【例文付き】志望動機で「企業理念」について書く時のポイント

志望動機として「企業理念に共感した」ことを挙げる就活生は少なくありません。だからこそ、企業理念を志望理由にする時には採用担当者の目に留まるような一工夫が必要です。
今回は志望動機で「企業理念」について書く時のポイントと例文を詳しく解説します。

【例文付き】志望動機で「企業理念」について書く時のポイント
目次

志望動機を「企業理念」にしてもいい?

具体的な内容を提示できればOK

志望動機に「企業理念」への共感などを挙げることに問題はありません。
そもそも「企業理念」とは、その企業が社会に対してどのような役割を担い、責任を果たしていくかを言葉にしたものです。企業理念に共感できない人が入社してしまうと、入社した人にとっては価値観や考えのズレが苦痛になってしまうでしょうし、企業としても同じ目標をもって働くことが出来ずに困ってしまいます。
しかし、単に「企業理念に共感した」というだけでは、「企業理念をどういう風に理解したんだろう?」「企業理念のどんなところが心に響いたんだろう?」と疑問を抱いてしまいます。そのような企業の疑問を解消できるような具体的な内容を加えて提示することが大切です。

「どこでもいいのでは」と思わせないことが大事

「企業理念に共感しました」という文章だけでは、他の企業の志望動機に使いまわすこともできてしまいます。
また、類似した企業理念を掲げている会社も少なくありませんので、「他の会社でもいいんじゃないか?」と思わせてしまうこともあります。
そのため、志望動機に「企業理念」を用いる場合には、「他のどこでもなく、この企業に入社したいんです」という気持ちをしっかり伝えられる文章に仕上げることが求められます。

志望動機で「企業理念」について書く時のポイント

企業理念が自分の心に響いた理由を書く

志望動機で「企業理念」を用いる場合には、「なぜこの企業理念に共感したか」「どうして自分の心に響いたのか」など答える文章を書きましょう。
例えば「お客様も社員も笑顔に」という企業理念に共感した時には、「私は貴社の『お客様も社員も笑顔に』という企業理念に共感しました。私も家族や友人など身近な人を笑顔にすることで幸せを感じるからです。」など、自分自身の価値観や信念と一致することを示せると良いでしょう。

「この企業だから」という点を書く

先ほど説明した通り、「他のどこでもなく、この企業に入社したい」という思いを伝えることも大切です。
そのためには、企業に関する情報を集めておかなくてはなりません。特に企業のホームページではサービスや事業内容だけでなく、代表者の挨拶などに企業独自の価値観や文化が込められていることがあります。
他の企業とは異なる独自性を見つけた上で志望理由として盛り込むと、「この人は本当にこの企業を選んでくれたんだな」と感じてもらうことができます。

インターンや会社説明会での具体的な体験を取り入れる

志望する企業のインターンや会社説明会に参加した場合には、そこでの経験を取り入れてみましょう。
例えば「私は貴社のインターンに参加させていただきました。社員の皆様の笑顔はとても素敵で私まで笑顔になり、『お客様も社員も笑顔に』という理念が浸透していることを感じました」など、具体的な体験を盛り込むと、オリジナリティと説得力のある志望動機を書くことができます。

志望動機で「企業理念」について書く時の例文

例文1

私が貴社を志望した理由は、貴社の「常に新たな第一歩を踏み出す」という企業理念に魅力を感じたからです。貴社のホームページで現状に留まらずに新たな事業を展開している様子を拝見し、強い感銘を受けました。私は新しく挑戦することが好きなので、貴社のような新しい挑戦を支えてくれる環境で働きたいと考えています。

例文2

私は貴社の「1人1人が主人公になれ!」という理念に感銘を受けました。特に貴社サイトで〇〇社長の言葉である「主人公は責任があるが、責任があるからこそ楽しい」という言葉から、社長自身も1人の主人公として大きな責任を背負いつつも、楽しんで仕事に取り組んでいるのだと感じました。私も大学時代にはサークルでリーダーとして活動し、苦しい体験もありましたが、最後には充実感を抱いたことを思い返しました。仕事でも同じように責任をもって楽しく働きたいと思い、貴社を志望いたしました。

業界別!難関企業内定者の志望動機集
ダウンロードする(無料)

最後に

志望動機欄では企業に対して「他ではなく、ここで働きたい」という気持ちをしっかりと伝えることが大切です。他の企業でも通用するような内容だと「じゃあ、そっちの企業に行けばいいのでは?」と感じさせてしまい、採用担当者が興味を失ってしまう可能性が高くなります。
企業理念に関する志望動機を書いたら、ぜひキャリアセンターなどで第三者から添削を受けてみましょう。客観的な視点から、どういう風に感じるかを教えてもらうことで、より確実に気持ちを伝えられる志望動機を書き上げることができるはずです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ