就活にやる気がでないのはなぜ?原因別に対処法を解説!

早ければ大学3年の夏ごろから開始される就活。人生がかかっているとは言え、長い就活では途中で「なんだかやる気でない…」と感じることは珍しくありません。
今回は就活でやる気が出ない4つの原因をお話しするとともに、原因別の対処法を解説します。また、やる気が出ない状態を予防するポイントもお話ししますので、ぜひご覧ください。

就活にやる気がでないのはなぜ?原因別に対処法を解説!
目次

就活で「やる気でない」と思う4つの原因とは?

原因1:就活を他人事のように感じている

やる気が出ない原因の1つ目として、就活を他人事のように感じていることが挙げられます。
小学校から大学に至るまで、学生としての人生しか歩んでこなかった人にとって、「数年後には社会人として働く」という事実は理解できていても、リアルにイメージすることは困難です。
そのため、就活へのモチベーションを高められず、就活へのやる気を出すことができません。

原因2:就活に心や身体が疲れてしまっている

多くの就活生にとって、就活は半年から1年という長丁場。大学の授業や試験に加え、就活の対策を行いつつ、面接のために遠方に出かけていると、身体に疲れが溜まります。
また、就活で繰り返し不採用になると「自分は社会に必要とされていないのかな」「自分だけ内定が取れなかったらどうしよう」など、心にもストレスが蓄積していきます。
このように就活で心と身体が疲れ切ってしまうと、やる気を出す余裕がなくなってしまいます。

原因3:就活という制度に不満がある

「日本の就活生はみんな同じに見えて気味が悪い」「結局、面接は企業が求める正しい答えを言った人が通過する」「せっかく大学に来たのに就活にばかり時間をとられる」など、新卒就活の制度に対して不満を抱く人は少なくありません。
あまりにも就活に不満があると、就活を避けようとする気持ちばかりが募り、やる気は生まれません。

原因4:就職する以外の道を選びたい

就職する以外の道を選びたい人にとっては、就活にやる気を出せと言われてもうまく応えられません。
企業に対して「ブラック」や「社畜」など嫌なイメージを抱いている人や、「フリーランスとして働きたい」という人は、企業に入社することを前提として就活には気分が乗らないこともあるでしょう。
また、「そもそも働きたくない」という思いが強ければ、就活へのモチベーションがなかなか生まれません。

就活の「やる気でない」に対する原因別対処法

原因1の対処法:会社説明会やインターンに顔を出す

就活を他人事のように感じているためにやる気が出ない場合は、会社説明会やインターンに顔を出してみるところから始めましょう。
自分と同じ年代の学生が就活に熱心に参加しているのを見ると、自然と就活がリアルなものになってきます。また、会社説明会やインターンを通して企業の詳しい情報を知ることで「自分もこんな働き方をしたい」という目標が生まれ、就活へのやる気が高まります。

原因2の対処法:思い切って休みを取る

就活に心や身体が疲れてしまい、やる気が出せない場合には、思い切って休みを取ってみましょう。
風邪を引いているときやお腹が痛いときなど、身体が不調なときにやる気を出すのは難しいですよね。就活も心や身体に疲れが溜まった状態で、前向きに取り組み続けることはできません。
たっぷり睡眠をとる、ゆっくりお風呂に浸かる、好きな趣味を楽しむ、友達と話す…など、心や身体がリラックスするような活動に取り組むうちに、やる気が少しずつ回復してくるはずです。

原因3の対処法:自分の優先事項を振り返る

就活という制度に不満があり、やる気が出ないという場合には、自分が最も優先すべきことを振り返ってみましょう。
「大企業に入社する」「お金持ちになる」「のんびりと暮らす」…どんなことでも構いません。自分にとって大切にしたいことを見つめ直し、そのために就活を乗り越える必要があるかどうかを考えてみてください。
自分の最も大切にしたいことより、就活への不満の方が小さければ我慢することも苦ではなくなるはずです。

原因4の対処法:就活と本当にやりたいことを比較して見つめる

就職する以外の道を選びたい場合には、「自分が本当にやりたいこと」を見つめ直すことが必要です。
「フリーランスとして働きたい」「起業したい」など、やりたいことが明確な場合には無理に就活をする必要はないかもしれません。
また、「そもそも働きたくない」という人は、「仕事とは嫌なものである」という考えが根強いのかもしれません。しかし、実際には自分の仕事に誇りをもち、満足して働いている人もいます。「どんな仕事ならやってみたいか」を考えてみると、案外就活も楽しめるかもしれません。

最後に

心や身体の健康こそが「やる気」の源です。そして、心や身体の健康を維持するには生活習慣や食生活を整えることが重要となります。「やる気が出ないなぁ」と思ったら、少し生活を見直してみてください。
また、就活ではたくさんの悩みが生まれますが、それらを1人で抱え込んでいると、不安が大きくなり、やる気を出すどころではなくなってしまうことも。家族や友人、キャリアカウンセラーなど、誰かと悩みを分け合うだけでも心が軽くなり、就活への前向きな気持ちを取り戻すきっかけになります。ぜひ試してみてください。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ