大学生は1年生・2年生もインターンシップに行こう!

「インターンシップは大学3年生が就活のために行くもの」と考えていませんか?

確かに日本の大学生の多くは、大学3年生(あるいは修士1年生)になって周りが「就職活動」を意識する雰囲気になってきてからインターンシップへの参加を考え始めているようです。
しかし、インターンシップガイド運営事務局は大学1、2年生にもインターンシップへの参加をおすすめしたいと考えています。

目次

大学1年生、2年生こそインターンシップに参加すべき理由

大学1、2年生こそインターンシップに参加した方が良いといえる理由は、
・仕事を本格的に経験して知ることができ、就職先選びのミスマッチを防ぐ
・インターンシップの経験があると就活の選考で有利になる
・学生のうちから高度な知識やスキルを活かした仕事ができ、より充実した学生生活になる
という3点です。


仕事を本格的に経験して知ることができ、就職先選びのミスマッチを防ぐ

学生にとって、社会人の仕事がどのようなものなのかをイメージすることは簡単ではありません。
多くの大学生は3年生になって就職先を選び始める段階で初めて、企業の説明会や口コミ、インターネットなどで情報収集をして卒業後の仕事について知ろうとします。
しかし、それでは自分に合った就職先を考える期間が十分にありません。また、説明会や口コミ、インターネットなどから得られる情報だけでは、仕事への理解度に限界があります。説明会やOB訪問でしっかり企業研究をして就職したのにもかかわらず、いざ働き始めてみるとやはり仕事が自分に合っていないと気付くという方は多くいます。

インターンシップに参加すれば、説明会に参加するだけとは違って仕事を実際に体験することになるので、その仕事が自分に合っているかどうかをきちんと判断することができます。
説明会で「営業」「企画」「エンジニア」など様々な職種の説明を受けただけという人と、インターンシップで実際にそれらの仕事を体験した人では、仕事内容や自分自身の適性に対する理解度が大きく変わりますよね。

インターンシップの経験があると就活の選考で有利になる

長期インターンシップでは実務を経験するので、ビジネススキルやビジネスマナーを身につけることができます。
また、インターンシップ先の企業からも入社のオファーがもらえることがあるだけでなく、インターンシップで会社に貢献した経験は就職活動で他の企業の面接を受ける際にもアピールになります。よく大学3年生が参加する「短期インターンシップ」だとシミュレーションが主なので実際の仕事を経験するわけではなく、他の企業の面接でアピールできるような会社に貢献した経験は作りにくいのですが、長期のインターンシップならそれが可能になります。
大学3年生になる前から就活で役立つようなビジネススキル、ビジネスマナーを磨いて実務で活躍したという経験を持っていれば、同学年の中でかなりリードすることができるといえます。

学生のうちから高度な知識やスキルを活かした仕事ができ、より充実した学生生活になる

大学生の多くは、大学で学んでいる分野や将来就いてみたいと思う職業とほとんど関係のないアルバイトをしています。接客、塾講師、軽作業など…。もちろんそのようなアルバイトでも得られることはたくさんありますが、大学で学んでいることや将来就いてみたい職業に大きく関連するような仕事を大学生のうちから体験できる「インターンシップ」があるということを、もっと学生に知ってほしいと思います。
学生がインターンシップで体験できる職種は、営業、エンジニア、企画、マーケティング、事務、広報など様々で、インターンシップガイドを用いて自分に合ったインターンを探すことができます。
そして、お金がもらえてアルバイトのかわりにもなるような「長期インターンシップ」に参加するなら、就活やゼミなどで時間が取りにくくなる前の一年生、二年生のときがおすすめです。もしインターンシップを始めて合わない仕事だと感じたら辞めて次を探せば良いのですが、そうやって試行錯誤するためにも時間に余裕があるうちから始められるのがベストですね。
様々な業種、様々な職種でインターンシップの募集があるので、あなたが経験してみたいと思うような仕事もきっと見つかるでしょう。就職活動のためだけでなく、充実した大学生活を送るためにインターンシップに参加してみてはどうでしょうか。



スキルも資格も何もないけどインターンに参加できる?

できます。はじめから仕事に使えるスキルを持っている大学生などほとんどいません。仕事をしながら新しいことを学んでいく姿勢さえあればスキルや資格は不問で募集しているインターンシップがたくさんありますので、インターンシップガイドを使って探してみましょう。
エントリーシートや面接といった選考があるインターンもありますが、はじめからスキルや資格を求められるインターンは少なく、仕事を通じていろいろなことを学んでいく意欲さえアピールできれば問題ありません。

大学生活の過ごし方の選択肢にインターンシップを!

学業、部活、サークル活動、アルバイトなど、学生時代に打ち込みたいものはそれぞれたくさんあり、そのどれも素敵な経験になると思います。
そういった中の選択肢の1つとして「インターンシップ」があるということを、大学1年生のうちから多くの大学生にぜひ知っておいてもらえたらと願っています!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
集団面接の注意点~個人面接との違いとは~

集団面接と個人面接との違いをご存知ですか?企業が実施する面接のうち、初期段階に実施されることが多い集団面接は、個人面接とは違う対策を早めにすることが必要となります。 今回は、集団面接の注意...

続きを読む
早すぎることはない!大学1年生から始めておくべき、効果的な就活対策

まだ1年生だし、まだ2年生だし…と言っているそこのあなた。うかうかしているとあっという間に就活を迎えてしまうことになりかねません。「あの時から対策しておけば…」 ...

続きを読む
インターンシップの面接の対策方法はこうだ!

インターンシップに参加するにあたって、企業の担当者との面接を通過しなければなりません。 就職活動の本選考をまだ経験していなければ、面接なんてほとんど受けたことがないという大学生がほとんどだ...

続きを読む