大学生は1年生・2年生もインターンシップに行こう!

「インターンシップは大学3年生が就活のために行くもの」と考えていませんか?

確かに、インターンシップに参加する学生の多くは、大学3年生(あるいは修士1年生)になって周りが「就職活動」を意識するムードになってからインターンシップへの参加を考え始めているようです。 しかし私達は、大学1、2年生にもインターンシップへの参加をお勧めしたいと考えています。

その理由は、
・早い時期から仕事をよく知ることができ、就職先選びに役立つ
・学生のうちから高度な知識やスキルを活かした仕事ができる
ということです。


早い時期から仕事をよく知ることができ、就職先選びに役立つ

学生にとって、社会人の仕事がどのようなものなのかをイメージすることは簡単ではありません。3年生になって企業の説明会や口コミ、インターネットなどで情報収集するようになって初めて仕事のことを知る場合が多いでしょう。しかし、それでは自分に合った就職先を考える期間が十分にありません。
また、説明会や口コミ、インターネットなどから得られる情報だけでは、仕事への理解度に限界があります。説明会やOB訪問でしっかり企業研究をして就職したのにもかかわらず、いざ働き始めてみるとやはり仕事が自分に合っていないと気付かされたという方は多くいます。

インターンシップに参加すれば、説明会に参加するだけとは違って仕事を実際に体験することになるので、仕事内容を深くまで知ることができ、その仕事が自分に合っているかどうかをきちんと知ることに繋がります。特に中長期のインターンシップだと、社員とほとんど変わらないくらいまで本格的に仕事を体験できるものもあります。

説明会で「営業」「企画」「エンジニア」など様々な職種の説明を受けただけという人と、インターンシップで実際にそれらの仕事を体験した人では、仕事内容や自分自身の適性に対する理解度が大きく変わりますよね。

学生のうちから高度な知識やスキルを活かした仕事ができる

大学生の多くは、大学で学んでいる分野や将来就いてみたいと思う職業と直接関係のないアルバイトをしています。もちろんそのようなアルバイトでも得られることはたくさんありますが、大学で学んでいることや将来就いてみたい職業に大きく関連するような仕事も選べるということを、もっと学生に知ってほしいと思います。
様々な業種、様々な職種でインターンシップの募集があるので、あなたが経験してみたいと思うような仕事もきっと見つかるでしょう。就職活動のためだけでなく、充実した大学生活を送るためにインターンシップに参加してみてはどうでしょうか。



大学生活の過ごし方の選択肢にインターンシップを!

学業、部活、サークル活動、アルバイトなど、学生時代に打ち込みたいものはそれぞれたくさんあると思います
その中の選択肢の1つとして「インターンシップ」があるということを、大学1年生のうちからぜひ知っておいてもらえたらと、インターンシップガイド事務局は願っております!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます

お役立ち情報

インターンシップのエントリーに関するQ&A

みなさん、インターンシップをエントリーしたい企業は決まりましたか? 「何となく行きたいところは決まったけど、どうやってエントリーするんだろう&...

続きを読む

お役立ち情報

長期インターンシップとは?

「自己成長」が得られるという長期インターンシップ。なぜ、長期インターンシップに参加することによって「自己成長」を得ることができると言えるのか...

続きを読む

お役立ち情報

ちょっと一息。就活に疲れたあなたに贈る3つの動画

リクルートスーツに身を包み、夏の都会を駆け回る。書類を右手に、携帯電話を左手に、練習に練習を重ねた自慢の自己PRと、この日のために磨き上げた...

続きを読む