いつ?どこで?何回目?大学生が告白するときのポイント解説

大学生になり、恋愛がしたい!と思っている方も多いはず。すでに好きな人ができた人も多いと思います!でもお酒の力を借りたり、夜景の綺麗なバーで口説くのは大学生にはまだ早い気もします。大学生が告白するタイミングや場所はどのようなシチュエーションがベストなのでしょうか?そこで今回は大学生が告白するときのポイント、さらに伝える内容のポイントなどおすすめの方法をご紹介していきます!

いつ?どこで?何回目?大学生が告白するときのポイント解説
目次

いつ告白するのが良いのか

今あなたが好きだなと思っている相手とはどのように出会いましたか?いつ告白するのがよいかというのは、一概にはいうことができず、その相手との出会い方や関係性にもよります。さまざまな出会い方や関係性があると思いますので、ここではパターン別に関係性によって、おすすめの告白するタイミングを解説していきます。ぴったりのものがない場合には近いほうを選んで応用してみてくださいね。

友達を好きになった場合

大学の同級生やサークルの仲間、アルバイトが同じ友達、さらには高校時代までの同級生など、最初は友達として友達になった異性を好きになった場合、、まずはすでに友達として仲良くなっていると思います。あまり友達期間が長すぎると相手も自分のことを異性として、付き合う相手として見てくれなくなってしまい、友達関係から抜け出せない可能性もあります。そのため、仲良くなり一緒にいる時間が増えてから3か月以内くらいがベストです。

もしすでに友達として長く友情が続いている相手を、なにかきっかけがあって好きになった場合には、「ただの友達」から一発逆転するための脱出を図る必要があります。いっきに異性として意識させる方法を検討しましょう。

ひと目ぼれ、合コンなどの場合

合コンや、接点はないけれどいつも通学路で会う異性にひとめぼれをしてしまった場合など、友達ではないしそこまで仲良くなってもいない場合は、まずは仲良くなる時間を作る必要があります。いきなり「ほぼ初めまして」の状態から告白をしても、成就する可能性は限りなく低いためです。そこで、まずは友達としてでもいいですし、相手も自分に興味がありそうだと感じたらいっきに「友達以上恋人未満枠」を狙って親しくなるのも手です。その後関係性や相手の反応をみつつ、相手からの好意や自分への興味を感じられたら、告白をするタイミングになったといえます。

どこで告白をするのが良いのか

それでは、告白をしたいと考えた際、どこで告白をするのが良いのでしょうか。相手との関係やあなたのキャラクターにもよりますが、あまり大人っぽい場所で背伸びをし過ぎるのも良くありません。大学生らしく、また二度と経験できないようなシチュエーションを選ぶことをおすすめします。

やっぱり大学やバイトなどの帰り道が一番!

同じ大学の相手や、同じバイト先の相手などの場合、大学の構内やバイトの帰り道がおすすめです。いつもの場所で告白をすることで、お互いにリラックスできるということや、わざわざ不自然に相手をどこかに連れ出す必要がないからです。さらに、いつもの日常的な場所と告白というギャップやコントラストが余計にドキドキを増加させてくれるため、相手の心にも響きます。

しかし、できるだけ人の少ないところを選び、同級生やバイト仲間のいる前での告白は避けましょう。さらに、日常的な場所であるがゆえに、多少雰囲気には気をつかう方が良い場合もあります。例えば誰もいない教室や、閉店後のアルバイト先の厨房などはとてもロマンチックですが、ゴミ捨て場が近いなど臭いがしたり、どんなにロマンチックでも侵入が禁止されている屋上などは避けましょう。

デートする関係ならロマンチックな場所で

もしすでに、2人きりで遊びに出かけたり、デートに行くような関係であれば、出かけた先で少しロマンチックな場所をセレクトするのも良いでしょう。例えば、デートの帰り道に夕日が見える公園や、展望台など、そこまで背伸びはしていないけれど二人だけの思い出の場所となるような場所を選ぶと告白の成功率も高まります!

LINE、電話での告白は男女ともにNG!

どうしても告白をするのに緊張してしまうという方はLINEや電話での告白を検討するかもしれません。しかし、男性も女性も、LINEや電話で告白されるのは嫌!という人が圧倒的に多く、おすすめできません。やはり自分の想いを伝えるときには、顔を見て直接面と向かって伝えてほしい、という方が多いのですね。

シンプルに、相手の好きなところとともに伝えよう

告白をする際には、あらかじめカッコイイセリフや、可愛く想いを伝えたいと思うかもしれませんが、緊張してしまって考えていたことがすべて口から出てこないこともあります。あまりセリフを丸暗記しよう、とは考えない方が無難です。

おすすめはシンプルに「好きです、付き合ってください」と言うこと。そして、相手のどこが好きかを一緒に伝えることです。「好きです」だけだと最悪の場合「うん、ありがとう。」で終わってしまうので、「付き合ってください」も忘れずに。そしてなぜ自分が相手を選んだのかも伝えることで、より相手に想いが伝わることでしょう。

最後に

告白は誰もが緊張します。しかし、今回お伝えしたポイントに留意するだけで、思い出に残る大学生らしい告白になること間違いなし!シンプルに、でも的確に相手の目を見て好きなところを伝えればきっと想いは伝わりますよ!がんばってくださいね♪

この記事を書いた人
るーこ画像
るーこ
大阪の大学を卒業した後、営業と人事部を経験。個人で就活相談に乗る活動もしている。


大学生活の過ごし方の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ