【例文】新卒向け事務職の志望動機作成のコツと書けない時の対処法

就活のES(エントリーシート)や面接で必ず聞かれる志望動機ですが、「志望動機が書けない」「何を書けばいいのかわからない」と悩んでいる就活生は多いです。

とくに事務職は新卒生に人気の職種ですが、仕事が具体的にイメージできず、志望動機作成で困ってしまう方も少なくないと思います。

そこで今回は事務職にフォーカスし、志望動機作成のポイントや志望動機が書けない時の対処法について解説します。作成のポイントや例文を参考に、説得力のある志望動機を作成していきましょう。

【例文あり】事務職の志望動機の書き方のポイント
目次
  • 事務職の志望動機作成のポイント
  • ├事務職の内容を理解する
  • ├その企業の事務職に求められているスキルや要素をリサーチする
  • └なぜその業界・企業を志望するのかを明確にする
  • 事務職の志望動機の例文
  • ├業界を志望した理由から志望動機を作成する
  • ├企業理念から志望動機を作成する
  • └自分自身が事務職として取り組みたいことから志望動機を作成する
  • 志望動機が書けない時の対処法
  • ├事務職に求められるスキルを調べてみる
  • ├インターンシップに参加する
  • └内定者の志望動機を参考にする
  • 最後に

事務職の志望動機作成のポイント

事務職の内容を理解する

事務職は、一般事務・営業事務・総務事務・人事事務・経理事務などがあり、非常に幅の広い職種です。

例えば一般事務でも、業務内容やカバーする範囲は企業や部署により異なることも多いです。自分に任せてもらえる仕事はどういったものなのかをしっかり理解し、その業務に合わせた志望動機を書きましょう。

その企業の事務職に求められているスキルや要素をリサーチする

事務職はサポート業務だと思っている方もいるかもしれませんが、例えば経理ならば会社の決算業務などを扱ったりするので、責任は重く、時にリーダーとしての役割を与えられることもあります。その場合は責任感などをアピールする必要もあります。そのためにも仕事内容はしっかりしておきましょう。

コミュニケーション能力がある人が求められている職場もあれば、スピーディーに正確な作業ができる人が求められている職場もあります。事務職に求められるスキルや要素は企業により異なるため、OB・OG訪問やインターンの機会を活用して、求められる人物像をリサーチしておくといいでしょう。

なぜその業界・企業を志望するのかを明確にする

事務職は業務内容が似ていることが多いため、「なぜその企業なのか?」を問われることが多いです。その企業で事務職として働きたい理由を明確にしておき、できれば志望動機に盛り込みましょう。

業界を志望する理由から、企業を志望する理由へと関連づけることも可能です。業界や企業を志望する理由は面接で深掘りされる可能性が高いため、しっかりと答えられるようまとめておくのがいいでしょう。

事務職の志望動機の例文

これまでのポイントを押さえて、業界と企業を選んだ理由をしっかり伝えましょう。

業界を志望した理由から志望動機を作成する

業界の社会における役割をベースにして、数字や指標なども盛り込みながら、その業界を選んだ理由を書いてみてください。

【例文】
私は社会のたくさんの人の役に立てる業界で働きたいという気持ちを持っています。

現在、日本のモバイルとPCの稼働台数は約2億台と言われており、人口よりも多い台数のモバイルやPCが私たちの生活を支えています。しかもそれは日本に限ったことではなく、全世界においてもPC出荷台数が6年ぶりの成長を記録しており、世界中の人々が必要としているインフラとなっています。

そして業界トップの技術力を誇る貴社でなら、最先端の技術に関わる仕事ができます。IT業界で働きさらなる発展に貢献することで、私の目標も叶えられると考えIT業界を志望しました。

企業理念から志望動機を作成する

次は企業理念です。会社はこの企業理念に基づき、運営されています。自分自身の方向性と企業理念が近いということをしっかりアピールしましょう。

企業理念は大事なのですが、企業理念だけでは他社との差別化を図ることができません。そこで、企業が力を入れている分野や取り組みについて具体的に書くことが大切になってきます。

こちらもホームページにしっかりアピールしてありますので、しっかり拾い上げて文章にまとめましょう。

【例文】
貴社の「お客様の価値向上につながる“コミュニケーション・システムインテグレーター”であること」という企業理念に深く共感しました。

さらに貴社はICT(情報通信技術)分野において長年培ってきた技術をベースに、企画、コンサルティング、システム設計、SI( システムインテグレーション)、施工ならびに、運用・保守、アウトソーシングといったサービス分野までを、お客様にワンストップで提供されています。

貴社は上位資格を持つIT技術者を600人以上、サポートセンターやデータセンターなどのサポート機能も全国に400カ所、通信インフラからオフィス設備までの施工を支える人員が1400人という規模を誇り、お客様に安心していただける体制を整えていることに魅力を感じました。

また規模だけではなく、ワークスタイル改革ソリューションEmpoweredOffice(エンパワードオフィス)に力を入れており、育児や介護のための在宅勤務をはじめ、オフィス内からさらに場所を越えた働き方を支援していることにも魅力を感じました。

私が目指しているお客様に喜ばれるサービスを提供できる会社であると考え志望しました。

自分自身が事務職として取り組みたいことから志望動機を作成する

事務職を希望しているのであれば、志望動機がありがちな内容にならないように気を付けましょう。

希望している会社の事務職はどのような動きが期待されているのか、十分に理解してから書くことです。少しでも不明点があれば、先輩の声なども参考にしてみてください。

【例文】
私は貴社の事務職として技術者の皆さまをサポートできるような仕事にチャレンジしたいと思います。

データ処理などの業務は常にミスのないように最新の注意を払って行い、納品書や発注書などの書類はお客様との信頼に関わる書類ですので、丁寧かつ迅速に作成したいと考えております。

そして何より、営業職や技術職の方々としっかりコミュニケーションを取り、自分が今何をすべきかをしっかり考えて行動したいです。

志望動機が書けない時の対処法

事務職に求められるスキルを調べてみる

アルバイトやインターンで事務職の経験がある場合は、その経験をもとに志望動機を作成するのもいいでしょう。しかし新卒の場合は、事務職の経験がない人がほとんどだと思います。未経験だと事務職のやりがいや楽しさをベースに志望動機を作成するのは難しいでしょう。

事務職が未経験の場合は、次のようなポイントで志望動機を作成する人が多いです。

・パソコン作業が好き
・サポート業務にやりがいを感じる
・コミュニケーション能力をいかせる仕事がしたい

事務職には、基本的なパソコンスキル、コミュニケーション能力、電話・メール対応のマナー、幅広い業務に対応できる能力、などが求められることが多いです。事務職に求められるスキルを調べて、自分に当てはまるものがあればそのスキルをいかした仕事がしたいという書き方をするのもいいでしょう。

インターンシップに参加する

事務職を志望しているなら、事務の仕事が体験できるインターンシップに参加してみることをおすすめします。インターンで事務職を体験することで、それまで想像していなかった仕事のやりがいや楽しさに気づく人は多いです。

実際にオフィスを訪れたり、インターン中に社員の方と交流することで、企業や職場の理解も深まります。インターン中に気づいた企業の魅力をベースに志望動機を作成することも可能です。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!

内定者の志望動機を参考にする

やりたいことや志望企業は明確になっているのに、納得いく志望動機が書けないという方もいると思います。その場合は、内定者の志望動機を参考にするのがいいでしょう。

内定者の志望動機を読んでみることで、文章のまとめ方やアピールの仕方がわかってくるはずです。同じような内容にしたりコピペをしたりするのはNGですが、良い部分を吸収して自身の志望動機作成に役立ててください。 【内定者の志望動機集】

最後に

事務職希望のみなさんは、他の職種よりも仕事のイメージがつきにくく、また複数の業界を受ける人も多いため、志望動機作成で苦労するかもしれません。是非、今回挙げたポイントを押さえて人事をうならせる志望動機を作成し内定をゲットしてください。

記事と関係する「事務系」の新着インターン!


志望動機の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ