挫折経験について就活面接で聞かれた時の回答パターン

挫折体験といえば、就活でよく聞かれる質問に挙げられますが、いざ聞かれると回答に困ってしまう人が多いようです。しかし、設問意図を理解し、対策さえしっかりしていれば、問題ではありません。今回はそんな挫折体験の設問意図と回答パターンについて徹底解説します。

挫折
目次

挫折体験の設問意図

採用担当者、面接官が学生に挫折経験を聞いて確認したいのは、次の2点です。
・ストレス耐性があるか
・困難に直面しても逃げないかどうか

ストレス耐性があるか

就活を終えて企業に入社すれば、長きに渡った学生生活に別れを告げて社会人という立場になります。責任も重くなり、かつ学生時代で当たり前だったことが通用しないことも増えてきます。そのような環境の中では挫折体験は嫌というほど経験することになります。
そのような環境の変化や今まで経験したことのなかった挫折経験に向き合い、成長して会社に利益をもたらすことのできる人材が会社では求められます。企業としても、せっかく内定させた人材が早々と辞めてしまうと採用コストが回収できなくなってしまうため、社会での挫折経験も克服して乗り越えて成長できそうな学生を採用したいのです。

困難に直面しても逃げないかどうか

挫折経験は困難とも言い換えることができます。ビジネスの現場では営業成績が振るわなかったり、提案内容が振るわなかったりと様々な困難が待ち受けております。それらの困難に対して逃げずに取り組めるかどうかが面接でも求められています。
企業の中でも高い目標を達成するためには何かしらの障害や問題を解決しなければならないので、困難と対峙できる学生を求めているのです。それゆえに、挫折経験を何かしらの方法や考え方を使って乗り越えた経験を持つ学生を好む傾向にあります。

挫折体験の回答パターン

挫折体験の設問意図を紹介したところで、続いて具体的な回答パターンの作成方法と回答例を紹介します。結論から書きつつ、あなたの考え方と挫折に対してどのようなアプローチで取り組んだかを書けば、採用担当者に響くでしょう。
重要なのはあなたの挫折へのアプローチがどんな課程で組み立てられ、あなたが何を考えて行動していたかを簡潔に示すことなのです。

挫折経験の組み立て方

【結論】私にとっての挫折経験は○○○○です。

【挫折経験の内容】私は大学○年生の時に■■■という活動で△△の役割を担っていました。当時、~~~~~という問題があり、=====と考えて行動しましたが、改善できませんでした。

【挫折への捉え方】この時は、○○○という問題を~~~と捉えました。なぜなら====と考えたからです。

【挫折への取り組み】そこで、私は====を挫折の原因と捉え、再発しないように~~~を徹底しました。なぜなら、===となると考えたからです。その結果、~~~になりました。

【挫折を通じて得た学び】私はこの経験を通じて○○○を学びました。この経験での学びは~~~でも活きると存じます。

まず、質問に対して簡潔な結論で回答を出します。そして、5W1Hで具体的な情報を伝えて、どうやって挫折経験を捉え、何を考えて行動したのかを伝えます。最後に、結果と学びを伝えることで採用担当者に入社後も同じように困難をクリアできることを伝えきりましょう。

挫折体験の回答例

では、この組み立て方に沿って、事例を一つ紹介します。
ストーリーになっており、論点が明示されていることで、初対面の採用担当者にもすっと入ってきやすい内容となっているのが特徴です。何かしら特別な経験である必要はなく、ありのままの経験を述べればよいのです。「私の経験では弱い」と思い込むのではなく、困難や大変だったときにどんなことがあり、どんな考えによって立ち向かったのかを書けばよいのです。

【結論】
アルバイトでのシフトリーダーにおける誤ったリーダーシップの発揮

【挫折経験の内容】
私は大学2年生の時に居酒屋のアルバイトでアルバイト5人のシフトリーダーの役割を担っていました。当時、5人のシフトが中々分散できず、1人に負担が集中してしまうという問題があり、私としてはみんな平等に負担を分かち合うべきと考えてほかのメンバーを説得しましたが、皆の不平不満が爆発するばかりで改善できませんでした。

【挫折への捉え方】
この時は、メンバー間の不平等という問題を改善しなければならないと捉えました。なぜなら、その方がみんなの負担が減り、いざという時にアルバイト同士で助け合えると考えたからです。しかし、私の価値観はどうやら押し付けのようだったと感じました。

【挫折への取り組み】
そこで、私は自らのシフトの平等化=負担の軽減という想い込を挫折の原因と捉え、再発しないように各メンバーとの対話を徹底しました。例えば、LINEグループを作って情報共有を図り、またメンバー同士の好取組を共有し誰でも情報発信しやすい環境を作りました。その結果、メンバー間の信頼が深まり、シフトに入っていない人もシフトが多い人に対して配慮できる関係になりました。相互のコミュニケーションの頻度が増えていくのが目に見えるほど明らかになりました。

【挫折を通じて得た学び】
私はこの経験を通じて対話の大切さを学び、自らが正しいと感じた価値観の押し付けは不協和音を生んでしまうと学びました。この経験での学びは貴社の営業活動や社内コミュニケーションでも活きると存じます。

就活の準備は特別な準備は必要ない

挫折経験は自己PRや志望動機にも通じる点がありますが、特別な準備をする必要はありません。かといって、いざ質問された際に答えることができないと、ネガティブ評価をつけられかねません。採用担当者は候補者の過去経験した挫折体験の取り組み方をビジネスの現場においても再現できることを望んでいるのです。

挫折をただの挫折のままにせず、どうやって改善し何を学んだか明白になっている方が企業のビジネス活動と親和性があるのです。重要なのは質問の意図を正確に理解し、あらかじめ準備できることは準備しておくことです。本コラムを参考に挫折経験をうまく伝えられるようになってくれれば幸いです。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめ...

続きを読む
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
【18卒、19卒】就活イベントまとめ

全国の就活イベントを日付順でまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 4月〜5月は各業界の大企業のエントリー締切が多数! 就活の採用選考への最初のステップには、WEBでの...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む