大学生がプログラミングを学ぶべき理由と4つの方法

大学生のみなさん、プログラミングに興味はありますか?ITのめざましい成長と共に、プログラミングスキルの重要性が日に日に増してきています。また、2020年から小学校の教育でもプログラミングが必修化されることもあり、プログラミングのできる人材を社会が求めていることがわかります。

本記事では、情報系の大学生に限らずプログラミングを学ぶべき理由と方法について解説します。

大学生がプログラミングを学ぶべき理由と方法4個
目次

プログラミングとは?

プログラミングについて簡単に説明します。プログラムを作ることをプログラミングと呼びます。しばしばコーディングとも呼ばれます。プログラムというのは、コンピュータのシステムやスマートフォンのアプリなどあらゆる電子機器に組み込まれている、命令語の文章のことです。電子機器はプログラムを読み込み、プログラムに従った動作をします。

プログラムにも日本語や英語のように「言語」と呼ばれる分類があります。C言語、Java、Rubyなど、それぞれの言語に強みや弱みがあり、プログラマーは作りたいシステムやアプリに応じて言語を使い分けることもあります。

なぜ今プログラミングなのか

冒頭でも述べましたが、近年IT化がかつてないほど進んでいます。世界時価総額ランキングを見ても1位〜5位までがすべてIT企業となっているのです。(Apple、Amazon、Microsoft、Google、Facebook)

そして、ITの根幹を支えるのがプログラミング技術です。あらゆるソフトウェア、基盤システム、アプリケーションはプログラムによって動いているのですから必要性は日に日に増していっています。

一方で、ガートナージャパン株式会社によると、2020年末までに日本のIT人材は30万人不足するとも言われています。需要に供給が追いついていない状況が予見されているのです。

大学生がプログラミングを学ぶべき理由

就職に直結する

IT化に伴い、IT業界だけではなくあらゆる業界でIT人材が求められています。そんな時に、プログラミングを習得済みならばIT人材として企業にアピールすることができます。就職に向けてプログラミングを習得するならば、あわせて資格勉強も有効です。「ITパスポート」は初心者でも比較的簡単に取ることができるのでおすすめです。

新しいサービスを実現できる

プログラミングスキルは自身でサービスを実現するときに必ず役に立ちます。近年爆発的に流行している世界的な新サービスといえばAirbnbやUberですが、いずれもITの力なしでは作れなかったサービスです。日本でもメルカリやZOZOTOWNなど、ITの力がサービスの中心となっています。

今後自分で何か新しいサービスをはじめる場合、IT、ひいてはプログラミングの力が不可欠となっていきます。新しいことに挑戦してみたい方はぜひプログラミングを覚えましょう。

論理的な思考が身につく

プログラミングは論理的な思考が身に付きます。というのも、プログラミングは自分が書いた通りにしか動かないので正確性が求められるのです。

かのスティーブジョブズも「この国の全ての人が、プログラミングができるようにならなければいけない。なぜなら、”考え方”がわかるようになるからだ。ロースクールに行くようなものだよ。全員が弁護士になるべきだとは言わないけれど、現実にロースクールに通うことは人生に役立つはずだ。一定の方法で物事の考え方を学べるからね」と言っています。

プログラミングを学ぶには

では、プログラミングを学ぶには具体的にどのような方法があるのでしょうか。

ITベンチャーのインターンシップに参加する

最も手っ取り早く実力をつけるならばITベンチャー企業のインターンシップに参加しましょう。インターンシップならば、給料をもらいつつ最先端のサービス開発に携わることができます。

また、ITベンチャーは急成長を狙うため人手を求めています。初心者でも戦力になってもらうために熱心に教えてくれる企業もあります。

Web教材に申し込む

プログラミングはWeb教材で勉強するのもおすすめです。プログラミングは常に最新技術が求められるので、紙媒体の本では知識の習得が間に合わない可能性があります。

udemyなど、講師がデモンストレーションをしつつ解説してくれるものがおすすめです。受け身で学ぶことができるのでモチベーション維持にも役立ちます。

本を使って独学で学ぶ

最小のコストでプログラミングを学びたいならばやはり本がおすすめです。初心者向けの本であれば簡単なプログラムの書き方や解説が載っています。まずは丸写しでも構いませんので手を動かすことを意識しましょう。

プログラミングスクールに参加する

より高いレベルのプログラミング知識や仲間を求めるのであれば、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。有名所ではTECH CAMPなどがあります。

プログラミングスクールと専門学校の大きな違いは、最新技術を学べるかどうかです。専門学校でもプログラミングを教えてくれるところはありますが、プログラミングスクールの方が新しい言語や活用方法を教えてくれます。

最後に

大学生がプログラミングを学ぶべき理由と方法を解説しました。いまやIT人材は社会に不可欠です。プログラミングに興味のある大学生は積極的に挑戦してみましょう。


この記事を書いた人
かくすけ画像
かくすけ
上場企業でエンジニアとして働くかたわら、エンタメ系やキャリア関連のライティングも行う。趣味はフットサル。
facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ