パンプスで印象が変わる!就活で履くおすすめのパンプス

就活をする時はリクルートスーツを着ますが、足元はパンプスを合わせます。しかしこのパンプス選びを間違えると、足が疲れるどころか選考で不利になってしまう可能性もあるんです。せっかく志望動機やSPIの対策をしたのに、パンプスのせいでダメになったらもったいないですよね。そこで今回は、どんなパンプスを選べばいいのか、おすすめを紹介します。

パンプスで印象が変わる!就活で履くおすすめのパンプス
目次

パンプスの選び方

パンプスを選ぶには、いくつかのポイントがあります。

パンプスの形

まずはパンプスの形から選びます。実はつま先の形によって、パンプスの名前が変わることをご存知でしょうか。就活におすすめなのは、スクエアトゥ。つま先が真横にカットされ、四角くなっている形のものです。スーツとの相性がよく、まじめな印象を与えます。

ラウンドトゥもおすすめで、つま先が丸く柔らかな印象です。フォーマルシーンでも履ける形で、リクルートスーツにあわせてもバランスが取れます。

避けた方が良いのは、ポインテッドトゥ。つま先がとがっていて、幅が細いのが特徴です。スタイリッシュで足をきれいに見せてくれますが、就活にはおしゃれすぎてしまいます。また、アーモンドトゥは名前の通りアーモンドのような形で、やはりスーツとの相性はイマイチです。

つま先以外にも、注目すべきポイントがあります。それが靴の幅。パンプスを履いて足が疲れてしまう人は、幅があっていないのが原因かもしれません。親指の付け根あたり、足の一番広い部分が、パンプスにあっているかどうかを見極めましょう。履いてみて幅が狭いと感じるものは、そのまま着用を続けると外反母趾や内反小趾になる危険性もあります。

指にゆとりがあるかどうかも、重要なポイント。親指から小指まで、ぎゅっとつまったように感じるものは足にあっていません。ある程度動かせるゆとりがあるものを選びましょう。

足が疲れやすい人は、ストラップのついた形がおすすめ。かかとが滑らず安定するので、歩いていてもパカパカになりません。就活中は足首についたおしゃれなタイプより、足の甲についているタイプにしましょう。

パンプスのヒールの高さ

パンプスは同じ形でも、ヒールの高さによって大きくイメージが変わります。就活中は5㎝のヒールがおすすめ。ちょうどいい高さできちんと感を出せますし、説明会から面接へと予定がつまっている日でも、無理せず歩き回ることができます。

ヒールになれていない人はフラットシューズや3cmヒールを選びがちですが、これではカジュアルすぎる印象となってしまいます。また、スーツとの相性も良くないですね。反対に、高いヒールはパーティなどには適していますがビジネスシーンではあまりふさわしくありません。

パンプスの色

就活で履くパンプスは、黒を選びましょう。ネイビーや暗いグレーなら黒に近いから代用できると思われる方もいるかもしれませんが、やめておいた方が無難です。リクルートスーツはかなり濃い黒ですから、足元が少しでも明るいと悪目立ちしてしまいます。

また、他の就活生がみんな真っ黒のパンプスなのに、一人だけ色がついていてもやはり目立ちますよね。黒革素材で、リボンなどがついていないシンプルなものを履いてください。

雨用のパンプス

就活が始まると毎日毎日パンプスを履くことになり、そのうち雨の中歩き回らなくてはいけない日も出てくるでしょう。そんな時に活躍するのが、雨用のパンプスです。これは水をはじいてくれるタイプで、就活に使えるシンプルなデザインのものも多々あります。

小雨の日やそれほど長い距離を歩かない日は通常のパンプスでもいいですが、雨の中一日企業を周らなくてはいけない日には、雨用を履いていくのがおすすめです。

おすすめのパンプス

ここからは、おすすめのパンプスをご紹介していきます。

Lady worker

Lady workerは働く女性や女子大生の意見を取り入れて造られたパンプスだけあって、履いていて負担に感じない、就活におすすめのパンプスです。長時間の立ち・歩き・座りといった動作に耐え、フィット感が最高です。

これは、甲幅設計でどんな動きにも対応してくれるから。また、ヒールの接地面が広いので足が疲れにくいというのも魅力です。クッションインナーソールで足の疲れを軽減し、消臭繊維が気になる足のにおいを抑えてくれます。

ラクチンきれいシューズ

マルイから出ているラクチンきれいシューズもおすすめ。クッション中敷きがしっかりしており、足の付け根を力強く支えます。またミドル幅とワイド幅の2種類展開しているので、自分の足に合わせた形を選べます。利用者からは「履いたまま走れる」「長距離を歩いても疲れない」という声が上がっているんです。

サイズも19.5~27.0cmと豊富で、取り外し可能のリボンがついているためプライベートでも活躍しそう。ニーズ調査やサンプル検討会など、顧客の意見を聞きながら開発されたというのも納得のクオリティです。

卑弥呼

卑弥呼からは、就活専用パンプスという、まさしく就活生のための商品が販売されています。ウレタン素材がつま先に使われており、履いたときに指をふんわりと包んでくれます。ストラップがついているため脱げにくく、フィット感が高いのも特徴。

ノンスリップ中敷きがしかれているので、中で滑らず指の付け根も疲れません。ゆったりめの幅広トゥは負担を軽減し、履いた時のシルエットがきれいに見えるよう計算されています。

パンプスのお手入れ

就活期間中は、毎日パンプスを履くことになります。だからこそ、丁寧にお手入れをしたいですね。

パンプスのかんたんなお手入れの仕方

まずばブラッシングでほこりを落とし、汚れがないかチェックします。もし汚くなっているところがあれば、消しゴムクリーナーを使ってきれいにしましょう。デイリーのお手入れはこれだけでOK。

時間がある時には、布に靴クリーナーをつけて優しくふき取り、靴クリームをぬります。新しい布で全体を磨いてツヤを出せば、またピカピカの状態に戻りますよ。定期的に防水スプレーをすると、そもそも汚れがつきにくくなるのでおすすめ。

パンプスの保管方法

パンプスをしまう時は、シューキーパーを使うのがおすすめ。靴本来の形を保ってくれるため、型崩れしないんです。就活が終わってしばらく履かなくなったら、購入した時の紙箱に乾燥材と入れておくと、きれいに長期保管できます。

最後に

パンプスが合っていないと、足が痛んで就活に専念できませんよね。また汚れたまま履いていると、面接官からの印象も下がってしまいます。自分にぴったりで就活にふさわしいパンプスを見つけて、上品に履きこなしましょう。


この記事を書いた人
るーこ画像
るーこ
大阪の大学を卒業した後、営業と人事部を経験。個人で就活相談に乗る活動もしている。
facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ