絶対に後悔しない就活用カバンの選び方3つのポイント

就活の時期になるとリクルートスーツを着る機会が増えてくると思います。企業の人は学生がきちんとスーツを着こなせているかをチェックしています。カバンも一つの重要な要素です。普段持ち歩いているカバンではビジネスシーンにおいては適切ではなく、もしかしたら新しく就活用にカバンを購入する必要があるかもしれません。
スーツに合わせてどのようなカバンを購入すればいいのでしょうか。この記事ではカバンを選ぶときに重要な3つのポイントを紹介します。是非参考にしてみてください。

  絶対に後悔しない就活用カバンの選び方3つのポイント
目次

カバンを選ぶポイント

カバンなどの小物はいいものを選んだことで面接や選考のプラス要素になるわけでなく、間違いのないものを選ぶことでマイナス要素をなくすことが重要です。就活ではオシャレより機能性を重視してカバンなどの小物を選びましょう。この章では就活用にカバンを購入するときに注意すべき3つのポイントを紹介していきます。

色は黒 デザインはシンプルなもの

1つ目のポイントはフォーマルな色とデザインであるかです。色はフォーマルな場面に合わせて黒や黒系統の色のものを選びましょう。デザインや装飾はあまり派手ではないものが望ましいです。ブランドのロゴなどが強調されすぎていない、シンプルな無地のものが使いやすいです。
カバンの素材がナイロン素材や革素材だとフォーマルな雰囲気で就職活動にも向いています。また撥水性加工がしてあると雨に濡れてもカバンの中の書類が濡れる心配が少ないので便利です。

A4のファイルが入るもの

2つ目のポイントはA4のファイルを入れることが可能であるかです。就職活動中は履歴書やエントリーシート、企業の資料などを持ち歩くことがあります。特に履歴書、エントリーシートなどの重要書類は折らずにファイルに入れて持ち歩くので、A4サイズのファイルが余裕をもって入る大きさのカバンが必要です。
就職活動中は荷物が多くなります。スケジュール帳やペンケースなど必要なものがすぐ取り出せるように、カバンの中が整理整頓できる仕切りやポケットが豊富なデザインだと便利です。

 

自立性があるタイプのもの

3つ目のポイントは自立性があるかです。会社説明会や面接のときなどカバンを直接床に置く場合があります。床に置いたときに倒れたりしない、自立性のカバンを購入しましょう。
またカバンはなるべく軽いものであるほうが楽です。就職活動では荷物が多くなり、また移動が多いのでなるべくカバンが軽いほうが便利です。

リュックサックは有りなのか

リュックサックは背負った時に両手が空き、とても機能性が高いです。企業や業界によっては多少カジュアルなものでも平気な場合もあります。しかし基本的にリュックサックはフォーマルな場面ではあまり適切ではありません。スーツに合うようなデザインでも、リュックサックはカジュアルな雰囲気であるため就活では悪目立ちしてしまうかもしれません。周りの学生に合わせて無難なものを選びましょう。

就活用のカバンはどこで買えるのか

就活用のビジネスバッグはスーツショップで購入できます。スーツショップではスーツだけでなく、ベルトやネクタイなどのスーツに合う小物が揃っています。何を買えばいいか悩んだら店員の人にアドバイスをもらうといいかもしれません。
安いものだとショッピングセンターやネット通販でも購入できます。ビジネスバッグは5000円以下の安いものから高額なブランド物まで幅広いです。特に値段によって面接官からの評価が変わるということはありません。実際に持ってみて重さを確認したり、色やデザインを見て自分が使いやすいものを選びましょう。

男女で選ぶべきカバンは異なるのか

上記で紹介した色やデザインがシンプルなビジネスバックであること、A4サイズのファイルが入ること、自立性があることの3つのポイントは男女共通で重要です。カバンの形は男女によって主流のものが違います。カバンの形として男性は持ち手の短い手提げ型、女性は持ち手が長めで肩にかけられるトートバッグ型が主流です。またどちらも礼をした時などにカバンの中身が落ちたりしないようにファスナー付きのものを選びましょう。

最後に

就活用のカバンとして定番なものは無地で黒のカバンです。また機能性が高くてもリュックサックのようなカジュアルなものより、フォーマルな場を意識したものを用意したほうがいいです。スーツの着方から身だしなみまで、学生がTPOを考えて行動できているかチェックされています。失敗しないようにTPOをわきまえたスーツに合うカバンを購入しましょう。
就職活動の時はスーツやカバンなどは基本的に悪目立ちするマイナスの要素を排除するために、周りの学生や雰囲気に合わせた無難なものを選ぶことが定番です。インターンシップに参加すると企業や他の学生の雰囲気を知ることができます。就職活動の準備として気軽に参加してみてください。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ