ホテル業界の業界研究、就職活動対策

リッツ・カールトンやホテルオークラ、帝国ホテルなど「おもてなしの最高峰」といったサービス業の中でも特殊なイメージのあるホテル業界。他のサービス業と異なる点が数多くあり、また宿泊だけでなくレストランやブライダル、宴会などさまざまなサービスを展開しているため自分の志望するポジションを明確にするだけでなく、それぞれの内容についても理解する必要があります。また、近年では2020年オリンピックの話題や民泊などの問題についても面接で問われることが多く、「ホテル」単体ではなく宿泊業全体としての理解が求められます。

ホテル業界の業界研究、就職活動対策
目次

ホテル業界の中でも何がしたいのかを明確にする

大手ホテルを志望する場合には、そのホテルがサービスを提供しているものの中で自分はどのサービスを担当したいのかを明確にすることが必要です。必ず面接では「当ホテルであなたはどのようなことを達成したいですか」といった質問が出ます。その際、宿泊なのか宴会なのかといった業種と自分の軸や信念などをからませて話をすることが必須です。とはいえ、自分の志望しない部署への異動もありますし、同じホテル内に勤務するのであれば理解を深めることは必要となりますので、仕事内容や大切にすべきことを理解しておくように気をつけましょう。

宿泊業

ホテルの仕事と言ってまずイメージするのが「宿泊業」だと思います。フロントでのチェックイン・チェックアウトや、客室でのサービスなどがあります。宿泊される方が心地よく過ごせるためのお手伝いをする仕事です。

宴会業

ブライダルも含まれるのが「宴会業」です。結婚式以外にも各企業のパーティや宴会などで会場を使用する際には宴会部の仕事となります。

営業

宿泊や宴会などで自社のホテルを使用してもらえるように、法人に対して営業をする仕事もあります。学生の間はあまりイメージができないかと思いますが、ホテルの稼働率を上げるための大切な役割を担います。

ホテル業界の現状トピックスをチェック

ホテル業界には近年さまざまなトピックスがあります。最低限の問題となっていることや、課題などについては理解をしておくようにしましょう。

2020年オリンピックに向けた国の動き・需要増について

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、外国人観光客や選手・関係者などが数多く日本に滞在することが予想され、ホテルの建設や対応するための人材確保が課題とされています。これは東京都内だけにとどまらず、関東全域においてホテルの建設ラッシュが2017年頃から起こっています。人材と宿泊施設となるホテル以外にもどのような課題が予想されるかを自分なりに考えておきましょう。たとえば英語を話すことのできる人材の確保や、海外のお客様へのサービスが増えるにあたり必要なことなどを回答できるようにしておきましょう。

民泊などの法改正や動き、問題についてもチェックしよう

近年宿泊業界のライバルともなりつつあるのが「民泊」です。騒音や秩序などの問題や、国としての法改正などさまざまな課題はあるものの、近い将来ホテル業への大きな競合となりうることは否定できません。現段階では「民泊」は何が問題であるのか、ホテルが民泊との差別化を図るのであれば何が必要なのか、また共存をするためにはどうすればよいのかなど自分の考えをまとめておく必要があります。

ホテル業界の課題について知る

今後のホテル業界の課題についても押さえておきましょう。大きくは以下の3つの課題があります。

景気による変動を受けやすい

ホテル業界は近年インバウンド需要により外国人観光客の宿泊が増えています。しかし、各国の景気や政策、また東日本大震災のときのように日本の風評被害などさまざまな要因によって宿泊客の変動が大きいのも課題です。そういった要素の中でどのようにして需要の変動をカバーしていくべきなのかのアイディアもあると良いでしょう。

人材不足や建設ラッシュに伴う価格競争

景気回復に伴い、人材不足が大きな課題となっています。建設ラッシュ、またインターネットでの価格比較サイトなどが増えている影響もあり、日本人の国内旅行においても価格競争状態となっているのも課題です。そういった課題に対し、日本人観光客や出張のサラリーマンたちに適正価格で選ばれるための方法や、外国人観光客向けに「和」を感じることのできるサービスの拡充などを行うホテルが増えてきています。

オリンピック後について

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、ホテルの数を増やすべく建設ラッシュ状態ではありますが、その後オリンピックが終了後に需給のバランスが崩れるのではないか、その場合にはどうすればいいのかといったことまで見越したうえで面接で話ができると良いでしょう。

最後に

ホテル業界はドラマやドキュメンタリーなどでカッコ良いイメージが先行してしまいがちです。しかし近年さまざまな課題を抱えているとともに、そのひとつひとつに対し解決策を考えながら目の前のお客様ひとりひとりにしっかりと向き合わなければいけない地道な仕事でもあります。課題に対する自分の意見をもつことはもちろん、地道に物事に取り組む姿勢をアピールすることを心がけましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ