バイトの履歴書の学歴欄の書き方

アルバイトの応募で履歴書を提出する際、学歴をどこから書いたらいいのか、アルバイト経験も書いたほうがいいのかなど、迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、履歴書の学歴欄の書き方を解説しますので、履歴書作成の参考にしてください。

バイトの履歴書の学歴欄の書き方

1行目の中央に「学歴」と記し、小学校卒業から書く

履歴書の学歴欄は、まず一行目の中央に「学歴」と書きます。その次の行から、「平成00年0月 ○○市立◇◇小学校卒業」と、小学校の卒業から書くのが一般的です。その際、小学校名は略さずに正式名称を書きましょう。

職歴が多くてスペースが足りない人は、中学の卒業や高校の入学から書き始めても構いませんが、大学生のように職歴がまだない、もしくは少ない場合は学歴欄がスカスカになってしまい手を抜いているような印象になってしまいます。それを避けるためにも、小学校卒業から書き始めます。

中学校までは卒業だけでOK!高校からの書き方は?

小学校と中学校に関しては、義務教育が終了したことが確認できればよいので、どちらも卒業年だけの記載で構いません。転校などで2つ以上の学校に通った場合でも、卒業した学校の記載のみでOKです。

一方義務教育とは異なる高校以降は、浪人や留年、留学などを経験する人も少なくなく、入学から卒業に至るまでの経緯が問われる場合もあります。そのため、入学と卒業の両方を記載します。学校名は小学校や中学校と同じく正式名称で、○○県立◇◇高等学校入学、私立〇〇高等学校などと書きます。卒業の記載をするときも、同校卒業や「〃」などと略さず、正式名称で記入します。

大学は学部、学科まで詳しく記入する

大学の学歴は、大学名、学部、学科に加え、専攻があればそれも書きます。アルバイトの内容によっては大学で学んでいることが活かせる場合がありますので、どんなことを勉強しているのか、どんな専門知識があるのか、語学ができるのかなどが、採用担当者に伝わったほうがいいからです。

自分では役に立つと思っていなかった知識が現場で活かせる場合もあり、何が引っかかるかわかりませんので、できる限り詳しく書いておくのがいいと思います。

浪人や留年などをしている場合、特に明記する必要はありません。休学の経験がある場合は、その期間を明記します。面接では休学の理由を聞かれる場合がありますので、回答を用意しておきましょう。

アルバイト歴がある場合は「職歴」として記入

アルバイト経験を、職歴に書くべきか迷う方も多いと思いますが、職歴として記入してください。特に、応募するアルバイトと同じ業種のアルバイト経験がある場合は、経験者とみなされ採用される確率が上がる可能性があるので必ず書きましょう。

また学生の場合、履歴書だけでは人となりが伝わりにくいですが、これまでのアルバイト経験からどんなことに興味があるのか、どんなことが得意なのかなどを伝えるアピール材料にもなりえます。応募したアルバイトが、これまでのアルバイト経験とはまったく異なるものだったとしても、書いておいたほうがいいと思います。

職歴の書き方は、学歴の下を1行空けて、次の行のセンターに「職歴」と記入します。その次の行から「平成00年0月  △△レストラン アルバイト入社(ホールスタッフとして)」のように、アルバイトをしていたお店や会社の名前、自分の業務内容がわかるように書きましょう。

学歴欄の書き方例を紹介

学歴欄の書き方例を、アルバイト経験がある場合とない場合にわけて紹介します。履歴書を書く際の参考にしてください。ここでは年表記を年号にしていますが、統一されていれば年号でも西暦でもどちらでも構いません。

アルバイト経験なしの場合

      学歴
平成22年3月 ○○市立◇◇小学校卒業
平成25年3月 ○○市立◇◇中学卒業
平成25年4月 ○○県立◇◇高等学校入学
平成28年3月 ○○県立◇◇高等学校卒業
平成28年4月 私立◇◇大学経済学部経済学科入学
現在、◇◇大学経済学部経済学科第4学年在学中

                   職歴
なし
                     以上

アルバイト経験ありの場合

   学歴
平成22年3月 ○○市立◇◇小学校卒業
平成25年3月 ○○市立◇◇中学卒業
平成25年4月 ○○県立◇◇高等学校入学
平成28年3月 ○○県立◇◇高等学校卒業
平成28年4月 私立◇◇大学経済学部経済学科入学
現在、◇◇大学経済学部経済学科第4学年在学中

       職歴
平成28年9月  △△レストラン アルバイト入社(ホールスタッフとして)
平成29年10月△△レストラン アルバイト退職
                      以上

最後に

応募者の第一印象を決める履歴書。空欄が多かったり、履歴書の正しい書き方を無視して適当に書いてあったりすると印象が悪くなります。書き方が分からなかったら調べて、きちんとした履歴書を書き上げましょう。

一度きちんとした履歴書を作成しておけば、次からは更新するだけでよくなります。PCの場合はファイルを保存しておき、手書きの場合もコピーを取っておくと便利です。



大学生活の過ごし方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ