就活の面接で「趣味は読書」と答えていい?答え方のポイントは?

就活の面接で「趣味」を質問されることがあります。そこで迷ってしまうのが「趣味は読書」という回答です。「読書ではダメ」と言われることもあれば、「読書でも問題ない」という主張もあります。
結論から言えば「趣味は読書」と答えてもOK。ただし、企業が面接で趣味を聞く意図を正しく理解しておく必要があります。
そこで今回は、企業が面接で趣味をきく意図を説明すると共に、「趣味は読書」と答える時のポイントを分かりやすく解説します。

就活の面接で「趣味は読書」と答えていい?答え方のポイントは?
目次

企業が面接で趣味を聞くのはなぜ?

趣味から就活生の人柄を見るため

企業が面接で趣味を質問する意図の1つが「就活生の人柄を知る」ということです。
趣味に関する質問はその人の好みや考えを知るためにうってつけです。例えば、読書であれば「1人の時間を大切にしている」「知的な活動に興味がある」といった人柄が垣間見えます。
また、1つの物事に熱中して取り組める人は、自分に合った仕事での活躍が期待できます。そのため、語れるだけの趣味を持っていることも重視されています。

会社の雰囲気に合っているか知るため

企業としては、せっかく入社した社員には長く働いてほしいと考えています。そのため、趣味に関する質問を通じて「会社の雰囲気に合っているかどうか」「会社になじめるかどうか」を知ろうとしていることもあります。
例えば、1人1人が活躍する社風の企業であれば、「読書が趣味なら、自分でコツコツと作業することも苦にならない人かもしれない」と推測することができます。

面接で「趣味は読書」と答えてもいい?

面接で「趣味は読書です」と答えること自体に問題はありません。
なぜなら、採用担当者が知りたいのは趣味から見えてくる「あなたの人柄」や「企業に適した人材か」という2点であって「趣味が何か」ではないからです。
そのため、趣味として読書を挙げるときには、本や読書についての一般的な情報を説明するのではなく、読書体験から「あなた自身」が得たものや経験したことを話すことが大切です。

就活の面接で「趣味は読書」と答える時のポイント

なぜ読書が好きなのかを話す

面接で趣味が読書だと答えるときには、「なぜ読書が好きなのか」も合わせて説明するようにしましょう。
読書を趣味にしている人はたくさんいますが、その背景には「知識を得るため」「リラックスするため」など、さまざまな理由があります。
そして、「知識を得るため」という人は「知的好奇心が旺盛」、「リラックスするため」という人は「自分のストレス解消法をよく知っている」など、回答によって人柄を伝えられるのです。

分かりやすく伝える

読書で自分のことを伝える際には、好きなジャンルや作家を説明するのも効果的です。しかし、採用担当者はあまり読書が好きではない可能性があり、ジャンルや作家には詳しくない可能性があります。
「ちゃんと伝えなければ」と思うと、説明が長くなります。特に知識のある趣味に関してはつい全てを伝えようとしてしまいがちです。
しかし、繰り返しになりますが、趣味の質問で採用担当者が知りたいのは、
・自分の人柄や魅力
・企業に合った人材であること
の2点です。この2つさえしっかり伝えられれば良いため、それ以外の部分は簡潔に説明できるように事前に準備しておきましょう。

読書を通じて得られた知識やスキルをアピールする

趣味について語る際に、読書を通じて得られた知識やスキルもアピールしてみましょう。
読書では本から学んだ知識はもちろん、読書経験を通じて得られた「集中力」や「問題解決能力」などのスキルを得られた人も多いのではないでしょうか。
これらの知識やスキルをアピールすれば、あなたの人柄も伝わりますし、「入社した後に活躍してくれそうだ」と採用担当者に期待してもらえる可能性もあります。

ポジティブな言い回しで伝える

「これと言った趣味はありませんが、しいて言えば読書ですかね…」など、ネガティブな表現で伝えると「主体性がない」「意欲がない」と受け取られてしまいます。また、「趣味が読書なんてパッとしないのでは…」と自信なさそうに話すと、あなたの人柄が魅力的に伝わりません。
読書の楽しさを生き生きと話せば、「熱意のある人だ」と良い印象を残すことができます。ポジティブな言い回しでしっかりと語れるように準備しておきましょう。

まとめ

就活の面接で企業が趣味を質問する意図としては、「就活生の人柄を知りたい」「企業の雰囲気に合った人材かどうか知りたい」という2点が挙げられます。
これらの意図を理解した上で、「趣味は読書」と答えることには何の問題もありません。ただし、読書を通じて「あなた自身」が得たものや経験を話すことが大切です。また、話すときのポジティブな姿勢や言い回しでも、企業にあなたの魅力を伝えることができます。
ただし、趣味についての質問に時間を割きすぎては、他の部分でアピールする時間がなくなってしまいます。簡潔に話せるよう、事前に伝える内容を整理しておきましょう。

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ