グループディスカッションでよくあるテーマって何?どんな対策をすべきかも併せて紹介

就活の面接の1次選考などに多く用意されている「グループディスカッション」。ある程度質問が想像できる面接と異なり、どのようなテーマがあるのか、一緒のグループのメンバーはどんなタイプの人なのかが事前に予想できないため、苦手意識を持っている方も多いのではないでしょうか。さらに、何を基準に選考しているのかもわからないため、準備や対策の仕方が分からない方も多いかもしれません。そこで今回はグループディスカッションでよくあるテーマや対策の方法について伝授いたします。

グループディスカッションでよくあるテーマって何?どんな対策をすべきかも併せて紹介
目次

グループディスカッションは何をみるためにやるの?

そもそも、なぜ面接の1次などではよくグループディスカッションを行うのでしょうか。一度に多くの学生を見ることができる……というのはなんとなくイメージできますが、何をみているのかはわからないことも多いと思います。もちろん、企業によりグループディスカッションの選考基準は異なりますが、多くの場合「協調性」「リーダーシップ」「役割分担の仕方」「集団での振る舞い方」などを見ていることが多いと言われています。リーダーをやった人しか採用にならないというわけではもちろんなく、与えられたグループの中で自分はどのようなポジションに就くとスムーズに場がまわるのかを見極めることができているかが大きなポイントとなります。もちろん、優秀なリーダーっぷりを発揮できればそれはプラスポイントとなります。

グループディスカッションのテーマでよくあるのは?

それでは、グループディスカッションのお題・テーマでよく出題されるものを見ていきましょう。たとえば。「働くことの意味って?」、「理想の社会人はどんな人ですか」といったビジネスにまつわるものから、「無人島に持っていくとしたら何?」「仕事で大切なのは効率?それとも質?」といった実際にはあまりありえないシチュエーションでの想像系や究極の選択系、「コンビニの売上を2倍にするためにはどうすればいいか」といったコンサル系などがあります。おおまかにいえば、以下の2つのジャンルに分けることができます。

賛成派と反対派で議論する形式

まずは、「仕事で大切なのは効率?それとも質?」「愛とお金のどちらが大事?」といった、2つの派閥に分かれて戦う系です。賛成派と反対派で議論する場合もあります。この場合、どちらか正解の方のチームにいればいいというものではなく、最終的にグループとして全員が納得するように賛成派と反対派で意見を出し合い、1つの答えを導き出せるかどうかがポイントとなります。議論の最中に自分とは異なる意見を持つ人を批判・否定するのではなく、「相手はなぜそう思うのか?」をきちんとヒアリングできているかどうかは見られているポイントです。

1つの答えを出す形式

「理想の社会人はどんな人ですか」、「残業をなくすために必要なことは?」などのように、1つの答えを出す形式もあります。こちらも最終的にグループで導き出した答えが正しいかどうかではなく、その過程でどのようにその1つの答えにたどり着いたかが評価ポイントとなります。できだけ全員の意見を吸い上げることができているかどうかは、リーダー役の人だけでなく、他の人も協力し合わなければ実現できません。

グループディスカッションの対策はどうする?

そんなグループディスカッションですが、1人で自宅ではなかなか対策を行なうことは難しいと思います。グループディスカッションが選考にあることが分かった場合には、以下のことを意識してみましょう。

自分の意見だけでなく周囲の意見も聞く

自分の意見をガンガン押し通すことが良いわけではありません。あくまで「グループで1つの回答を導き出す」ための過程を見ている選考です。自分の意見もほどよく伝えつつ、できるだけ全員の意見を議論にあげた上でどのような答えを導き出すべきかを考えるように意識しましょう。

はっきりと大きな声で話す

グループディスカッションの選考は1つの部屋で複数のグループが同時に話し合いをしている中で人事担当者がその様子を見てまわることが一般的です。自分の意見を言っていたとしても、声が小さすぎてはその内容が人事に聞こえません。適切な声量ではっきりと大きな声で話すことを心がけましょう。

態度や周囲からの印象にも注意する

よく就活生がグループディスカッションで失敗してしまいがちなのは、自分がアピールすること・意見を言うことに必死過ぎて態度が悪くなりすぎてしまうことです。あくまで選考の一環であることを忘れてはいけません。人の話をさえぎってまで自分の意見を言うことや、必死すぎて表情が硬くなっている場合などは要注意です。互いに意見が出しやすい雰囲気でのディスカッションを心がけましょう。

最後に

グループディスカッションは対策も事前準備もしにくいことから苦手意識をもっている方は多くいます。今回ご紹介したような内容を意識して、「良い雰囲気で楽しく意見を交換し合う」ことを心がければ怖くありませんよ!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ