大学生は読書をすべき!読書を勧める理由と読むべき本を紹介!

「スマホばかりいじっていないで、たまには本を読みなさい!」なんて親や先生から言われたことのある方は多いのではないでしょうか。たとえスマホで日経新聞電子版を読んでいても、ニュースをチェックしていても言われることにおかしいな?と思うことも多いかもしれません。なぜみんなそんなに「本を読め」「読書をしろ」と言うのでしょうか。今回は大学生だからこそ読書をすべき理由と、おすすめの本・今大学生だからこそ読むべき本を紹介します。

目次

本を読む大学生が少ない

大学生に限らず、若い人が本を読まないと言われています。その理由はスマホが便利になったから、とかわざわざ紙の本を持ち歩くのは重いから、など様々な理由がありますが、紙の本で読書をすることにはメリットも多くありますし、スマホのウェブニュースや記事からは得ることができない情報や知識を得ることができる良さもあります。多くの大学生が本を読まないからこそ、自分は本を読むことで差をつけることができたり、就職活動で有利になったりすることもあります。

電子書籍ならスマホとのいいとこ取り

スマホが今ほど便利になる以前は、電車などで移動する際の暇つぶしには本を持ち歩くことが当たり前でした。しかし、今は電車などでもスマホを見ている人が圧倒的に多いように思います。もし本を敬遠する理由が「紙の本は重いしかさばるから不便」なのであれば、Kindleなどの電子書籍を活用することで、スマホの中に本を入れて持ち運ぶことができます。紙であることに必ずしもこだわる必要はありません。

コスパが良い趣味になる

大学の図書館に行ったことはありますか?レポートなどの調べもの以外でも訪れてみると、小説や自分の興味のあるジャンルの本などを見つけることができます。貸出もできるはずなので、無料でさまざまな情報に触れることができる読書は圧倒的にコスパの良い趣味になりえます。

大学生が読書をするべき理由とは?

それにしても、なぜ大学生だからこそ読書をすべきだと言われるのでしょうか?社会人になってからではいけないのでしょうか?

知識や価値観を得ることができる

読書では、スマホで得られる情報よりも深く広い知識や価値観を得ることができます。スマホで見ているサイトやニュースでは、あなたの興味のあるところしかクリックしなかったり、どうしても偏った情報ばかりを目にしてしまったりということが多くなります。しかし、読書であればある程度は自分の興味のあるものでありつつも、そこから様々な価値観や情報、知識が広がっていきます。

時間があるから興味の幅を広げることができる

なぜ大学生の今読書をすべきだと勧めてくる人が多いかというと、時間に比較的余裕のある大学生であればたくさんの本を読むことができるからです。社会人になるとどうしても1冊の本を時間をかけてじっくりと読むことが難しくなってしまいます。しかし、大学生であれば図書館でじっくり読むこともできますし、興味のある本や関連書籍をじっくりと時間をかけて読破し自分の価値観に染み込ませていくことが可能です。読書はどうしても、細切れで読むよりも1冊を時間をかけて読み切る方が自分のものとして知識を習得することができます。

おすすめ!大学生のうちに読むべき本を紹介

それでは、大学生の今だからこそ読んでおきたいおすすめの本を2冊紹介します。難しい本を読んでいると眠くなってしまう、集中出来なくて1冊読み切れない、という方にもおすすめの読みやすく面白い、だけどきっと役に立つ本です。

嫌われる勇気

「アドラー心理学」についての本ですが、難しそうだなと敬遠しがちな深いテーマを哲学者(哲人)と若者による対話方式で、かつストーリー調でつづっているので想像以上に読みやすい内容です。インスタなどのSNSでついつい他人からどう思われているかを気にしてしまいがちな大学生にとって、価値観を大きく変えて、そして自分は自分なんだ!と強い気持ちで生きていけるようになる話です。就職活動前に読んでおけば、他の学生を気にせずに自分の個性や強みだけを見据えてしっかりと面接官と向き合う勇気を手にすることができるはずです。

夢をかなえるゾウ

人生がうまくいかない主人公の元に、ガネーシャというゾウが現れて人生をうまく行くようにアドバイスをしてくれる話です。ドラえもんのようにアッと驚く魔法の道具を出してくれるわけではありませんが、1日1つずつ、1歩ずつ小さな変化を起こしていくことで結果的には人生を大きく変えることができるストーリーは、自分もマネしてみよう、なにかはじめてみようという前向きな気持ちにさせてくれる話です。ストーリーになっているので一般的な自己啓発本よりも読みやすく、感情移入しやすいのがポイントです。

最後に

読書はスマホで得る情報とはまた少しちがった良さがあります。まずは読みやすい短いものからでも良いので、1冊読んでみることから始めてみましょう!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ