OB訪問での服装はどうする?気を付けるべきこと22

興味のある企業で働く社員の話が個人的に聞ける、絶好の機会であるOBOG訪問。基本はリクルートスーツと鞄で行けば間違いありませんが、その際に気を付けるべきことは何でしょうか?
また、私服を指定されてお困りの方もいるかも知れません。ここでは、スーツと私服、それぞれの服装での気を付けるべきことをポイントごとにご紹介します。

OBOG訪問での服装はどうする?気を付けるべきこと22

スーツで行くときの気を付けるべきことは?

OBOG訪問に、スーツで行くときに気を付けるべきポイントをご紹介します。

リクルートスーツを着用

先方から服装の指定がない場合は、平日、休日関係なく、リクルートスーツで行きましょう。

シャツは清潔感のある白がよい

パステルカラーのシャツや、控え目なストライプ柄のシャツでも問題ありませんが、一番無難で、就活生らしく見えるのは白いYシャツです。

ネクタイは落ち着いた色・柄を選ぶ(男性)

派手な印象を与える色や柄は避け、落ち着いた紺やグレーのネクタイを選びましょう。無地や、控えめなストライプ柄が好ましいです。

靴下は黒か紺、グレーが望ましい(男性)

白の靴下を履くとスーツが学生服に見えてしまうので、座った時に見えてもおかしくない、黒、紺、グレーの靴下を選びましょう。スニーカータイプの短い靴下だと、座った時に肌が見えてしまうので、ある程度長さのある、ビジネスタイプを選んでください。

ストッキングは必ず着用しよう(女性)

ビジネスシーンでは、素足は失礼にあたるのでストッキングの着用は必須です。色は、素肌の色に近いナチュラルなベージュが無難です。

シワや汚れは取り除き清潔感を出そう

リクルートスーツを着ていても、シワシワだったり、汚れがあったりすると清潔感がないなと思われてしまいます。汚れていたらクリーニングに出したり、シワはアイロンで取り除くなどしたりして、清潔な印象を持たれるように準備しましょう。

靴はシンプルな黒の革靴orパンプスで

リクルートスーツに合わせる靴は、黒の革靴とパンプスが鉄則です。面接ではないからと、スニーカーやサンダルなどを履くのは絶対にやめましょう。

時計やアクセサリーは控え目なものを

ブランド物の時計や大振りなアクセサリーは場違いですし、派手な印象を与えます。OBOGの方に悪印象を持たれる恐れのあるものは外しましょう。男性のアクセサリーは基本NGです。女性の場合も小ぶりなピアスや、華美過ぎないネックレスなどにし、ブランドのロゴの入ったものなどは避けたほうがよさそうです。

建物に入る前にコートを脱ぐ

ビジネスマナーとして、約束場所のカフェやビルに入る前にコートは脱ぎましょう。その際コートの内側を表にして縦半分に折り、腕にかけるといいですよ。

私服で行くときに気を付けるべきことは?

リラックスして話ができるようにとの気遣いから、「私服でお越しいただいて構いません」と言ってもらえることもあります。その場合は、先方のご厚意を無下にしないように私服で伺いましょう。ただ、私服といっても、いつも通りの私服ではなくオフィスカジュアルですので、以下のポイントを参考に服選びをしてみてください。

ありのままの私服はNG!オフィスカジュアルで

OBOG訪問も就活の一部ですから、ビジネスマナーに則った服装で臨みましょう。遊びに行くときの私服ではなく、きちんとした印象を与えられるオフィスカジュアルにしてください。

サークルの先輩など知り合いの場合はある程度カジュアルでも◎

直接の知り合いや友達である、サークルの先輩などの場合は、その距離感にもよりますがカジュアルな私服でもOKです。迷った場合は、よりきちんとした服装で行けば無難です。直接確認してもよいと思います。

きちんとした印象の襟付きシャツを

オフィスカジュアルの定番アイテムである襟付きのシャツやブラウスなら、きちんとした印象を持たれるので間違いありません。

シャツは爽やかな印象の白か明るい色を選ぼう

シャツは、白または、薄い水色、ピンク、ラベンダーなど清潔感のある色にしましょう。明るく爽やかな印象を持たれることを基準に選んでください。

パンツはきれいめなチノパンやスラックス

パンツはラフすぎないチノパンやスラックスにしましょう。シワがあったらアイロンがけをし、だらしない印象を持たれないようにしましょう。

ジーンズやカーゴなどカジュアルなパンツは避ける

ジーンズやカーゴパンツはカジュアル度が高く、OBOG訪問の場には不適切なので避けましょう。

スカートの丈は短すぎないものを(女性)

ビジネスシーンにおいて、ミニスカートはNGアイテムの一つです。スカートの丈はひざ丈が無難です。

ジャケットを羽織ればよりきちんとした印象に

必須ではありませんが、ジャケットを羽織るとよりきちんとした印象になります。落ち着いた色のカーディガンを羽織っても問題ありませんが、ラフな印象になります。

鞄を選ぶときに気を付けるべきことは?

服装が決まったら、次は鞄です。鞄選びで気を付けることはどんなことでしょうか。

就活用の鞄でOK!

OBOG訪問用に新しい鞄を買い足す必要はありません。就活用の鞄でOKです。

A4サイズが入る大きさのものを選ぼう

私服で訪問する場合は、A4サイズの書類の入るトートバッグがよさそうです。革製のものや、張りのある布など、ビジネスの場で使っても違和感がないバッグが望ましいです。

カジュアルすぎる鞄は避ける

A4サイズが入るからといってエコバッグのようなペラペラしたものや、派手な色・柄のものは場にそぐわないので持っていかないようにしましょう。

リュックサックはやめよう

リュックサックは、リクルートスーツにもオフィスカジュアルにも似合わない、カジュアル過ぎるアイテムなので避けましょう。

キーホルダーは外そう

就活やビジネスに関係のないものは外しましょう。キーホルダーを付けていると子供っぽい印象を持たれてしまいそうです。

まとめ

服装を気遣うことは、対面する相手への気遣いでもあります。ラフ過ぎる格好やシワや汚れの付いただらしない服を着ていると、訪問の機会を軽く見ているようにも受け止められかねません。OBOGに、この学生にならいろいろ話をしてあげたいな、会社のことを教えてあげたいなと思ってもらえるような、好印象を持たれる服装で出掛け、OBOG訪問を収穫の多いものにしましょう。



就活での服装・身だしなみの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ