広告・マスコミ業界のES(エントリーシート)

広告・マスコミ業界のES(エントリーシート)

広告・マスコミ業界のES(エントリーシート)、選考レポートを公開しています。
大手広告代理店やテレビ局、新聞社等のESを多数掲載しています。広告・マスコミ業界を志望する学生はここでES、選考の記録をチェックして就活に備えましょう。

広告代理店の収益は主に2つあります。
一つはメディア(テレビ、ラジオ、新聞など)から広告枠を買い取り、広告主である企業に販売することで得る手数料です。 二つ目は広告主とともに販売戦略を立て、商品、サービスの告知するイベントやセールスプロモーションを企画・運営する広告制作費です。
近年、インターネット広告の普及によって広告の多角化が起こっています。動画アプリやSNSなどの合間に表示される動画広告が普及するなど広告業界に大きな変化をもたらしています。
マスコミ業界は主に1.テレビ、2.新聞、3.出版に分けられます。広告代理店を含む場合もあります。
1.テレビ業界は民間放送と公共放送に分けられます。
民間放送のテレビ局は視聴者に対して無料で番組を放送する代わりに、スポンサーから広告料をもらっています。それに対して公共放送のテレビ局(NHK)は視聴料や寄付などを主な収入源にしています。
2.新聞業界は新聞の購読者から得られる購読料と新聞に掲載されるスポンサーからの広告料を主な収入源としています。
3.出版業界は出版社が作った雑誌や書籍を出版取次(出版社と書店をつなぐ流通業者)が書店へと渡り販売されます。 現在、出版社は自社のコンテンツをインターネットで有料配信することで収益を得るなど、デジタル化による収益モデルの変化が見られています。

カテゴリー
広告・マスコミ業界のES(エントリーシート) の記事一覧
     1 | 2