就活の面接後にエレベーターまで見送りされたらヤバイ!?見送りをする面接官の意図とは

就活の面接が終了し、多くの場合は就活生自らドアから出ていき勝手に帰ることが多いのですが、ごくまれに面接官の方や人事担当者がエレベーターまで見送りに来てくれることがあります。この行動が、就活生の間で「不採用フラグ」と呼ばれていることから、もし自分もエレベーターまで見送られた場合不安になってしまう方も多いかもしれません。これは本当に「不採用フラグ」なのでしょうか?

就活の面接後にエレベーターまで見送りされたらヤバイ!?見送りをする面接官の意図とは
目次

面接後にエレベーターまで面接官が見送りに来ても不採用ということはない

結論からお伝えすると、これは「不採用フラグ」ではありません。面接直後にそのような形で面接官が合否をほのめかすようなことは決してありません。それではなぜ、面接官や人事担当者は就活生をエレベーターまで送ってくれるのでしょうか?

来客として通常通りおもてなしをしている

考えられるものとしては、まず一般の商談などの来客と同様、就活生のことも通常通り会社に来た来客へのおもてなしの一環として対応しているということです。たとえ就活生であっても自社の顧客となりうる存在ですし、会社にやってきたお客様にかわりはありません。とくにわけへだてなく接しているということは考えられます。

出口までがわかりにくいので送ってくれただけ

また、会社の構造によっては「勝手に帰ってください」ではわかりにくい場合もあります。出口までわかりにくい場合や、勝手に別の場所に入られないようにといった意図で確実にエレベーターまでお送りすることもあります。

場合によっては面接後の挙動を見ている場合も

ごく稀にですが、面接後の安心しきった状態でどのような挙動をするのかを、最後の最後まで緊張感を持っているのかをこっそりチェックするために見送りをしてくれている場合もあります。そのため、エレベーターまで送ってくれる場合にも最後まで気を抜かずに意識することが必要です。

面接官と廊下を歩く場合の注意点

それでは、面接後に面接官や人事担当者がエレベーターまで送ってくれた場合に注意すべきポイントをお伝えします。前述のように面接後の挙動をチェックされていることはあまりありませんが、あまりにもマナー違反な行動をすると印象が悪くなってしまうこともあります。

廊下で会った社員には挨拶をする

もしもエレベーターまでの間にほかの社員の方などとすれ違った場合には必ず「こんにちは」とあいさつをするようにしましょう。もちろん知らない人だとは思いますが、これは社会人としてのマナーです。

面接官の少し後ろをついていく

面接官と一緒に歩く場合、少し後ろをついていくようにしましょう。狭い廊下の場合横並びでは邪魔になってしまうこともありますし、あくまでマナーとして少し後ろを離れすぎない程度にしてついていくのがベストです。

エレベーターホールでのマナー

エレベーターホールについたらエレベーターを待っている間にも意識したいことがあります。まず、ボタンは基本的に自分で押しましょう。もし面接官や人事担当者が押してくれた場合には「ありがとうございます」と伝えます。エレベーターが到着したら素早く乗り込み、「本日はありがとうございました」と手短に挨拶をしながら「閉」ボタンを押しましょう。他にエレベーターに乗っている方がいる場合には迷惑にならないように配慮が必要です。他にも、細かい部分でいくつか気を付けておきたいことがあります。

エレベーターに乗った後はドアが閉まるまで頭を下げると◎

エレベーターに乗って「閉」ボタンを押しても気を抜いてはいけません。エレベーターのドアが閉まるまで頭を下げておきましょう。エレベーターのドアがぴっちりと閉まり動き出すまで、隙間からあなたの姿は見えています。閉まりかかった途端頭を上げて気を抜いた顔をしていると印象はあまりよくありません。注意しましょう。しかし、自分以外にエレベーターに乗っている人がいて、たとえば満員状態などの場合にはずっとお辞儀をした状態では迷惑になる場合もあります。その場合には会釈程度でも問題ありません。

中に人がいる場合は迷惑にならないように素早く

自分以外にエレベーターに人が乗っている場合には、その階でいつまでも止まっていては迷惑になってしまいます。その会社の社員の方である可能性は高いこともありますので、できるだけ印象を悪くすることは避けたいものです。そこで、エレベーターが到着したらできるだけ迷惑にならないように素早く乗り込みエレベーターを動かしましょう。「結果はいつわかりますか」などといった会話はエレベーターが到着するまでに済ませておくこと、もちろん「今日は面接をしていただきありがとうございました」といったお礼も一通りは済ませておきましょう。エレベーターが到着したら乗り込んだあとで「本日はありがとうございました」とだけ素早く伝えお辞儀(もしくは会釈)をするように心がけましょう。

最後に

面接官がエレベーターまで見送りに来ても不採用フラグと言うことはありません。しかし、いくつかのマナーや気配りは求められます。最後まで気を抜かずに気を付けましょう!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ