マスコミ業界の就職活動~大学生のための業界研究〜

テレビ局や大手の新聞社のようないわゆるマスコミ業界は、昔から学生の人気就職先となっています。しかし、「高学歴でないと難しいのでは?」「人気があって倍率が高そう…」と尻込みしてしまっている就活生も多いのではないかと思います。

マスコミの仕事は、自分の仕事がテレビや新聞という形で全国に発信される、とてもやりがいのある仕事であると言えます。マスコミで働きたいという気持ちがあるなら、「難易度が高そう」と諦めずに、挑戦してみてはどうでしょうか?

どんな企業があるのか、どんな職業があるのか、また業界の特徴などについて、見ていきましょう。

media
目次

マスコミ業界にはどんな種類の企業がある?

メディアを通じて、多くの人々に情報を届けているマスコミ業界。新聞を発行する新聞社、本や雑誌を出版する出版社、通信社やテレビ・ラジオの放送局などがあります。宣伝を行う広告代理店もマスコミ業界です。マスコミ業界で学生に人気のある大手企業を、種類別に見てみましょう。

新聞社

・読売新聞グループ本社
・朝日新聞社
・毎日新聞グループホールディングス
・日本経済新聞社

出版社

・カドカワ
・集英社
・講談社

テレビ局

・日本テレビホールディングス
・テレビ朝日ホールディングス
・TBSホールディングス
・テレビ東京ホールディングス
・フジ・メディア・ホールディングス
・日本放送協会(NHK)

広告代理店

・電通
・博報堂

同じ媒体でも企業によって、伝える情報がばらばらになることは珍しくありません。伝える媒体がなにか、どんな情報を伝えるのかということが企業の特徴になります。

例えば新聞社でも、経済情報に特化した記事や情報を提供する企業からスポーツ、ゴシップ、地域の時事ニュースや動向を報道する企業まで様々です。

マスコミ業界への就職を検討される場合には、それぞれの企業の報道に対する思いを知る必要があります。各社の報道に対する方向性をしっかりと見据えた上で、志望する企業を決定するようにしましょう。

上記を考えた場合、業界研究としてより沢山の報道の形を知ることが必要であり、更には報道機関各社の情報の収集も欠かせません。新卒であればインターン制度などを利用し、その企業の業界内での立ち位置や役割どころをしっかりと見定めておく必要があります。

マスコミ業界にはどんな種類の職業がある?

マスコミ業界には、様々な技能を持った職員が在籍し、様々な職業が存在します。

新聞社

新聞業界なら、新聞記者やカメラマンの仕事があります。実際に現地に行って取材をして記事を作成する仕事です。報道やスポーツ、社会などジャンル別に担当者がいる場合が多いようです。

テレビ業界

テレビ番組の制作に携わる職業には、番組を制作するプロデューサーや現場での出演者の管理を行うディレクター、撮影を行う際には、カメラマンや照明、大道具を製作する人間や出演者に対するメイクマンや衣装係の方なども存在します。

出版社

出版社なら、記事を作成するライターや、数多の記事を管理統括し、良い記事を選別する編集者の仕事があります。更にはその中に差し込む画像を撮影するカメラマンといったように、様々な役割の人間が1つの媒体に関わってきます。

広告代理店

広告代理店なら、グラフィックデザイナー、コピーライター、CMプランナーなどの職種があります。広告の案件を受注する、営業職などもあります。

一般職も

ここまではおおよそ一般の企業の職種とは少し離れた職業を紹介しましたが、一般の企業と同様に自社のPRを行う広報担当者や、全体の社員の管理統括を行う総務の業務なども勿論、マスコミ業界の中にも存在しています。

マスコミ業界の特徴

ハードワーク

企業によって様々ですが、大手のテレビ局や新聞社に関しては、高給であるかわりにハードワークで体育会系な雰囲気の企業が多いようです。常に新しい情報をなるべく早く報道するということが求められる業界なので、勤務時間は長くなりがちです。

職種によっても異なりますが、勤務時間が不規則な仕事が多いのもマスコミ業界の特徴と言えるでしょう。

企業によって求められる知識・技能が異なる

また、マスコミ業界の特徴として、企業の社風によりそれぞれの報道機関の姿勢や必要とする技能、知識が180度変わってしまう点も挙げられるでしょう。

例えば、新聞社にスポットを当てて見た場合、経済情報を取り扱う新聞社では、為替の値動きや各社の開発情報、または重役クラスの人事異動など、一般の報道機関ではおおよそ取り立たされることの無い内容まで細かく報道されています。

スポーツ新聞では、一般の地域紙などでは取り扱うことの無い、あまり知名度の高くないスポーツの情報を扱うこともあります。テレビでも細かく紹介を行わない、国営ギャンブル(競馬・競艇)に対しても、細かい解説や予測を打ち出している媒体も存在します。

マスコミ業界と言ってもそこで必要とされる人材には様々な方向性の違いは存在します。ただ一点、共通しているのはそれぞれの企業の社風に沿って各社が報道姿勢を貫いていると言う点にあります。この点はしっかりと認識した上で企業の選定を行う必要があります。

マスコミ業界への就職対策

業界研究・企業研究をする

マスコミ業界への就職活動を行うと考えた場合、まず初めに取るべき対策は自身が志望する企業が関わる業界研究が第一に挙げられます。この業界研究では主に志望した企業の報道媒体を熟読することは勿論、競合他社の報道媒体等も参考にして、自身の中で情報を取捨選択することが重要となります。

志望理由を明確にする

その中で、自身であればどういった形で情報を提供するか。また、どういった工夫を行うことによって、今までに無い新しい形での情報の提供が行えるか。そういった、報道に対する自分の考えを持っておくことで、志望動機なども明確になってくるでしょう。

専門知識・技術を学ぶ

アナウンサーや映像制作、音響などの専門職につくには、専門知識を学んでおくと有利になります。専門学校などもあるので、できるだけ自分自身で学んでおきましょう。

インターンシップで仕事体験

マスコミ業界は人気の業界で競争率も高いので、どれだけ自身をアピールできるかということも大切なポイントになってきます。

インターンシップで実際に仕事を体験しておくと、実体験に基づいた志望動機が話せるため、他の就活生に差をつけることができます。

まとめ

マスコミ業界への就職については、その他の業種以上の業界研究が必要となります。競合他社との違いもしっかりと説明できるようになってから選考に臨むことで、その他の志望者との差をつけることが出来るでしょう。

他の業界と同様にOB訪問や会社説明会などで働く人の生の声を聞く事はもちろん、志望企業や競合企業の報道媒体を実際に読むという方法で企業の報道を知ることを実践していきましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ