ITパスポートってどんな資格?就活でいかす方法を解説

大学生のみなさん、資格勉強をはじめてみませんか?資格は就活にはもちろん、社会に出てからも役立ちます。

今回は、IT系資格の中でも初心者向けの「ITパスポート」についてまとめます。情報系の学生はもちろん、ITに興味のある学生ならば取っておいて損はない資格です!

【大学生が取るべき資格】ITパスポート編
目次

ITパスポートとは

ITパスポートは「国家資格」

ITパスポートとは「情報処理技術者試験」のひとつで、省略して「iパス」と呼ばれることもあります。

経済産業省が認定している、れっきとした国家資格です。情報処理推進機構(IPA)が試験を運営しています。

「ITパスポート試験」ってどんな試験?

「ITパスポート試験」は、IT(情報技術)に関する基礎知識を問う試験です。プログラミングなどの専門的な知識というよりは、IT(情報技術)に関する基本的な知識を幅広く網羅する内容となっています。

実生活に深く結びついているインターネットやコンピュータの仕組みはもちろん、ITを活用した経営分析なども含まれます。

ITに関する基礎知識を証明する資格として社会人や大学生に人気

就職のために受験する高校生や大学生の受験者が多いですが、転職のために「ITパスポート」を取得する社会人も少なくありません。

近年の著しいIT化に伴い、より需要が高まっていく資格でもあります。実際に、多くの企業でITパスポートの取得が採用活動や社員教育に利用されています。

大学生がITパスポートを取得するメリット

では、具体的に大学生がITパスポートを取得するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

ITについて広範囲の知識が得られる

ITパスポートの取得を通してITに関する広範囲の知識を得ることができます。今の時代、あらゆるサービスにはITが不可欠ですのでITリテラシーを身につけることは仕事だけでなく実生活でも役に立ちます。

例えばインターネットを活用した電子決済の仕組みを知っていれば、AirbnbやUberといった最新のサービスも抵抗なく利用することができます。もちろん、自分でITを使った新しいサービスを立ち上げたいときにもITリテラシーは役に立つでしょう。

就活に役立つ

資格ですので、当然履歴書にも書くことができます。就職活動のときにIT企業へのアピールに役立つことでしょう。

また、ITパスポートは文系の学生でも比較的取りやすい資格です。IT業界に興味があることを証明することもできるので、IT業界への志望理由としても使えます。

ITパスポートはどんな試験?

具体的にITパスポートはどのような試験なのでしょうか?

受験方法・試験形式

受験料は5700円(税込み)で、インターネットから申し込むことができます。

ITパスポートは資格試験では珍しく、会場にもよりますが毎週試験が開催されています。受験したい時にすぐに受けることができるのは大きなメリットです。

試験形式はCBT方式と呼ばれるものが採用されており、受験者はパソコンに表示された問題を回答していきます。就職活動におけるテストセンターやWebテストのようなイメージです。

「ITパスポート試験」の内容

「ITパスポート試験」の出題範囲は、次の3つに分かれています。

①ストラテジ系
②マネジメント系
③テクノロジ系

試験時間は120分で、設問数は100問。合格ラインは6割以上の正当です。

①ストラテジ系
ITを使ったstrategy(企業戦略)に関する分野です。ITだけではなく、SWOT分析や4C分析など、一般的な経営戦略が出題されるので経営を学んでいる学生にとっては得点源になります。

②マネジメント系
システム開発におけるマネジメントに関する分野です。いわゆるシステム開発プロジェクトを率いる「PM(プロジェクトマネージャー)」に必要な知識が求められます。

③テクノロジ系
2進数などのITにおける基礎理論や、ソフトウェア・ハードウェアの専門的な知識が求められます。いわゆる情報系の大学生が学ぶ内容ですので、文系の学生などITに馴染みのない学生は勉強し辛いかもしれません。

問題は全て4択問題です。参考までに、ITパスポートの合格率は40%〜50%です。上位資格である基本情報技術者の合格率が20%〜30%ですので、きちんと勉強すれば比較的簡単に合格することができます。

おすすめの勉強方法

過去問を解く

ITパスポートを取得するためのおすすめの勉強方法は、ひたすら過去問を解くという方法です。例年同じ分野から出題され、問題も非常に似通っています。場合によっては過去問と全く同じ内容の設問が出題されることもあります。

市販の参考書を読むのもよいですが、以下の「過去問道場」で徹底的に過去問を解くのが合格への近道です。

ITパスポート試験ドットコム http://www.itpassportsiken.com/ipkakomon.php

通信講座やスクールで学ぶ

ITパスポート受験用の参考書や書籍もたくさん出版されていますが、「自分一人で勉強するのは不安」「何から手をつけていいかわからない」という人も多いでしょう。

その場合は、ITパスポート受験用の通信講座やスクールなどを利用してみるのがおすすめです。一人で勉強するのが不安な場合は、こうしたクラスを利用するのもいいでしょう。

「ITパスポート」は就活で有利になるの?

「ITパスポート」は就活でどれだけ有利になるのでしょうか?

「ITパスポート」単体ではアピール力は弱い

試験の難易度がそれほど高くないことから、「ITパスポートは就活で有利にならない」という意見もあります。

れっきとした国家資格ではありますが、この資格単体では就活で特別評価されるという可能性は低いことを認識しておきましょう。

ITに関する知識や興味のアピールにはなる

資格としてのアピール力はそれほど高くありませんが、「IT業界に興味があること」や「ITに関する最低限の知識があること」をアピールするにはもってこいの資格です。

IT業界に限らず、今の時代はどんな業界・企業でもITの知識が不可欠です。業務にパソコンを使わないことはほぼありませんし、ほとんどの企業に業務システムの開発部門が存在します。

ITパスポートを持っていれば、「この学生はパソコンやシステムに強そうだ」と評価されやすいので採用の理由にもなりえます。

「ITパスポート」を就活でいかすには

「ITパスポート」の資格を就活でいかすにはどうすればいいのでしょう?

上位資格を取得する

情報処理技術者試験は12のレベル分けがされており、「ITパスポート」はその中でももっとも基本的なレベルの資格となっています。

就活でITの知識や興味をアピールするには、「基本情報技術者」や「応用情報技術者」など、「ITパスポート」よりの上位の資格を取得しておくのがいいでしょう。

企業のインターンシップで経験や実績をつむ

就活で企業の採用担当者にアピールするために「資格」を取得しようと考えている学生は多いでしょう。しかし近年は、資格よりも実践的な経験を重視している企業も増えてきています。

知識を身につけたり資格を取得することも意義のあることですが、企業でのインターンなど就業体験をすることでしか得られない学びもあります。知識と実体験の両方をアピールすれば、就活での評価もかなり高くなるはずです。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!

将来のためにIT人材になろう

いまやITなくしては社会は回りません。あらゆるサービスの裏側でITが活用されています。近年ではAIやブロックチェーンといった技術が社会そのものを変えてしまうのではないかと言われています。

一方で、IT人材の不足も叫ばれています。ガートナージャパン株式会社の調査によると2020年末までに日本のIT人材は30万人も不足してしまうそうです。

将来的にはエンジニアだけではなく、あらゆる職業の人間がITを意識して仕事をしていくことが不可欠になっていくでしょう。そんなときに、ITパスポートを通して身につけた知識は役に立ちます。まさに、時代を生き抜くためのパスポートと言えるでしょう。

情報系の大学生の方はもちろん、将来的にITを活用した仕事に就きたい方は積極的に受験してみましょう。



大学生の資格・勉強の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ