履歴書の記入ミスに修正テープや修正液を使っても良いか

みなさんの父親・母親が就職活動をしていた時代には1枚ずつ手書きで書いて提出していた履歴書も、最近ではワードで作成したり、企業の採用ページのフォーマットに入力したりすることが主流となってきています。ハンコなども電子押印を使用するなど、ほとんど手書きで作成する箇所は無いはずです。しかし、昔ながらの文化を大切にする企業や、中小企業などでネット上での就活に対応していない企業の場合、まだ手書きで書いたものを提出するように求められることもあります。今回は、そんな手書きでの履歴書作成の際に記入ミスをして困ってしまったときの対策を解説します。

履歴書の記入ミスに修正テープや修正液を使っても良いか
目次

履歴書はあなたの「公的文書」

手書きで履歴書を作成する場合、最も怖いのは記入ミスをしてしまった時です。就活中の提出書類はボールペンで記入するのが常識です。しかし、ようやく書き終わる……!というタイミングで1文字だけ漢字を書き間違えてしまった場合など、「1文字位なら」と修正テープや修正液で訂正したくなってしまうと思います。しかし、これはできるだけ避けた方が良いでしょう。就活で提出する履歴書は、あなたの「公的文書」です。アルバイトの面接で持参するものとは重みが異なります。

「ちょっとくらい」では済まされない

あなたの「公的文書」であるにも関わらず、間違えてしまっていたり、間違えた箇所を修正液で訂正していたりすると、その企業への応募の本気度が低いとみなされてしまうこともあります。もしも区役所で住民票を発行した際、一部が修正液で訂正されていたらその住民票の信頼度は下がってしまいますよね。「そんなおおげさな……」と感じるかもしれませんが、そのくらい大切なものであり、「ちょっとくらい」「1文字くらい」では済まされない重みを、持った書類だということを認識しておきましょう。もちろん、「そのくらいは気にしないよ」という人事担当者がいることもありますが、履歴書は選考の間人事担当者だけでなく、面接を担当する社員や役員、場合によっては社長がめにすることもあります。履歴書を目にする全員が「全く気にしない」可能性は極めて低いこともありますので、念には念を入れましょう。

消えるボールペンで書けばOK?

誤字脱字が心配な方は「消えるボールペンで書けば間違えても問題ない」と思われるかもしれませんが、消えるボールペンを利用することはNGです。繰り返しになりますが、履歴書は「公的文書」です。履歴書に限らず、消えるボールペンは郵便物のあて名書きや銀行や区役所などの公的な申込書類にも使用することができません。

間違えてしまった場合はどうすれば良い?

それでは、履歴書を作成している最中に間違えてしまった箇所がある場合にはどうすれば良いのでしょうか。2つの方法がありますので見ていきましょう。

全てイチから書き直す

基本的には、どんなに完成間際であったとしても履歴書の書き間違いは「全てイチから書き直す」のが鉄則です。最後の最後まで、書き間違えることの無いように、気を引き締めて書き進めるようにしましょう。

どうしてもの場合は二重線+訂正印

たとえば履歴書の最後の1枚だった場合や、選考を受ける企業の指定の履歴書に記入していた場合など、書き直すことができないのに訂正したい箇所があった際にはどうすればいいのでしょうか。やむをえず訂正する場合には間違えた箇所に定規で二重線をひき、その上に訂正印を押します。二重線をひいた上部に重ならないように正しい内容を書き加えましょう。見栄えが悪くなってしまいますので避けたい事態ではありますが、修正テープや修正液を使用する位ならこの方法で訂正するようにしましょう。

履歴書の記入ミスをしないためには

ミスをした際にイチから書き直すのは大変ですし、精神的にもうんざりしてしまいます。そこで、そもそも履歴書の記入ミスをしないための工夫もしてみましょう。ほんの少し書き始める前に準備をしておくだけで、ぐんとミスをする確率を下げることができます。

下書きをしてみる

まずは、コピーした履歴書に鉛筆などで一度書いてみることで、気持ちの予行演習になるだけでなく、全体のバランスや漢字の間違いをしてしまいそうな箇所を事前に把握することができます。鉛筆での下書きであればバランスを見ながら書き直してどのくらいの大きさの文字で書けばいいのかをチェックすることができます。

パソコンで見本を作成し、見ながら書く

一度手書きで下書きを作成するのが面倒だという方は、パソコンで見本を作成してみても良いでしょう。パソコンでプリントアウトしたものを見ながら書き進めていけば、漢字を間違えることもありませんし、バランスも参考にしながら書くことができます。この時、画面上の下書きを見ながらではなく、本番と同じ大きさにプリントアウトしたものを見ながら書くようにした方が、ミスをすることが減ります。

最後に

以前と比べ、履歴書を手書きで作成し提出する企業は減りました。それだけに、今でも手書きの履歴書の提出を義務付けている企業はあなたの「公的文書」への気合の入れ方に関心を持っているということでもあります。記入ミスをしないための工夫をしながら、万が一間違えてしまっても修正テープや修正液をしようすることのないようにしましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ