【例文あり】製薬会社の志望動機の書き方のポイント

製薬会社の志望動機を書く時に「どうやって書けばいいんだろう」と途方に暮れてしまう就活生は少なくありません。採用担当者の目に留まる志望動機を書き上げるためには、ポイントを押さえた書き方をマスターしておく必要があるのです。
そこで今回は、製薬会社の志望動機の書き方を例文と共にご紹介します。また、志望動機を書く上で知っておきたい製薬会社の仕事内容や職種、求められる人材についても解説します。

【例文あり】製薬会社の志望動機の書き方のポイント
目次

製薬会社とは?

製薬会社の仕事内容

製薬会社では、薬局で購入できる「一般用医薬品(OTC医薬品)」や医療機関で処方される「医療用医薬品」などの医薬品の研究開発・製造・販売を行っています。
製薬会社としては新たな薬の研究開発から販売までを手掛ける「新薬メーカー」、新薬の特許が切れた後に同じ成分で出来た後発品を製造する「ジェネリック医薬品メーカー」が挙げられます。

製薬会社の職種

製薬会社には次のような職種があります。
■研究職:医薬品の素材となる物質を探し出し、日夜実験を行う職種です。
■開発職:人に医薬品を投与した際の有効性や安全性を確認する臨床実験を行います。
■製造職:有効性や安全性が認められた医薬品の製造を担う職種です。
■MR(営業職):製薬会社が作った医薬品を医療機関に営業・販売する職種です。

製薬会社に求められる人材

医薬品はほんの少しの成分の違いで、人体に現れる効果が異なってしまいます。そのため、細かな作業にもミスなく丁寧に取り組める人が向いています。また、仕事に真摯に向き合い、責任をもって臨める人にも適していると言えるでしょう。
また、MRは文系の学生にも門戸が開かれていますが、それ以外の職種では医学や薬学などの理系に関わる専門知識が必要となります。

製薬会社の志望動機を書くポイント

製薬会社を志望する理由を書く

製薬会社の志望動機では、まず「なぜ製薬会社を志望するのか」を書きます。
医療に携わる際には、医師や看護師などとして活躍する道もあります。そんな中で製薬会社を選ぶのには理由があるはず。製薬会社に魅力を感じるようになったきっかけや、製薬会社が自分に向いていると感じたエピソードなどをまとめてみましょう。

この企業を選んだ理由を書く

先ほどご紹介した通り、製薬会社にも「新薬メーカー」や「ジェネリック医薬品メーカー」があります。また、企業ごとに経営方針も異なります。
採用担当者の気持ちとしては「製薬会社なら誰でもいい」という人よりも「絶対この企業に入りたい」という熱意のある人を採用したいもの。志望動機にも他でもないこの企業に入社したい理由を明示するようにしましょう。

入社後に取り組みたいことを書く

「入社後にはこんなことがしたい」という気持ちも、志望動機を書く際にアピールするのがおすすめ。
人材採用には多くのコストがかかっているため、採用担当者としては「ミスマッチですぐに退職してしまう人の採用ができるだけ避けたい」と考えています。そのため、働くイメージがしっかり持てている人の方が安心して採用できるのです。
インターンシップやOB・OG訪問を通して実際に働く人から話を聞き、自分が働く姿のイメージを描いてみましょう。

製薬会社の志望動機例文

MRの志望動機例文

私がMRとして貴社の製品をより多くの人に届けたいと考え、貴社を志望いたしました。私は貴社のインターンシップに参加し、MRについて「ドクターだけでなく、そのドクターが診ている何十、何百人もの患者さんともコミュニケーションを取る仕事」と教わったことが強く印象に残り、「MRになりたい」と思うようになりました。また、貴社では常に学び続けなければならないMRを育成する研修制度が優れていることも魅力です。私は大学時代、学会の口頭発表を行い、専門的な内容でも分かりやすく説明する能力を育んできました。入社後はその説明力を生かし、MRとして活躍していきたいと考えています。

研究職の志望動機例文

私は貴社の研究職を志望しています。私は小さい頃に喘息を患い、苦しい思いをしてきました。しかし、新薬の力を借りることで他の子どもたちと同じように生活できるようになり、とても嬉しかったのを覚えています。そのため、「自分もいつか困っている人の力になれる薬を作りたい」と感じるようになりました。新薬開発に力を入れている貴社でなら、私の夢を実現できると考えています。

最後に

製薬会社の志望動機を書く時には「なぜ、製薬会社を志望するのか」「なぜ、この企業を選んだのか」「入社後にどのように活躍したいか」の3点を簡潔にまとめることが大切です。 そのためには、業界や企業に関する研究が不可欠。企業ホームページや会社説明会などをうまく活用し、自分に合った製薬会社を見つけるようにしましょう。
また、自分では「うまく書けた」と思っても、他者が読むと分かりにくいことも。書き上げた志望動機は家族や友人など第三者にチェックしてもらうと、さらに分かりやすい文章に仕上げることができるはずです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ