読まないともったいない!大学生におすすめの漫画7選

大学生の皆さん、漫画は好きですか?漫画は暇つぶしとして読むだけではなく、友人との会話のネタになるなどコミュニケーションツールとしても役に立ちます。特に、海外からは日本の漫画は非常に人気があり、海外の人たちとの話題作りにも一役買ってくれることでしょう。

今回は、大学生にぜひ読んで欲しい漫画を7つ紹介します。

読まないともったいない!大学生におすすめの漫画7選

ギネス記録 ONEPIECE

日本を代表する漫画の一つです。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」として、2015年にギネス記録にも認定されました。1997年から連載がはじまり、現在は単行本88巻(2018年3月現在)まで発売されています。

内容は主人公のルフィが海賊王を目指し、仲間とともに冒険する王道バトル漫画です。派手なバトルシーンが特徴ですが、ファンから最も評価されているのは「伏線」の魅せ方です。現実時間で10年間の時を経て回収される伏線も多々あり、尾田先生の構成力の凄まじさこそがワンピースの真の魅力とも言えます。

読者数が多いということはあらゆる世代から愛される漫画ということです。読んでいない方はぜひチェックしてみてください。

不朽の名作 ドラゴンボール

ワンピースと双璧をなす日本を代表する漫画です。

今活躍する漫画家の多くがこのドラゴンボールに影響を受けるなど、王道バトル漫画の金字塔であり90年代のジャンプ黄金期を支えた漫画です。それだけに海外からの人気も凄まじく、ハリウッドで映画化もされました。

主人公の孫悟空が修行し、より強い敵と戦い成長していく姿はあらゆるバトル漫画のお手本となる構成です。本家ということもあり物語も非常にシンプルなので漫画初心者にもおすすめです。

現在も新シリーズがアニメで放送されるなど、世代を超えて愛される漫画です。まさに現代の教養とも呼べる漫画でしょう。

大注目のキングダム

飛ぶ鳥を落とす勢いで注目されている漫画です。テレビ番組でもたびたび特集が組まれるなど、芸能人のファンも急増しているそうです。

舞台は春秋戦国時代の中国です。奴隷出身の主人公「信」と秦の王「政」が中華統一を目指す物語です。個性豊かな武将たちや、緻密なストーリーが特徴です。特に人と人との関係性がそのままストーリーに結びつくので、人間関係について学べることも多いです。関連本としてビジネス本が出版されています。
『キングダム』で学ぶ 乱世のリーダーシップ
https://www.amazon.co.jp/dp/B01G8G9KC8/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

現在50巻まで発売されています(2018年5月 現在)が、作者曰くまだまだ続くとのことですので今後にさらなる期待ができる漫画です。

手に汗握る カイジシリーズ

カイジシリーズも大学生におすすめです。ギャンブル狂い・借金だらけののダメ主人公カイジが帝愛カンパニーとギャンブルで戦う物語です。アニメ化や実写映画化もされています。

分かりやすいストーリーと巧みな心理描写が売りです。ギリギリの勝負でカイジたちギャンブルプレーヤーの駆け引きは手に汗握る展開の連続です。シュールなギャグもシリアスな字幕で語られるので面白く読むことができます。

「賭博黙示録カイジ」、「賭博破戒録カイジ」、「賭博堕天録カイジ」が各13巻ずつと、「賭博堕天録カイジ 和也編」が10巻、「賭博堕天録カイジ ワン・ポーカー編」が16巻発売されています。(2018年5月現在)ストーリーは全てつながっているので、まずは賭博堕天録カイジから読むのがおすすめです。

スピンオフとして「中間管理録トネガワ」という漫画も発売されています。カイジにはまった方はぜひこちらも読んでみてください。

とにかくためになる インベスターZ

大学生にはインベスターZがおすすめです。珍しく投資をテーマとした教養漫画で、主人公の財前隆が投資部に入部するところからストーリーは始まります。学校の運営資金を投資の成果で賄っていくために財前が株取引に挑戦します。

作者は「ドラゴン桜」の作者である三田紀房先生で、シンプルな絵柄とストーリーが難しいテーマを分かりやすく解説しています。現実世界の有名人(堀江貴文さんやDMM亀山会長 など)も漫画キャラクターとして登場するなど、作者自身が強いこだわりを持って描いていることが分かります。

投資だけではなく、保険や不動産、経営者のビジネスマインドや金言についても取り上げることがあり、自己啓発本としてもためになる漫画です。お金のことについて勉強したい方はぜひ読んでみてください。

社会の闇を体感 闇金ウシジマくん

ドラマや映画でお馴染み?の闇金ウシジマくんも大学生におすすめです。テーマが借金取りと多重債務者の末路を描いたもので、非常にダークなストーリーです。

大学生が普通に生活していると、まず巡り合わない人たちのストーリーを描いており過激ですが社会勉強にもなります。達観した考えのウシジマくんの教訓もためになることでしょう。ある意味、社会の裏側を描いており「こんな大人にならないようにしよう」と大学生の意識改革に繋がる漫画です。

漫画の神様が書いたブラックジャック

最後におすすめするのはブラックジャックです。作者は漫画の神様と呼ばれる手塚治虫先生です。

1973年に発表された漫画ですが、主人公ブラックジャックの価値観や人情劇を描いたストーリーは未だに色褪せることはありません。この漫画を読んで医者を志した方も当時は多かったようです。もちろん、医学用語や手術シーンは現実感たっぷりですので、医学に興味のある大学生が読むにもうってつけです。

最後に

大学生におすすめの漫画を7作品解説しました。いずれも価値観の若い大学生のうちに読んでほしい漫画です。漫画とはいえ、今後の人生を生きていく上で指標になることも少なくありません。ぜひ、手にとって読んでみてください。

この記事を書いた人
かくすけ画像
かくすけ
上場企業でエンジニアとして働くかたわら、エンタメ系やキャリア関連のライティングも行う。趣味はフットサル。


大学生活の過ごし方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ