就活の面接での自己紹介、何を話す?

面接で「自己紹介をしてください」と言われることがありますが、ここで何を話すべきか悩む学生は多いでしょう。
たかが自己紹介といえど、第一印象に大きく影響し、またその後の面接官の質問に繋がっていくこともあるので手は抜けません。就活の面接での自己紹介のポイントを確認していきましょう。

自己紹介

自己紹介と自己PRの違い

面接で、「自己紹介をしてください」と言われることもあれば、「自己PRをしてください」と言われることもあります。これらは同じように聞こえますが、意味合いが異なります。

自己PRは自分の長所や学生時代の成果をアピールするように行います。
よくある伝え方の例を挙げると、
私の長所は○○です。
私は大学でサークル活動に打ち込んでおり、○○という長所を活かして、△△という成果を出しました。
この長所を活かし、御社でも〜〜というように貢献できます。
といった感じになります。

これに対し、自己紹介は自分がどういう人間かを端的に紹介することが目的であり、学生時代の活動のことなどを細かく話すのは好ましくありません。とは言っても面接なので自分をアピールする必要はあります。
そのため自己紹介では、自分の所属(大学名と学部、学年)や名前の他に、面接で深堀されたい箇所(学生時代の活動の概略や長所など)を一言など短く伝えるくらいが良いでしょう。

自己紹介で必ず気を付けること

どんな企業の自己紹介でも必ず気をつけることは、はきはきと話すことです。ぼそぼそとしゃべる人は頼りなさそうに見え、はきはきとしゃべる人は自信があり頼りがいがありそうに見えますね。
また、話すときは相手の顔をしっかり見ながら話すということも大事です。相手にしっかり伝えたいという意思があると感じ取ってもらうことで好印象を与えます。
相手の目をみてはきはきと話す、というのは簡単なことのように思えるかもしれませんが、これができているかどうかですでに就活生同士の差は付いています。普段から人前で話す事に慣れていない人や、かしこまった場が苦手な人は、しっかり練習して臨みましょう。

パターンごとの自己紹介のしかた

面接で自己紹介を求められる際、以下のように様々なパターンがあります。自己PRと自己紹介は違うと先述しましたが、要求される長さによっては実質自己PRと変わらないような場合もあります。
・特に制限もなく「自己紹介してください」と言われるパターン
・1分間で自己紹介をお願いしますと要求されるパターン
・3分間で自己紹介を要求されるパターン
・英語で自己紹介を要求されるパターン
・自己紹介と同時に学生時代に頑張ったことを要求されるパターン
・今までにしたことがないような面白い自己紹介をしてと要求されるパターン
それでは、それぞれの対処法について説明していきます。

・特に制限もなくただ自己紹介を要求されるパターン
こちらは前述の通り、細かい話まで深入りせずに自分の名前、所属(大学名と学部、学年)と面接で深堀されたい箇所を端的に話しましょう。

・1分間で自己紹介をお願いしますと要求されるパターン
1分間に話せる内容は大体300文字といわれています。
ですから300文字に収まることを意識して話しましょう。内容としては、深堀されたい箇所を少し詳しく伝えると良いでしょう。エントリーシートなどで用意した自己PRを要約したような内容を話すイメージになると思います。

・3分間で自己紹介を要求されるパターン
これは対策していないとすぐには対処できないことが多いかもしれません。エントリーシートなどで用意した自己PRを、長さが足りない場合は具体的なエピソードや定量的な指標も用いて詳しく伝えるようにしましょう。

・英語で自己紹介を要求されるパターン
外資系の企業やグローバル展開を考えている会社に多く見られます。ネイティブ並の英語力がある場合は問題ありませんが、英語力に自信がない方がこういった企業を受ける場合は、自己PRを事前に英訳しておいたり必要そうな単語を調べておくなど、事前に対策しておいたほうが安心です。

・自己紹介と同時に学生時代に頑張ったことを要求されるパターン
このパターンはけっこう多いです。この場合、そのあとに細かい内容について突っ込まれること前提で、簡潔に学生時代頑張ったことについて話しましょう。

・今までにしたことがないような面白い自己紹介をしてください、と要求されるパターン
こういった無茶ぶりのような要求も、営業会社やマスコミ、広告関係の会社などでたまに見られるようです。
本当に面白い話をすぐに思いつけばそれに越した事は無いですが、あまり思いつかなかったとしてもどんな内容であれ堂々と話すことが大事です。
過去にこういった面接があった企業を受ける学生は、話せるネタを事前に用意しておくと安心ですね。

まとめ

今回は自己紹介についてみてきました。
記事のおさらいとしては、
・自己紹介と自己PRは異なる物であり、自己紹介はより端的に話す。
・自己紹介は相手の目を見ながらハキハキと話す。
・自己紹介には様々なパターンがあり臨機応変な対応が求められる。事前に面接のパターンが分かっている場合はそれぞれ対策すると良い。
となります。
皆さんの第一印象を決める自己紹介のやり方の参考になればと思います。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
新卒の就職浪人(就職留年)は不利?してしまったらどう過ごすか

就職浪人とは、就職活動で満足のいく結果が出せなかった学生がもう一度やり直すために留年することを指し、毎年多くの学生が就職浪人しています。 一般的に、就職浪人をすると選考では不利になることが...

続きを読む
就活のESによくある「学生時代に力を入れたこと」の書き方

就職活動で企業に提出するES(エントリーシート)の項目は企業ごとに様々ですが、特によくある項目「学生時代に力を入れたこと」に何を書いてよいのかわからないという学生の皆さんも多いのではないので...

続きを読む
長期インターンシップとは?

「自己成長」が得られるという長期インターンシップ。なぜ、長期インターンシップに参加することによって「自己成長」を得ることができると言えるのか?その根拠は何なのか? それらを見ていこうと思う...

続きを読む