留年していると就活は不利?留年してしまったらどう過ごすか

毎年多くの大学生が留年しており、一部では4年間で卒業できる学生が全体の半数程度しかいないような大学もあります。
留年していると就職活動で不利になってしまうのかというのは気になるところだと思います。また、留年の理由について面接で聞かれたらどう答えるのが正解なのでしょうか。留年してしまったらその後どう過ごすべきなのでしょうか。今回はそれについて解説します。

留年

留年していると就活では不利になりやすい

留年しているというだけで、就職活動で不利になることはあります。単位を落としてしまうのは要領の悪さや計画性の無さの表れとして見られてしまいますし、就活が決まらなくて留年したというのもやはり要領が悪いと見られてしまうのが一般的です。

ただ、ここであまり気落ちをしすぎるのはよくないです。実は、企業で留年を気にする企業は思ったより少ないのが現実です。また、留年してしまったことを実際にどのように話すか、そしてしてしまった後にどのようにして過ごすかにより企業への合格率が大きく変わります。

面接で留年の理由を質問されたら

留年に限らず何にしても、伝え方によっては不利になる可能性があります。留年であれ留学であれ、浪人であれ、伝え方と相手の受け取り方によっては不利になることはあるでしょう。
言い換えれば、留年も伝え方次第でそれほど不利にならないし、留年して追加で得た1年間の学生生活の過ごし方とその伝え方次第ではプラスにもなり得るということです。

何も考えなしに、ただダラダラ過ごしていたら単位を落とし留年の結果になってしまった、というのが事実だとしても、面接でそれを伝えてはいけません。なぜなら、先のことを考えて行動していない、ということと、遊んでいてもちゃっかり単位を取るような要領の良さがないという2つの弱点を晒してしまうからです。

では、どのように伝えればいいのでしょうか。そこで考えてほしいのが失敗してもそれを乗り越えた経験というのは一定の評価に値するという点です。転職面接でもよく聞かれる質問で、答え方によりマイナスをプラスに変えることができます。

伝え方のパターンとしては、留年の理由については「何か他のことに打ち込んでいて留年してしまった」、留年後に関しては「留年してしまった反省から○○を学んだ」、「留年して得た時間を活用して○○という経験をした」というように、ポジティブな話と絡めて伝えるのが鉄則です。

留年したら1年間どう過ごすか

単位が少し足りなくて留年した、という場合は、その足りなかった分だけ取得すれば良いので1年間は割と時間に余裕ができる場合が多いでしょう。もしまだ時間があれば、就職活動までの間、空き時間を活かして新しい取り組みを始めてみましょう。

海外留学

留年した後の過ごし方としてオススメの1つは、海外留学です。留学していたために留年することは、就活においてほとんどデメリットはないと言って良いとも思います。留年した後とはいえ、留学の経験をしたことについて言い方を考えればマイナスをプラスに変えることも難しくはないでしょう。

主に海外事業を展開しているメーカーや商社において、海外で努力した経験は非常に買われます。五大商社に就職した私の知り合いは、留年していました。彼は、世界を見て回りたいと一年かけて旅をし、その大部分の期間中アフリカで過ごしていました。アフリカでボランティアとして日本語を教えたり家を建てるのを手伝ったりしていたそうです。ボランティア団体として行くのではなく「まるっきり一人で」です。
一般の人ではなかなかしないこと、出来ないことに挑戦し成し遂げたということ、このような行動力とパワーを持った人材というのは貴重な存在なのだと思います。かつ、彼の場合は「自分はこう考えたので、こう行動するようにした」という自分の信念があり、それをしっかりと企業に伝えることができたための成功と言えます。

長期インターンシップへの参加

海外留学に行くにもお金がない、サークルなど日本でやることがあるので海外に長期滞在はしたくない、単位を取るために日本に居る必要があるといった学生も多いでしょう。そんな人にもオススメできるのが、長期インターンシップへの参加です。

長期インターンシップは、企業での仕事を実際に経験してビジネスに役立つスキルやマナーを身につけることができるので、就活でアピールできるような経験を積みやすいです。また、給料がもらえるものも多くアルバイトの代わりにもなり、やる気さえあれば最初は特別なスキルがなくても参加できるものが沢山あります。
新しい人脈もできますし、就活で強みになる経験もでき、インターンシップ先の企業で活躍していればその企業に就職できたりもするので保険にもなります。留年したという表面上のマイナス点があっても、実際に仕事をして活躍した経験があれば、企業の採用担当者は評価してくれるでしょう。留年してしまってその後の過ごし方を迷っていたり就活に不安を抱えている学生は、長期インターンに参加してみてはいかがでしょうか。

業界ごとに留年が不利かどうかは異なる?

何かやりたいことに打ち込み過ぎて留年した、留年して何か珍しい経験をした、というような学生を好むかどうかは、業界によって傾向が異なります。金融業界(特に銀行)は、特に留年した学生を嫌うと言われています。お金を扱うという性質上、問題を起こすことがなさそうな綺麗な経歴を非常に重視する傾向にあるようです。
金融業界でも学びを目的とする留学に関して不利になることはほとんどないと考えて良いですが、旅行や趣味に打ち込んで留年したというのはマイナス評価になりやすいでしょう。

逆に、商社やIT業界、ベンチャー企業などでは変化を生み出せる人材が求められており、留年していても何か面白い経験をしている学生であれば好む傾向があります。
ここで重要なのはその傾向をしっかり分析してみることです。自分の生きたい業界はどのような傾向があり、どのように工夫すればそのマイナスを取り戻せるのかをしっかり考えていきましょう。また、就職支援のサービスやOBに相談してみるのもいいかもしれません。実際に働いている視点やプロとしてのアドバイスを受けることで自分の視野よりも選択肢が増えるため、より自分自身のプラスアルファにつなげることが可能です。

まとめ

以下、今回のポイントです。
・留年は就活で不利になりやすいが、その後の過ごし方やアピールの仕方次第で変わる
・面接では何かに打ち込んで留年した、留年して何か新しい経験をしたなどポジティブな話をする
・留年してしまったら、時間があれば留学や長期インターンシップなど新しいことを始めるのがオススメ
・留年経験した学生をどのくらい嫌うかは業界によっても異なるため、企業の傾向をしっかり分析する

留年しないに越したことはありませんが、してしまった場合はだらだらと1年間を過ごすのではなく、しっかりとした挽回のための計画を組み立ててみましょう。
留年して出来た時間を様々な経験や出会いにつなげることができれば、就活にもプラスに働くことも可能です。留年しても人気企業に内定をもらっている学生はたくさんいます。留年してからどう過ごすか、そしてそれを面接でどう伝えるかが重要です。失敗を乗り越えて、就活を成功させましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 19卒の就活ももう早い企業は始まっています! 就活の採用選考への最初のステップには、WEBでのエント...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2018年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや就活内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめインター...

続きを読む
就活イベントまとめ【合同説明会、就職セミナー】

全国の就活イベントを日付順にまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方、必見で...

続きを読む