面接時間が短いのは合格フラグ?面接が早めに終わった時の理由とは

就活の面接の時間は、正確には他人と比べることはできません。しかし、なんとなく「他の人よりも自分は短い時間で終わった気がする……」「ひとつ前の人の面接時間よりも自分は明らかに長い!」などと気になることがあるのではないでしょうか。面接時間の長さで、「合格フラグ」なのか、あるいは「不合格フラグ」なのかは判断できるものなのでしょうか?

面接時間が短いのは合格フラグ?面接が早めに終わった時の理由とは
目次

面接時間は何に左右されるのか?

そもそも、面接の時間は「おおむね30分程度」などと決まってはいるものの、当然ひとりひとり異なります。しかし、どのようなときに面接時間が長くなり、どのような時に短く終了するのかは、当然企業や面接の担当者、またその人の回答にもよって変わるため、一概には判断することができません。とはいえ、雰囲気がよくて盛り上がったとか、面接担当者がそっけなくてすぐに終わったとか、そういったことから合否への影響は気になってしまうかもしれません。

面接時間が短いのは何を意味するのか

あまりにも面接時間が他の人と比べて短かった場合、ポジティブな方は「もう内定が決まっていたんだ」と考えるかもしれませんし、ネガティブな方は「面接するまでもないと思われているんだ……」と落ち込んでしまうかもしれません。当然、それぞれの状況により面接時間が短い理由はことなります。面接時間が短いからといって面接官の印象がよい「合格フラグ」場合もあれば、時間をかけるまでもなく不採用だからという場合もあります。

逆に面接時間が長い場合には何を意味するのか?

しかし、面接時間が長い場合には、ある程度その理由を絞り込むことができます。たとえば、その学生に内定を出すか出さないか、企業側がとても迷っている場合や他の候補の人もいるなかで誰か1人にしか内定を出せないのでどちらにするか迷っている場合などです。この場合は、最後にどの候補者を選ぶのか見極めが必要なため、さまざまな質問を投げかけて話を聞こうとするため、面接時間は長くなります。もうひとつは、ほぼ内定を出すことが決まっているけれど、何かしら懸念点があって、その懸念を払拭するために色々質問をして吟味したいと考えている場合です。「とても優秀な学生だとは思うけれど、ここだけどうしても確認しておきたい……!」という場合には、企業側が気になっているポイントに照準をしぼり、その人のホンネや能力に関する質問をたくさんするために面接時間は長くなります。

「合格フラグ」「不合格フラグ」として判断しても良いのはどんな場合?

企業やその人の状況、さらには他の候補者なども関係してくるためになかなか「合格フラグ」かどうかの判断が難しいことにがっかりされたかもしれません。しかし、100%ではありませんが、「この場合なら合格フラグ・不合格フラグ」と言える場合がいくつかあります。

自己アピールの内容と企業の求めるスキルがマッチした場合

まずは、「自己アピールの内容と企業の求めるスキルがマッチした場合」です。当然、そうなるように自己アピールを検討しているとは思いますが、それでも無理矢理合わせようとしている場合、面接担当者にはバレてしまいます。しかし、本当に自分が得意とすることや、これまでに経験してきたことが企業の求める人材ヤスキルにマッチしている場合、面接の最中に面接官のリアクションで好感触だと思えるはずです。たとえば、これまでの経歴や保有資格について聞いたときに食いついてくる、詳しく聞いてくるなどです。

面接官がメモを取らない、あるいはマナーや身だしなみについて指摘される

基本的に面接官は複数の学生を選考し、内定を出す学生を決めます。そのため、面接の最中に感じたことや受け答えの内容をメモし、全ての選考が終了後に全員を比較します。しかし、面接の最中に全くメモを取らない場合は要注意です。面接官が社長で、社長が全て決めている……などの場合はメモを取らない可能性もありますが、ほとんどないでしょう。さらに、面接前後にあなたのマナーや身だしなみなどについて苦言を呈したなどの場合はさらに「不合格フラグ」の可能性が出てきます。黙って不採用にすることもできるのに、わざわざ指摘するということはよほど目に余るということです。かなり悪印象であることがうかがえます。

とはいえ、本当の合否は最後までわからない

今回は「合格フラグ」「不合格フラグ」の見極め方についていくつかの例をもとにご紹介しました。ある程度は面接時間の長さや、面接での企業担当者の反応でわかるかもしれません。しかし、本当の合否は最後の最後までわかりません。大切なことは、面接時間や面接官の反応に一喜一憂せず、自分としてどうだったかを振り返り、次の面接に活かすことです。

最後に

面接が終了したあとは、「あの回答でよかったのか……」「印象は悪くなかったか……」といろいろと振り返ってしまうもの。しかし、面接が終了したあとは何を考えても変わりません。反省は次に生かし、合否の判断をどっしりと構えて待ちましょう!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ