適性検査・Webテスト対策

多くの企業が、採用活動の序盤に適性検査(筆記試験)を設けています。就職活動における適性検査の種類は企業や業界ごとに多種多様です。
自宅やテストセンターで受験するWEBテストにはSPI、玉手箱、TG-WEBといった様々な種類があり、一般常識、文章読解力や数的処理能力、人間性、企業への適性などを測定することを目的としています。また、外資系コンサルティングファームなどではフェルミ推定を用いて解くケーススタディ形式の問題が出題されることがあります。
これらは基礎的な能力を測る事を目的としていますが、それぞれ事前に対策することで得点を上げることが可能です。これから就職活動を行う学生は、自分の志望企業や業界ごとの適性検査の傾向を把握して対策しておきましょう。

カテゴリー

    適性検査・Webテスト対策の記事一覧

    SHLのテストとはSHL社が提供する適性検査の総称です。代表的なものには玉手箱やWebGABがあります。この記事ではSHLのテストと他のWebテストとの違いや対策の方法を解説します。 SHLとは? 就活をしているとよく耳にする「SHLのテスト」。いまいち何のことかわ...

    ほとんどの企業が選考過程に性格適性検査や能力適性検査などの筆記試験を取り入れています。就活での選考を進めるには筆記試験を通過しなくてはなりません。 実際に筆記試験は選考でどのような役割があるのでしょうか。またどのような種類があり、対策すれば良いのでしょうか。 ここでは、企業...

    就活の筆記試験として非常によく用いられているのが「SPI」です。しかし、「SPIが難しくてできない」「SPIで落ちる」「SPI対策ってどうすればいいの?」と悩んでいる就活生も少なくないのではないでしょうか。 筆記試験でつまずいてしまうと、面接など次のステップに進むことができません。内...

    「毎回、筆記試験を受けるのは面倒だな」と思っている方、実はテストセンターの結果は使い回すことができるのをご存知ですか?うまく活用できれば、忙しい就活の負担を軽減することが可能です。 ただし、「楽だから」と無計画にテストセンターの結果を使い回すと就活では逆効果となってしまう場合も。 ...

    SPIとは、Synthetic(総合的な) Personality(個性・性格) Inventory(評価)の略称で、人材大手のリクルートが採用企業向けに提供しているサービスです。 企業側が、就活生の能力や適性などを見るためのもので、大手企業を始めとした多くの企業が採用しています。 ...

    適性検査はインターンシップや本選考でも使用されていて、就活中の学生は誰しも1度は受けることになると思います。適性検査で選考から落とされるということはあるのでしょうか? ここでは、企業が適性検査を実施する目的や適性検査で落ちてしまう原因、適性検査で落とされないための対策など解説していき...

    就活の選考では、多くの企業で筆記試験が行われます。企業によって試験内容は様々ですが、ほとんどがSPIと一般常識を取り入れています。 しかし就活を始めたての頃は、「SPIだけしか分からない」「一般常識が答えられるか不安」ということもあると思います。本記事では、SPIと一般常識の違い...

    就活の採用選考で取り入れられているSPIですが、苦手意識を持つ人もいるのではないでしょうか。特に一度SPIで落とされた人は、その後も落とされる傾向が見られます。しかし意欲や情熱があるのに面接に進めず、それを伝えることができないのはとても勿体無いですよね。 SPIは出題内容が中高レベ...

    「GAB」は、証券会社や総合商社などで実施されているWebテストの1つです。GABは同じくWebテストであるSPIや玉手箱とは全く異なる独自の出題形式をとっており、事前の対策が不可欠となっています。そこで今回は、そんなGABの特徴や対策方法について解説します。 GABとは...

    1 | 2 | 3
    株式会社パイプドビッツ 「企業・病院×DX」コロナ禍で大変な病院・企業のサポートを手がけたい! 長期インターン募集
    大学1・2年生もインターンに行こう
    インターン締切カレンダー
    就活エントリー締切カレンダー
    インターンシップとは何か
    マンガでわかるインターンシップ
    就活イベントまとめ
    インターン体験談
    就活本選考体験記
    内定者のES