【例文あり】自分のセールスポイントをESや履歴書でどう書くか

ES(エントリーシート)や履歴書で自分の「セールスポイント」をアピールできれば、就活で武器の1つとして生かすことができます。そのためにも、まずは相手に伝わるセールスポイントを見つけ、しっかり伝わる表現で書くことが重要になります。

そこで今回は、エントリーシートや履歴書に自分のセールスポイントを書く方法をご紹介します。

【例文あり】自分のセールスポイントをESや履歴書でどう書くか
目次

セールスポイントを伝えるメリットは?

自分の魅力を知ってもらえる

自分のセールスポイントを伝えるメリットの1つ目が、自分の魅力を知ってもらいやすいことです。エントリーシートや履歴書では限られた文字数の中で、自分を効果的にアピールする必要があります。自分のセールスポイントを用意しておけば、それを軸に文章をまとめることができます。

また、多くの就活生が提出した書類に目を通さなければならない企業にとっては、だらだらと長いアピールを深く読み込む余裕はありません。むしろ簡潔で分かりやすいアピールの方が印象に残りやすいのです。

自己分析の成果を生かせる

就活では自分に適した仕事を探したり、自分の持つスキルに気づいたりするために「自己分析」に取り組むことになります。自己分析に基づいてセールスポイントをいくつか用意しておけば、企業が求める人物像に合わせて柔軟にアピールを変えることができます。

また、自分の得意・不得意を知っていることは、自分の得意な役割を選択したり、時には必要な手助けを求めたりなど仕事をする上でも役立つスキルです。そのため、説得力のあるセールスポイントを提示すれば、企業から「自己分析がしっかり出来ている」と評価してもらえるチャンスにつながるのです。

セールスポイントの見つけ方

自己分析で強みを探す

セールスポイントを見つけるためには、自己分析を通して自分の強みを探すことが大切です。これまでの自分を振り返り、どんな活動を好んでいたか、どんなことが得意だったか、達成感を得られたのはどんな時か…など、自分が前向きに活動できた体験を挙げてみましょう。

そして、その体験1つ1つについて「それはなぜなのか」と掘り下げていきます。例えば、同じ「部活を頑張った」という体験でも、その理由を見ていくと「仲間と協力することが楽しかった」という人もいれば、「自分を高めることが嬉しかった」という人もいます。行動の背景にある価値観や信念を知ることで、自分が頑張れるポイントを発見することができます。

他己分析で客観的に見た自分を知る

自己分析はあくまで自分視点。自分の思いこみにならないためには、他己分析も活用する必要があります。 家族や友人など身近な人が見た自分について尋ねてみましょう。

他の人から見た自分の性格・長所・短所・特技などを確認することで、自分自身の評価と客観的な評価とのズレに気づくことができるはずです。そのズレの理由を考えてみると、さらに深く自分を知ることができるでしょう。

企業分析で企業が求めるスキルを知る

セールスポイントは文字通り「自分を売り込むためのポイント」です。
そのため、自分の長所や強みを一方的に伝えるのではなく、企業が「欲しい」と思えるポイントを押さえたアピールができるかどうかが鍵となります。

的確にアピールするためには、企業の経営理念や業務内容を分析して、どんなスキルを持つ人材を欲しがっているのかを把握することが大切です。

セールスポイントとして使える「強み」の例一覧

「セールスポイントがない」「セールスポイントが思いつかない」という人は、次の例一覧を参考にしてみてください。

「スキル」や「能力」をセールスポイントとしてアピールする

得意分野に注目して、自分のスキルや優れていると思う部分をアピールしましょう。

・語学力
・プログラミングスキル
・パソコンスキル
・作業の正確さやスピード
・コミュニケーション能力
・体力
・企画やアイデアを考える発想力
・論理的に考える力
・プレゼン力

ただ「こんなスキルがあります」というだけでなく、「その企業のどの仕事でどういかせるのか」まで書きましょう。スキルや能力は仕事と結びつけやすいので、「セールスポイント」として使いやすいです。

「経験」や「実績」をベースにセールスポイントをアピールする

これまでに成し遂げたことや努力したことなどを振り返って、セールスポイントを見つけてみましょう。

・継続力がある
・忍耐力がある
・行動力がある
・チャレンジ精神がある
・リーダーシップを発揮できる
・計画的に物事を進めることができる
・向上心がある
・自発的に行動できる

「部活やサークルで努力したこと」「アルバイトで学んだこと」「ゼミや勉強で苦労したこと」などがエピソードとして使いやすでしょう。

「性格」の良い部分をセールスポイントとしてアピールする

「アピールできるようなスキルや実績がない…」という人でも心配ありません。その場合は、性格に注目してみてください。

・いつも笑顔を絶やさない
・素直な性格である
・真面目な性格である
・気配りができる
・協調性がある
・負けず嫌いな性格である
・思いやりがある
・冷静に物事を判断できる

セールスポイントとしてアピールする「強み」は、「仕事でどういかせるか」ということを説明できないと説得力がありません。

性格は仕事と結びつけるのが難しいので、「どう仕事でいかせるのか」で説得力のある説明ができるよう工夫が必要です。エピソードとして、「人に褒められたこと」や「誰かを見習って心がけていること」などを使うといいでしょう。

セールスポイントをESや履歴書に書くときのポイント

セールスポイントを絞る

セールスポイントは1つに絞るようにしてください。 例えば、リンゴをアピールする時に「とても赤くて、綺麗な丸い形で、美味しくて…」など様々な点を挙げるよりも、「他のどのリンゴよりも美味しい」と「美味しさ」だけを強調した方が魅力的に映りますよね。

自分の能力を次から次へと紹介するのではなく、本当に自信がある1つの能力を打ち出すことで、企業に対して「この人は〇〇が出来る人なんだな」と印象付けることができます。

具体的なエピソードを添える

セールスポイントとして挙げている能力が役立った具体的なエピソードを添えることも必要です。

具体的なエピソードがあれば、採用担当者があなたの持つ能力をイメージしやすくなりますし、セールスポイントが独り善がりなものでないことを証明することもできます。

エピソードとしては大きな成果を挙げたことでなくても構いません。自分でその能力を生かし、実際に行動出来ていることが大切なのです。

企業が欲しがるセールスポイントを用意する

企業が「欲しい」と思えるセールスポイントを用意することも大切です。挑戦的な社風の企業なのに「何事も自分が納得するまで考えること」をセールスポイントとして打ち出すと、「わが社には合わないかも」とネガティブな印象を与えてしまいます。

それよりは「細部まで考える力を生かして、新たな顧客や事業の獲得を手伝いたい」と伝える方が企業のニーズに一致していると言えます。単に能力をアピールするだけでなく、企業に魅力的に映る表現で伝えるようにしましょう。

セールスポイントの書き方例文

私はしっかりと下調べを行い、計画的に物事を進めることが得意です。

サークルでは新入生勧誘係を担当しましたが、勧誘する側としては新年度で忙しい時期に長時間拘束される負担感が課題となっていました。そこで私は新入生のスケジュールや動きを徹底的に調べた上で、最低限の人員を配置しました。

その結果、例年より少ない人員で勧誘したにも関わらず、たくさんの新入生を獲得することができました。貴社でも1つ1つの業務を計画的に遂行することで、確実な成果を挙げていきたいと考えています。

最後に

日本人は謙遜が美徳とされる文化が根強いため、自分をアピールすることが苦手です。また「自分のセールスポイントなんて見つからない」と感じている人も少なくありません。しかし、「自分なんて…」と言っている人を企業は欲しがってはくれません。何でも良いので自分の魅力を見つけてみましょう。

どうしても見つけられない場合には、他己分析から始めても良いでしょう。自分では欠点だと感じていることが、他人から見ると長所であることもあるのです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ