど紹介したビデオとマイクの設定と同じ手順で行えます。
「ビデオ」を選択した後、「ミーティングに参加する際、ビデオをオフにする」にチェックをいれるとビデオがオフの状態でミーティングに入室できます。 さらに「オーディオ」を選択した後、「ミーティングの参加時にマイクをミュートに設定」にチェックをいれるとマイクオフで入室できます。

実際にミーティングを作成して練習する

全ての設定が終わったら実際にミーティングを立ち上げて練習してみましょう。Zoomを立ち上げたときの画面で「新規ミーティング」を押すと自分だけが参加しているミーティングが作成されます。入室時にビデオと音声はオフになっているか、名前とビデオオフの時の画像は反映されているか等設定が適切に機能しているか確認してから本番に臨みましょう。

最後に

Zoom面接の前に確認しておくべき設定を紹介しました。本番前にあらかじめチェックリストを活用して漏れがないよう設定を行いましょう。また慣れていないと操作に手間取ってしまうため事前に自分だけのミーティングを作成して操作の練習をしてみてください。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


オンライン・Web就活の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ