【大学生必見】大学生におすすめの春休みバイト

大学生は1月下旬から2月上旬にかけて行われる期末試験が終わると、約2ヶ月と長い春休みに入ります。春休みが終わると新年度になるため、人が入れ替わる時期でもあり、単発・中長期問わずアルバイトの募集が増加します。
普段は授業やサークル、課題が忙しくて稼げなくても、春休みなら授業が入っていた時間をアルバイトに充てることができ、短期間でガッツリ稼ぐことも可能です。春休みにしか体験できない季節限定のアルバイトもあり、春休みっぽいことがしたい人、新しいバイトを探している人におすすめのアルバイトを紹介します。

【大学生必見】大学生におすすめの春休みバイト
目次

単発アルバイト

春休みは新生活がスタートしたり、スポーツイベントが開幕したりする時期です。それに伴い、イベントスタッフや引っ越しバイトなどの単発アルバイトの募集が増加します。
単発アルバイトの特徴は一日から働けることや、自分の好きなタイミングで働けること、掛け持ちができることです。また中長期のアルバイトに比べ、給料が翌日払いや翌週払いのものが多く、すぐに現金収入を得ることも可能です。不定期にしか働けない人や、働いたらすぐに現金が欲しい人、バイトの掛け持ちを考えている人に単発アルバイトはおすすめです。

イベントスタッフ

春休みはスポーツイベントの開幕やアーティストのライブの増加によって、イベントスタッフの募集が増加します。舞台の設営や撤去、列誘導、物販、警備などと業務は多岐にわたり、自分に合った業務を選ぶことができます。短時間の業務もあるので予定との調整がしやすいです。また募集人数も多いので友達と一緒に申し込んで働くこともできます。

引っ越し作業

春休みは新生活がスタートする時期でもあり、異動や進学などを理由に引っ越しをする人が多いです。それによって引っ越し業者も忙しくなり、引っ越し作業のバイトの募集が増加します。主な業務は荷物の搬入や搬出の力仕事で、人を選ぶ業務になります。1回の業務で数件の引っ越しの手伝いをするため拘束時間も長いですが、その分給料が良く、一日で1万円以上稼ぐこともできます。体力に自信があって、一日丸々空けられるような人におすすめです。

節分・バレンタイン・ホワイトデー関連の期間限定バイト

春休みは夏休みと違い、節分、バレンタインデー、ホワイトデーなど様々なイベントがあります。各イベント間近になると百貨店やショッピングセンターで販売員スタッフの求人が増加します。このバイトは期間が1,2週間と短く、集中的に入って一気にお金を稼ぐことができます。

中長期アルバイト

単発アルバイトのみならず、中長期のアルバイトも春休みに求人が増加します。
春休みは大学4年生が社会人になることでバイトをやめたり、新大学1年生が新しくバイトを始めたりと、人が入れ替わる時期で新しくバイトを始めやすい期間でもあります。期間限定の中期アルバイトや新しく長期アルバイトを始めたい方におすすめのバイトを紹介します!

スキー場などのリゾートバイト

リゾートバイトは観光地の飲食店などで住み込みで働くアルバイトのことです。期間も2週間から1ヵ月以上のものなど様々なものがあり、宿泊費や食事代はかからないものが多いです。春休みに予定が特に入っておらず、短期間でガッツリ稼ぎたい人におすすめです。
夏休みにも募集が増加するリゾートバイトですが、春休みにも求人は増えます。スキー場などの春休みにしか募集を行わない季節限定のリゾートバイトもあります。バイトが入っていない日には観光地を巡ったりスキーができたりするので、友達と一緒に思い出作りに行ってみてはいかがでしょうか。

コンビニ

コンビニバイトはレジ打ちや品出し、発注など様々な仕事を経験することができます。また働ける時間帯も幅広く生活リズムが乱れがちな大学生も働きやすく、シフトに融通が利きやすいので大学が再開しても働き続けやすいと思います。様々な業務を行うため覚えることが多く最初は大変だと思いますが、慣れてしまえばパターン化された作業なので楽になると思います。
夜勤は首都圏で時給1200円以上のところが多く、ガッツリ稼ぐことも可能です。

飲食店

飲食店でのバイトはホールとキッチンの2つに分かれ、ホールは客を席まで誘導したり注文を聞いたりなどの接客がメインで、キッチンは調理や仕込み、食器洗いなどの仕事があります。繁忙期やピークの時間帯は忙しく、残業することもありますが、お客さんがあまり来ない時間帯は楽です。

有給インターンシップ

インターンシップは大学生が就職前に企業で就業体験をすることを指し、短期や長期、無給や有給など様々な種類のインターンがあります。
インターンは就活のために意識の高い人がやるイメージがある人もいると思いますが、給料が発生するものもあり、バイト代わりにインターンに行く人も多いです。研修制度も充実しているところが多く、初心者でも気軽に応募できます。
業務も事務作業から商品の企画など様々な業務があり、やりがいのある仕事が多いです。そこで、よくあるインターンの業務を紹介するので、インターンに応募するときの参考にしてみてください。

ライター

ライターのインターンはWebサイトのコラムを作成するWebライターが一般的です。記事の構成案から本文を作成するところまで自分で行うので、文章力・表現力が上がり、大学のレポート作成時や就活でESを作成する時、将来仕事で書類を作成する時に役立ちます。また様々なジャンルの記事を作成するので、新しい発見があったり様々な分野に詳しくなったりして楽しいと思います。

営業

営業は企業に直接訪問して商談を行う、飛び込み営業のイメージが強いと思いますが、電話やメールで営業をすることの方が多いです。営業職でのインターンは社会人で必要な言葉遣いやビジネスマナーを身につけることができ、就職後も必ずそのスキルは役立ちます。また自社の商品・サービスを売り込むためには相手を納得させる必要があるので、コミュニケーションスキルが自然と身に付きます。

エンジニア

エンジニアのインターンはアプリケーションの開発やWebページのデザインを行ったり、サイトの機能の拡張など様々な業務があります。エンジニア職は専門性が高いイメージがあり、特別な知識がないと参加できないと思う人もいると思いますが、教育システムが整えられていて、未経験者を歓迎しているところの方が多いです。
プログラミングの知識はエンジニア職に就職したときはもちろん、他の職種でも持っていると役立つことがありますし、サークルやゼミのWebサイトを作ったりする時にも役立ちます。

インターンシップを探す

最後に

いかがでしたでしょうか。春休みのバイト選びの参考に少しでもなれば幸いです。
自分に合ったバイトを見つけて有意義な春休みを送りましょう!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ