東京海上日動火災保険会社【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

東京海上日動火災保険の内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

東京海上日動火災保険会社は損害保険業を行っている4大損害保険会社(東京海上日動火災、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上火災、あいおいニッセイ同和損保)の一つです。
東京海上日動火災は3大損保グループ(MS&ADインシュアランスグループHD、東京海上HD、SOMPO HD)の一つである東京海上ホールディングスの中核を担っています。
設立は1879年で、従業員数は17,368名(2017年3月31日現在)です。

内定者のES一覧

東京海上日動火災保険

東京海上日動 2020卒,総合職内定者エントリーシート

(1) 大学時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げてください。 (150文字以内)

① ラクロス部で1軍に上がること ② ラクロス部で後輩の育成 ③ 飲食店でのアルバイト

上記(1)でお選びいただきました取り組みに関して、活動期間、役割、人数等具体的なイメージができるように内容を教えてください。 (250文字以内)

私はラクロス部で1軍に上がり試合で活躍することを目標としていました。選手が60人ほどおり、1~3軍に分かれています。それぞれの人数は20人ほどで、毎週選手の入れ替えがあります。チーム分けに混ざるのは2年生からで、私は最初2軍だったのですが、怪我で3か月ほど練習を抜けて復帰してから3軍に落ち、その後は2軍にすら上がれずに2年生を終えました。3年生になって2軍に上がることはできたものの、1軍に上がることはできませんでした。月に1回程コーチと面談をしながら、

東京海上日動 2018卒,総合職内定者エントリーシート

大学時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げてください。(150文字以内)

・予備校アルバイトの生徒募集リーダーとして取り組んだ、広報と営業活動
・交換留学時の現地学生5人とのチームプロジェクトにおける、存在感発揮への取り組み
・ゼミ活動において、教授の厳しい指導に対して士気が下がっていたメンバーの鼓舞

お選びいただきました取り組みに関して、活動期間、役割、人数等具体的なイメージができるように内容を教えてください。(250文字以内)

私は予備校で1年次からアルバイトを始め、2年次に生徒募集リーダーに任命された。スタッフは20名ほどで、うち5人が生徒募集チームに所属していた。主な担当業務は、チラシ配布などの広報と、保護者面談などの営業であった。またリーダーとして私は1年間、

東京海上日動 2017卒,ITSpec職内定者エントリーシート

■あなたが学生時代に力を入れて取り組んだことは何ですか?併せてその理由、取り組みの過程、成果(得たもの)などを具体的にお聞かせください。 (500文字以内)

アカペラの全国大会出場を目指したことが最も力を注いだことだ。長年所属サークルから全国大会出場を達成するグループが存在しなかったため、目標に掲げ、自ら声をかけグループを結成した。全国大会までの過程は、必要な実力をつけることに最も苦労した。特に最初の2年間は上手くいかなかった。 私の立ち位置は、演奏者として自分も光り、かつリーダーとしてメンバーをまとめるものであったが、上手くいかない原因は私のまとめ方にあった。具体的には、「目標があるのだから、こうするべき」という自分の視点を相手に求める傾向があり、メンバーに合った方法を模索できなかった視野の狭さにあった。 幸運なことに、メンバーが私のことを思い視野の狭さを指摘してくれた。指摘をもらってからは「意見に対する風通しを良くすること」に注力した。意見の示し方は十人十色だが、

東京海上日動 2017卒,総合職内定者エントリーシート

大学時代に力を入れて取り組んだことを3つ挙げよ(150字)

・低所得者向けの学生運営の個別指導塾の立ち上げと運営
・開発学に関する理論学習(フランス留学)
・開発学に関する実務学習(セネガル現地NGO・JICAでのインターン)

最も力を入れた取り組みに関して、活動期間、役割、人数など具体的なイメージ出来るよう内容を述べよ(250字)

私は大学一年生の6月から三年間、低所得者向けの学生運営の個別指導塾の教室長として、塾の立ち上げと運営に関わりました。きっかけは、大学入学時にお世話になっていた方が起業する際に、私に声を掛けて下さったことで、

東京海上日動 2016卒,グローバル職内定者エントリーシート

■学生時代に頑張ったことを3つ

①大学で1番難関とされるゼミに所属し、ゼミ生15人で書き上げた22万字の共同論文。
②アメリカミネソタ大学への1年間の交換留学中、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ