内定後の大学4年生こそ長期インターンに行こう

内定が出て就職活動を終えると4年生は卒業して入社するまで時間に余裕ができますね。その間に旅行をしたり留学したり、アルバイトでお金を稼いだりする人もいると思います。様々な過ごし方がありますが、長期インターンシップに参加するのもオススメです。
「4年生で就活が終わったのにインターン?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、4年生が長期インターンに行くメリットはたくさんあります。

目次

内定後に長期インターンへ行くメリット

インターンシップとは、大学生が就職前に企業などで一定期間就業体験することを指し、就職活動のためや自身のスキル向上を図るために行う人が多いです。就職活動は終わったのにインターンに行く意味あるの?と思うかもしれませんが、4年生でもインターンに行くメリットはあります。

入社前にビジネススキルを身につけられる

4年生の就職活動が終わって卒業までの期間は、入社前にビジネスマナーやスキルを身につけることができる最後の機会です。インターンでは営業やエンジニア、企画、マーケティングなどアルバイトではなかなか経験できない仕事ができ、基本的なビジネスマナーや専門的な業務のスキルを身につけることができます。時間に余裕があるときにインターンをすることで、入社してからすぐに始まる社内での激しい競争において同期よりも早くキャリアを積むことを可能とします。

他の業種を知り視野を広げられる

インターンを経験せずに就職をすると転職等をしない限りは、他業種について知る機会はなかなか訪れません。 他業種の知識を身につけるいい機会になるのがインターンです。その機会をうまく活用し視野を広げることができれば、今後のキャリアに有益な自身の業界や会社に対する客観的な視点を持つことができます。
また、インターンの中には新規事業の立ち上げにかかわり、経営者のそばで働くことができるものもあります。それにより、経営者の考え方や視点を知ることができるいい機会になります。経営者にならなくとも、商品開発などの仕事を任された時にこの視点を持っていることは、とても有益なものになるはずです。

アルバイトより稼げることもある

大学生は時間に余裕はあってもお金に余裕がないとよく言われます。そのため、ほとんどの大学生がお金を稼ぐためにアルバイトをしていると思いますが、インターンでもお金を稼ぐことは可能です。
短期インターンは無給のところが多いですが、長期インターンは有給で時給が1000円以上のところがほとんどで、成果次第ではアルバイトよりも時給が高くなることも多いです。時間に余裕がある4年生ならば、かなりの額を稼ぐことも可能です。
スキルをつけながらお金を稼ぐことができるというのはインターンの魅力であり、大学生の特権であると言えます。

企業が4年生のインターンを求める理由

内定が出た4年生は就職先が決まっているため、1,2年生や就活のためにインターンをする3年生に比べ採用されにくいと考える人もいますが、以下のような理由で、内定が出た4年生を求める企業もたくさんあります。

1,2年生より時間に余裕がある

大学4年生はサークル等の活動も引退していることが多く、内定が出て単位もほとんど取り終わっていると1,2年生よりも時間に余裕があります。そのため人手が足りない企業でのインターンは、4年生を歓迎しているところもあります。

基本的なマナーが備わっている

内定が出た4年生は就活の面接やインターンなどで、社会人と接した経験があります。そのため、1〜3年生に比べ敬語や電話・メールでのマナーが備わっており、丁寧な受け答えを要求される営業などのインターンで即戦力となります。

仕事に役立つ知識が備わっていることがある

4年生は1~3年生に比べ、専攻やゼミなどでプログラミングやマーケティングなどの仕事に役立つ知識が備わっていることが多いです。また、サークルや部活でリーダー経験がある場合も多く、その経験がインターンで活きることがあります。

最後に

いかがでしたでしょうか。 内定が出てから卒業までの期間は長いようで短いです。その期間にやることの選択肢の一つとしてぜひ長期インターンを考えてみてください。 入社前にスキルアップできる最後の機会に長期インターンに挑戦してみてください。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ