就活の面接に持っていく持ち物リスト

就職活動の面接に万全の状態で挑むには、事前の準備が大切です。
面接の受け答えの練習だけでなく、必要な持ち物を用意することも重要です。
企業からの面接の案内のメールに持ち物が書かれている場合もありますが、それ以外にも必要なものや持っておくと便利なものがあります。当日余裕をもって行動できるように、これから紹介する持ち物を参考にしてください。

目次
  • 面接に必要な持ち物
  • ├A4の書類が入る鞄
  • ├携帯電話・スマートフォン
  • ├筆記用具・メモ帳
  • ├企業から指定された受付票などの書類
  • ├ハンカチ・ティッシュ・時計
  • └学生証
  • あると面接に便利な持ち物
  • ├折り畳み傘
  • ├化粧直しの道具や整髪料
  • ├ストッキングの予備
  • ├モバイルバッテリー
  • ├印鑑
  • ├常備薬
  • └エントリーシート・履歴書のコピー
  • 忘れ物をしないために
  • 最後に

面接に必要な持ち物

A4の書類が入る鞄

応募書類や企業が配布した書類等を入れるためのA4サイズの鞄を用意しましょう。リュックサックなどではなく、自立できる物の方が好ましいです。女性の方は化粧直しの道具を入れられる余裕があるものをおすすめします。

携帯電話・スマートフォン

日常的に携帯電話を使用している方も多いですが、携帯電話は就活の面接においても欠かせない持ち物です。駅から面接会場への道のりを調べたり、万が一電車が遅延した際の遅刻の連絡などに利用できます。
また、企業からの面接時間や会場の変更の連絡がつくようにするために用意しておきましょう。

筆記用具・メモ帳

連絡事項や企業からの指示などをメモに残せるように筆記用具とメモ帳を用意しましょう。
また、提出する書類に記入漏れなどがあった時のために、書類の記入に使用したボールペンも持っていくことをお勧めします。

企業から指定された受付票などの書類

企業によっては、面接の予約を電話やインターネットで行い、当日に受付表の提出を求められる場合があります。受付表を事前に印刷し、他に指定された書類と一緒にクリアファイルで保管しておきましょう。

ハンカチ・ティッシュ・時計

これらの持ち物は社会人のマナーとなります。持っていないと、最低限のマナーさえも守れない人と思われてしまうこともあります。
手が濡れたままトイレから出てくることや、スーツで手を拭くのはマナー違反とされます。
時計は入社後も必ず必要になるため、装飾が派手でないアナログのものを選びましょう。

学生証

学生証は身分を証明するために必要な持ち物です。学生証の提出が必要な企業もあるため、財布に入れておくなど常に携帯しておきましょう。

あると面接に便利な持ち物

折り畳み傘

天気予報では雨が降らない予報でも、急に雨が降ってくることがあります。濡れたまま面接を受けるのは好ましくないため、折りたたみ傘を用意しておきましょう。

化粧直しの道具や整髪料

就活の時期に真夏日になることもあります。汗で化粧や髪型が崩れたりすることがあるため、用意しておいて損はないです。

ストッキングの予備

ストッキングは破れたり、伝線したりしやすいです。履いているものが破れた時のために予備を用意しておくとよいです。

モバイルバッテリー

携帯電話やスマートフォンは使用している期間が長くなると電池の消耗が早くなることがあります。電車の中で企業の情報を確認したり、地図を確認することで電池は消耗していきます。電池が切れて面接会場への道のりがわからない、連絡が取れないといったことがないように予備のバッテリーを用意しましょう。

印鑑

書類の押印忘れや、企業に押印を求められることもあります。朱肉も自分で用意しておくと安心できます。

常備薬

就活の面接は自分の今後の人生に影響するものなので、プレッシャーを感じ緊張してしまう人も少なくないです。緊張で頭痛や胃痛などを引き起こす可能性がある方は、症状を緩和・解消できる常備薬を持ち歩くとよいでしょう。

エントリーシート・履歴書のコピー

企業は提出されたエントリーシートや履歴書をもとに質問をしてきます。コピーを用意し、面接当日の待ち時間に確認することで質問されたときに矛盾が生じないようにしましょう。
また、コピーを改めて読み、事前にどこを掘り下げて来るかを予測し答えを考えることが面接に役立つこともあります。

忘れ物をしないために

当日に忘れ物を取りに戻ったり、慌てないように前もって準備することが大切です。
前日までに持ち物リストを作成し、リストを基に前日の夜に準備をしましょう。
また、スムーズに電車の乗り降りができるように交通電子マネーに事前に運賃をチャージしておくとよいです。
前日までに準備できることは早めに実行することをおすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか。
面接に持っていく物の参考になれば、幸いです。
しっかりと準備をして万全の状態で就活の面接に挑めるようにしましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ