適性検査・Webテスト対策

適性検査・Webテスト対策

多くの企業が、採用活動の序盤に適性検査(筆記試験)を設けています。就職活動における適性検査の種類は企業や業界ごとに多種多様です。
自宅やテストセンターで受験するWEBテストにはSPI、玉手箱、TG-WEBといった様々な種類があり、一般常識、文章読解力や数的処理能力、人間性、企業への適性などを測定することを目的としています。また、外資系コンサルティングファームなどではフェルミ推定を用いて解くケーススタディ形式の問題が出題されることがあります。
これらは基礎的な能力を測る事を目的としていますが、それぞれ事前に対策することで得点を上げることが可能です。これから就職活動を行う学生は、自分の志望企業や業界ごとの適性検査の傾向を把握して対策しておきましょう。

カテゴリー
適性検査・Webテスト対策 の記事一覧
就活で一般常識問題ってどんな内容なの?傾向と対策を紹介!
就活で一般常識問題ってどんな内容なの?傾向と対策を紹介!

就活の選考のフローの中に「一般常識問題」と書かれていることがあります。SPIなどのWebテストとは異なる別物として記載があるため、不安に思う方も多いかもしれません。 この「一般常識問題」とはどのような内容なのでしょうか?あらかじめ対策や勉強は必要なのでしょうか。詳しく解説していきます。 ...

続きを読む
就活のSPIはいつから勉強を始めるべき?おすすめの対策も紹介
就活のSPIはいつから勉強を始めるべき?おすすめの対策も紹介

就活が始まると、説明会にエントリーシート、面接対策とやることがたくさんあります。しかし、唯一余裕がある、就活が始まる前に準備しておくことができる対策があります。それは「SPI対策」です。せっかくエントリーシートや面接を突破したにもかかわらず、SPIの点数が低すぎることが原因で不採用になってしま...

続きを読む
性格検査は対策しない?対策するべきかどうかとその理由
性格検査は対策しない?対策するべきかどうかとその理由

就活生のみなさん、性格適性検査の対策はしていますか?せっかく筆記試験ですぐれた成績を残し面接で好印象を与えたのに、性格検査で落とされてしまうなんて事態は避けたいですよね。 企業研究やSPIなどに比べて対策が遅れがちな性格検査ですが、そもそも何の準備もしなくていいのでしょうか?今回は就活の...

続きを読む
     1 | 2