テストセンターにSPIを受験しに行くときの服装は私服かスーツか

就活の選考にSPIテストを導入している企業はたくさんあります。選考が進むにつれ、いくつものSPIを受けることもあると思います。

そこで気になるのは受験しに行くときの服装。授業やプライベートなどの予定の合間にSPIテストを受験しにいく際、「スーツでなくても良いのかな?」「他の学生はどのような服装で来ているのかな?」などと気になっている学生も多いでしょう。
今回はテストセンターにSPIを受験しに行く際の服装について解説していきます。

テストセンターにSPIを受験しに行くときの服装は私服かスーツか
目次

テストセンターでのSPI受験はどんな服装で行くべき?

テストセンターでの受験には、どのような服装が適しているのでしょう?企業側は学生がどのような格好でSPIを受験したのか把握できるのかについて解説します。

服装は試験に影響があるの?

どんな服装で受験したかは、試験の結果や選考には影響しません。服装の規定や禁止事項もないので、どんな服装で受験するかは個人の自由です。

企業側がテストセンターでの学生の様子やどのような服装で受験したかどうかを知ることはまずありません。

企業へはSPIの結果のデータのみが送られます。そのため、「私服で受験したから印象が悪くなる」といったことはありませんので安心してください。

スーツと私服どちらが多い?割合は?

テストセンターの会場に、企業の担当者がいることもありません。テストセンターでの試験も就活の一環だからとスーツで行く必要はないです。

「スーツじゃなくてもビジネスカジュアルじゃないとまずいかな?」と心配する人もいるかもしれませんが、普段着で構いません。ジーンズやTシャツなど、普段大学やアルバイトに行くような服装で受験する人の割合も多いです。

全体の割合としては、私服やビジネスカジュアルの人が多く、スーツを着ている人の方が少ないです。

テストセンターでSPIを受験する際の服装で大切なこと

そもそも、SPIを受験するときに大切なことは何でしょうか?

SPIに集中できる服装

まずは、実力を最大限発揮するために「SPIに集中できる服装」を選ぶことが最も重視すべきポイントです。

SPIを受験するにあたって集中力を妨げるような、着心地の悪い服は避けることをおすすめします。自分ができるだけリラックスしてSPIを受けることができる服装をチョイスしましょう。

本人確認を妨げない身だしなみ

続いては、「本人確認を妨げない身だしなみであること」です。SPIの受験ができるテストセンターでは、多くの場合会場の受付で受験票と顔写真つきの本人確認書類で本人確認を行います。

その際、あまりにも写真と乖離しているような服装や身だしなみで行くと、本当に本人かどうかを確認するのに手間取ってしまう恐れがあります。

スムーズに本人確認を完了させるためにも、帽子やサングラスなどの装飾品を見に着けることは避け、「本当に学生証の写真と同じ人?」と怪訝に思われないように身だしなみはシンプルにしていきましょう。

他の学生はテストセンター受験にどんな服装で来ている?

気になるのは、「他の学生はどんな服装で来ているのだろう……自分だけ浮いていたら嫌だな」ということなのではないでしょうか?他のSPI受験者はどのような服装で来ているのでしょうか。

就活の選考前後であればスーツ

SPIテストはいくつもの企業が導入しています。そのため、就活が立て込んでくればくるほど、就職活動の説明会や選考の合間などに時間を作って受験する学生も多いです。

就職活動の合間や、選考の前後にSPIを受験する学生は、スーツで受験することが多いでしょう。実際、テストセンターには約半数の受験生がスーツで訪れています。

予定がSPIだけなら私服の学生も多い

一方で、就職活動の選考や説明会などが無い日に落ち着いてSPIを受験したいと考える学生も多くいます。そのような学生たちは、SPIだけを受験しに来るため、リラックスできる私服でテストセンターを訪れています。

さすがにジャージやスウェットという人はいませんが、ジーンズにパーカーといったラフな服装の学生も多くいます。

テストセンター受験当日の服装で注意すべきポイント

テストセンターでSPIを受験する時の服装は、予定によってはスーツでも問題ありませんし、他に選考などがなければリラックスして集中しやすい私服でもOKということが分かりました。しかし気をつけてほしい注意点もあります。

派手すぎる服装は避けて

テストセンターで試験を受ける際に、露出が多い服装や派手すぎるスタイルで行くのは好ましくありません。ジャージにサンダルなど、ラフすぎる格好も避けましょう。

服装が派手でも露出が多くても、試験のスコアや選考には影響はありませんが、多くの人が集まる場所だという意識を持つことは大切です。就活の一環であることを忘れずに、節度ある服装を心がけましょう。

靴は履き慣れたものを

服装だけでなく、どんな靴で行くかも迷いますよね。スーツの場合は革靴で、私服ならスニーカーでも構いません。ポイントとしては、受験当日に履いていく靴は履き慣れたものにするのが一番いいでしょう。

新しい革靴や履き慣れていないパンプスを履いて行くと、靴擦れになってしまう可能性があります。靴擦れや合わない靴が気になってしまうと、試験にも悪影響です。

ここに注意しよう!

テストセンター受験では、他にどのようなことに気を付ければ良いのでしょうか?もう少し細かく見ていきましょう。

ポケットには何も入れない

カンニングを疑われる恐れがあるため、ポケットには基本的に何もいれないでSPIを受験しましょう。スマートフォンやハンカチ、ティッシュや目薬といったものは、カバンにしまうか、どうしてもSPIを受けている間に必要なものは机の上に置いておきましょう。

指摘があった場合にはカバンの中にしまう必要があります。ポケットをごそごそしていると、たとえ不正を行なっているわけではなかったとしても、怪しまれてしまい、最悪の場合SPIを受験することができなくなる可能性もあります。

集中できないならスーツもあり

もしも、「SPIも就職活動の選考の一環なのに私服で行くのは良くないのではないか……」と私服であることにドキドキしてしまうのであれば、いっそスーツで行くのもありかもしれません。

前述したように、どのような服装で受験したかは選考結果には全く影響しませんが、気になって集中出来なくなってしまうくらいであれば、何も気にせず集中できるスーツを選ぶのが良いでしょう。

最後に

就職活動の一環ではあるものの、その企業に出向き人事などに会うわけではないため、テストセンターでの服装は悩ましいと感じる方も多いかもしれません。しかし、基本的には本人確認を妨げない程度のラフな格好でも問題ありません。できる限り集中し、自分の力を最大限発揮できる服装をチョイスしましょう!



就活での服装・身だしなみの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ