ホテル業界の業界研究、就職活動対策

リッツ・カールトンやホテルオークラ、帝国ホテルなど「おもてなしの最高峰」といったイメージのあるホテル業界。

宿泊だけでなく、レストランやブライダル、宴会などさまざまなサービスを展開しているので、自分の志望するポジションを明確にする必要があります。

また、近年では2020年オリンピックの話題や民泊などの問題についても面接で問われることが多く、「ホテル」単体ではなく宿泊業全体としての理解が求められます。

今回は、ホテル業界の職種やホテル業界が抱える課題、ホテル業界をもっとよく知るための方法などについて解説します。

ホテル業界の業界研究、就職活動対策
目次

ホテルの種類

シティホテル

首都圏にある多くの大型ホテルや有名ホテルは、シティホテルに分類されます。国内や海外からの観光目的で利用されることが多いです。レストラン・カフェ・スパなどが併設されていて、宿泊以外でホテルを訪れる人も多いです。

結婚式場や宴会場があることも多く、シングル・ツイン・スイートなど様々な客室が用意されています。冠婚葬祭やパーティーが開催されることも多く、質の高いサービスが要求されます。

【シティホテルの具体例】
帝国ホテル、ホテルニューオータニ、ホテルオークラ、ザ・リッツカールトン、ウェスティンホテルなど

リゾートホテル

ビーチ・高原・温泉など、リゾート地にあるホテルはリゾートホテルと呼ばれます。ゆっくりと休暇を楽しむために利用されることが多いです。

ルームデザインや食事メニューなども各ホテルが趣向を凝らしたものとなっており、宿泊そのものが目的であるケースも多いです。

【リゾートホテルの具体例】
星野リゾート、ザ・リッツ・カールトン沖縄、ザ・プリンス箱根芦ノ湖など

ビジネスホテル

出張などビジネスシーンで利用されることの多いホテルがビジネスホテルです。宿泊がメインの目的となるため、シンプルなシングルルームが基本となっています。利便性が求められるため、駅から近い立地もポイントとなります。

利便性がよくリーズナブルな価格のホテルが増えていることから、ビジネス利用だけでなく、観光で利用する人も多くなっています。

【ビジネスホテルの具体例】
東横INN、ワシントンホテル、アパホテルなど

ホテル業界でどんな仕事がしたいのか

ホテル業界の仕事はさまざま

ホテル業界には、さまざまな仕事があります。接客業だけでなく、営業や企画、裏方のような仕事などもあります。

どんな職種があるか、どんな業務を担当するかは、ホテルによって多少違いがあります。ホテルのコンセプトや規模によって、サービスも異なります。

やりたいことを明確にする

大手ホテルを志望する場合には、そのホテルがサービスを提供しているものの中で自分はどのサービスを担当したいのかを明確にする必要があります。

必ず面接では「当ホテルであなたはどのようなことを達成したいですか?」といった質問が出ます。その際、宿泊なのか宴会なのかといった業種と自分の軸や信念などをからませて話をすることが必須です。

とはいえ、自分の志望しない部署への異動もありますし、同じホテル内に勤務するのであれば理解を深めることは必要となりますので、ホテル業界の仕事内容については理解しておくようにしましょう。

ホテル業界にはどんな仕事があるの?

宿泊サービス

ホテルの仕事と言ってまずイメージするのが「宿泊業」だと思います。フロントでのチェックイン・チェックアウトや、客室でのサービスなどがあります。宿泊される方が心地よく過ごせるためのお手伝いをする仕事です。

宴会サービス

ブライダルも含まれる「宴会業」。結婚式以外にも各企業のパーティや宴会などで会場を使用する際には宴会部の仕事となります。

営業

宿泊や宴会などで自社のホテルを使用してもらえるように、法人に対して営業をする仕事もあります。学生の間はあまりイメージができないかと思いますが、ホテルの稼働率を上げるための大切な役割を担います。

企画・マーケティング

ホテルで開催するイベントなどを企画する業務です。集客のために、お客様に喜んでもらえるイベントを考えたり、満足度向上のためにサービスの改善についてリーサーチをしたりします。

ホテル業界の現状トピックスをチェック

ホテル業界には近年さまざまなトピックスがあります。問題となっていることや、課題などを理解しておきましょう。

2020年オリンピックに向けた国の動き・需要増について

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、外国人観光客や選手・関係者など多くの人が日本に滞在することが予想され、ホテルの建設や対応するための人材確保が課題とされています。

東京都内だけにとどまらず、関東全域においてホテルの建設ラッシュが2017年頃から起こっています。人材と宿泊施設となるホテル以外にもどのような課題が予想されるかを自分なりに考えておきましょう。たとえば英語を話すことのできる人材の確保や、海外のお客様へのサービスが増えるにあたり必要なことなどを回答できるといいですね。

民泊などの法改正や動き、問題についてもチェックしよう

近年ホテル業界のライバルとなりつつあるのが、「民泊」です。騒音や秩序などの問題や、国としての法改正などさまざまな課題はあるものの、近い将来ホテル業への大きな競合となりうることは否定できません。

「民泊」の問題点や、ホテルが民泊との差別化を図るために何が必要なのか、また共存をするためにはどうすればよいのかなどについて、自分の考えをまとめておく必要があります。

新型コロナの影響は?

ホテル業界は、新型コロナウイルスの感染拡大によりもっとも大きな影響を受けた業界の一つです。インバウンド需要の激減や旅行・移動の自粛により宿泊客が減り、営業が継続できなくなったホテルや旅館も少なくありません。

新型コロナの影響で利用客が減る中、「リモートワーク利用プラン」や「ワーケーション」の推進など新たな取り組みを始めるホテルも増えています。

今後のホテル業界は、感染症対策や新たなサービスの導入など、多くの課題を抱えることになりますが、それだけやりがいのある業界だとも考えられます。ホテルが好きで「なんとかホテル業界を盛り上げたい」という気持ちでより良いサービスの提供を目標にするのもいいでしょう。

ホテル業界の課題について知る

今後のホテル業界の課題についても押さえておきましょう。大きくは以下の3つの課題があります。

景気による変動を受けやすい

ホテル業界は近年インバウンド需要により外国人観光客の宿泊が増えています。しかし、各国の景気や政策、また東日本大震災のときのように日本の風評被害などさまざまな要因によって宿泊客の変動が大きいのも課題です。どのようにして需要の変動をカバーしていくべきなのかのアイディアがあると良いでしょう。

人材不足や建設ラッシュに伴う価格競争

景気回復に伴い、人材不足が大きな課題となっています。建設ラッシュ、またインターネットでの価格比較サイトなどが増えている影響もあり、日本人の国内旅行においても価格競争状態となっているのも課題です。

そういった課題に対し、日本人観光客や出張のサラリーマンたちに適正価格で選ばれるための方法や、外国人観光客向けに「和」を感じることのできるサービスの拡充などを行うホテルが増えてきています。

オリンピック後について

2020年に開催される東京オリンピックに向けて、ホテルの数を増やすべく建設ラッシュ状態でが続いています。「オリンピック終了後に需給のバランスが崩れるのではないか」「その場合にはどうすればいいのか」といったことまで見越したうえで、面接で話ができると良いでしょう。

ホテル業界で求められる人材とは

ホスピタリティマインドが必須

ホテルを利用する人の多くは、施設だけでなくホテル従業員のサービスに対する期待値も高いです。そのためホテル業界では、おもてなしの精神がある人が求められています。

正しい言葉遣いや接客のマナーが身についてることはもちろん、細かい気配りや気遣いができることも重要なポイントとなります。

語学力は有効なアピールポイント

ビジネスや観光などでホテルを利用する外国人も多いため、外国語が堪能だとホテル業界では重宝されます。英語やその他の外国語の資格を取得しておくと、就活の場で語学力をわかりやすくアピールすることができます。

英語の資格なら、おすすめはTOEICです。TOEICのスコアは最低でも600点以上、できれば730点以上を取得しておきたいところです。

自発的に行動できることをアピールしよう

ホテル業界では自発的に考え行動できる人が求められています。お客様に頼まれたことや、上司から言われたことをやるだけでは、上質なサービスは提供できません。

ホテルを訪れるお客様のタイプやニーズは多様です。お客様を観察したり、必要とされていることを汲み取ることも必要です。自ら積極的に動ける姿勢をアピールできれば、高く評価されるでしょう。

ホテル業界についてもっと詳しく知るには

実際にホテルに泊まってみる

ホテル業界への就職を目指すなら、実際にホテルに泊まってみるのがいいでしょう。お客様の視点からサービスを考えるいいきっかになります。

旅行が好きな人は国内だけでなく、海外のいろいろなホテルにも泊まってみることをおすすめします。実際にホテルで働く人たちを間近で見ると、やりたいことやりたくないことも明確になります。

ホテルでアルバイトをしてみる

ホテルのアルバイトは、学生でもできるものが多いです。結婚式やパーティーの配膳やクラークの受付などは、学生アルバイトがほとんどという現場もあります。

ホテルの雰囲気や裏側を見られるいい機会にもなるので、ホテル業界を志望する学生はぜひアルバイトをしてみるといいでしょう。

ホテル業界のインターンシップに参加する

アルバイトよりも、もっと本格的にホテルの仕事を体験したいなら、インターンシップに参加するのがおすすめです。体験できる仕事はホテルやプログラムによって違いますが、インターンに参加すれば、自分の志望する仕事を体験できることもあります。

サマーインターンやウィンターインターンなど、長期休み中だけ参加できるインターンもあるので、ぜひ探してみてください。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!

最後に

ホテル業界はドラマやドキュメンタリーなどで取り上げられることが多く、カッコ良いイメージが先行してしまいがちです。しかし近年は、さまざまな課題を抱えているのも事実。

課題のひとつひとつに対し解決策を考えながら、目の前のお客様ひとりひとりにしっかりと向き合わなければいけない地道な仕事でもあります。課題に対する自分の意見をもつことはもちろん、地道に物事に取り組む姿勢をアピールすることを心がけましょう。



業界研究の方法の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ