テストセンターの結果って使い回していいの?使い回すときの注意点も解説!

「毎回、筆記試験を受けるのは面倒だな」と思っている方、実はテストセンターの結果は使い回すことができるのをご存知ですか?うまく活用できれば、忙しい就活の負担を軽減することが可能です。
ただし、「楽だから」と無計画にテストセンターの結果を使い回すと就活では逆効果となってしまう場合も。
そこで今回は、テストセンターの結果を使い回す時に注意したいポイントと共に、どんな時に使い回すべきなのかを解説します。

テストセンター
目次

テストセンターの結果は使い回していいの?

テストセンターの結果は使い回し可能!

テストセンターの結果は使い回すことが可能です。
一般的な筆記試験では、企業の選考に参加する度に受検する必要があります。企業ごとにSPIや玉手箱など様々な種類のテストが用意されているなど、1つ1つに応じた対策を行うのも大変です。
しかし、テストセンターで一度受けた結果は複数の企業に提出することが許されています。そのため、テストセンターを利用している企業を志望する場合には、筆記試験を受ける時間や手間を省き、就活を効率良く進めることができるのです。

使い回しても基本的にはバレない!

「テストセンターの結果の使い回しがバレたら、企業にマイナスイメージを持たれるのでは」と不安になる就活生もいますが、テストセンターの結果は使い回しても基本的にバレることはありません。
テストセンターから企業に通知されるのは、テストの「結果」のみです。他にどんな企業に提出しているか…といった情報は一切知らされることはありません。
また、結果の使い回しは公に認められていますので、何等かの事情で使い回しが発覚したとしても、選考への影響もないと考えて良いでしょう。

テストセンターの結果を使い回す時の注意点

企業が求めている試験と同じか確認

テストセンターの結果を使い回す際には、企業が求めている種類の試験であるかを確認することが大切です。
実はテストセンターには「SPI」「玉手箱」「TG-Web」といった種類が存在します。
そのため、「同じテストセンターだから」と違う種類の結果を送ってしまうと、その時点で筆記試験を通過できなくなってしまうのです。
また、求められている結果を確認して、企業の指定した期限までに確実に提出するようにしましょう。

有効期限を忘れずチェック

テストセンターの結果はずっと使える訳ではありません。テストセンターの結果は「1年間」の有効期限が定められています。
そのため、就活1年目の間は特に問題になりませんが、就活が2年目に突入した方は気づいた時にはテストセンターの結果が使えなくなっている場合があります。テストセンターの有効期限はテストセンターのページからログインして確認することができますので、自分の有効期限を忘れずチェックしておきましょう。
テストセンターはすぐに受けられるものではありませんので、「そろそろ有効期限が切れそうだ」と思ったら、早めに受検しておくのがおすすめです。

自分で結果を見ることはできない!

テストセンターで最も大事なのは「結果」です。結果の良くないテストセンターをどれだけ使い回したとしても、就活での成果は上がりません。むしろ、せっかくのチャンスを無駄にし続けることになります。
しかし、テストセンターの点数は就活生本人が見ることはできません。そのため、受検した後にしっかりと自己採点をして、「これなら大丈夫」「自分の力を出し切れた」と思えた結果を使い回すようにしましょう。

どんな時にテストセンターの結果を使い回すか?

何度か受けると良い結果につながる

テストセンターは何度も受検すると良い結果につながりやすくなります。
その理由としては、
・何度も受検することで緊張がほぐれ、実力が出しやすくなる。
・テストセンターの出題形式に慣れることができる。
・受検した時に「苦手だ」と感じた分野を復習して、次回のテストに臨める。
・同じ問題が出題されることもある。
などが挙げられます。一度で諦めてしまわずに何度か受検して、より良い結果を目指してみましょう。

第一志望の前に自己ベストを出せると安心

第一志望の企業を受けるまでにテストセンターを何度か受検しておき、自己ベストを目指してみましょう。
第一志望企業の選考は思いが強い分、他の企業よりも緊張してしまいがち。筆記試験でも思いがけず失敗してしまうことがありえます。
事前にテストセンターで自己ベストの結果を用意できていれば、余裕をもって第一志望の選考に臨むことができます。

最後に

テストセンターの使い回しを考える前に、良い結果を残すことが何よりも重要です。
テストセンター用の問題集は数多く出版されているため、自分に合ったものを繰り返し解き、問題パターンに慣れたり、苦手分野に対策したりといった対策は欠かせません。
テストセンターの結果の使い回しができれば、就活にかかる時間や労力を削減し、他の対策に回すことができます。ぜひ上手に活用してみてくださいね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ