気になる大学生の勉強時間。大学生が勉強しない時代はこれからも続くのか?

昔からよく、日本の大学生は勉強しないと言われています。自分もその一人だと言う方もいるでしょうし、周りにも、大学時代、全然勉強していなかったのに社会に出て活躍している先輩もいると思います。
本当に、日本の大学生は本当に勉強していないのでしょうか?また、その勉強時間はどのくらいでしょうか?
大学生が勉強しない理由や、これからも勉強しない時代が続くのかなどについても考えます。

勉強
目次

大学生の勉強時間はどのくらい?~アメリカの大学生との比較~

「学生の学修時間の現状(文部科学省)」によると、日本の大学生の一週間あたりの勉強時間は、一番多いのが「1~5時間」で57%、次いで「6~10時間」で18%、まったく勉強しない「0時間」が9.7%と続きます。つまり、全体の約85%が1週間に10時間以下しか勉強していないということになります。

一方、アメリカの大学生では、「11時間以上」と答えた学生が58.4%と全体のおよそ6割を占め、日本の大学生で一番多かった「6~10時間」も少数派に含まれます。まったく勉強しない「0時間」もわずか0.3%でした。

日本の大学生がいかに勉強していないか、アメリカの大学生との比較ではっきりしたと思います。

また、日本の学生の中でも、大学生の勉強時間が一番少ないというデータもあります。
一日のうち、学業(学校の授業、学校の宿題、塾や予備校での勉強を含む)に使う時間は、一番多いのが中学生の8時間超、次に高校生の約7.7時間、次に小学生(10歳以上)の約6.9時間、最後が大学生の約6.3時間となっており(総務省「明日への統計2015」より)、小学生より勉強時間が少ないという結果でした。日本の学生は大学に入った途端勉強しなくなる、ということが浮き彫りになっています。

日本の大学生はなぜ勉強しないのか?

日本の大学生が勉強していないことは分かりましたが、その理由はどういったところにあるのでしょうか?

理由1:大学の成績が評価される場がなかったから

海外の企業では、採用選考に大学時代の成績を参考にするのが当たり前です。その際に使われるのがGPA(Grade Point Average:成績の平均点)と呼ばれる、個人の成績を点数化し、その平均を表したものです。
これが、面接の事前選抜に使われることが多く、A社の面接に行くには、GPAが〇〇点以上ないとダメ、B社の採用試験はGPAが〇〇点以上ないと受けられない、といったように受験資格のようにもなっています。そのため、海外の大学生たちは、志望企業の採用試験を受けるために大学の講義も熱心に受講します。

一方日本では、大学時代の成績が採用選考に使われることはこれまでほとんどありませんでした。大学時代に勉強を頑張ってよい成績を納めても、どこにも評価される場がないため頑張ろうと思う学生は生まれなかったようです。

理由2:充実した新人教育により、社会に出ても困ることがないから

日本の就職市場においては、新卒の一括採用が一般的です。入社後は、電話の取り方や名刺の渡し方などのビジネスマナーから始まり、業務上必要な知識やスキルまでしっかり教え込まれます。そのため、社会のことや自分が携わる業務のことを知らなくても困ることはないので、大学時代にビジネスマナーや、志望する業界で活かせるスキルを学んでおく必要はありません。

一方欧米には、大学生の新卒を一括採用する仕組みはありません。人材募集はオープンポジションといって、ポストに空きがでた分だけ補充する仕組みです。例えば、「広報担当者が辞めたから広報ができる人を1名募集」「新しいシステムを開発するからエンジニアを5名募集」といった具合です。日本における中途採用のような形で、常に即戦力となる人材が求められています。
新卒であっても、そのビジネスに関する知識やスキルがないと給与に反映されますし、そもそも採用される可能性は低いです。
そのため、欧米の大学生たちは、志望企業で即戦力になるべく、ビジネスシーンで活かせるスキルや知識を大学時代にしっかり学んでいるのです。

ここまで見てきたとおり、欧米諸国に比べ勉強する必要に迫られていない日本の大学生ですが、これからも勉強しない時代が続くのでしょうか?

新卒の採用選考に大学の成績が利用されはじめ、大学生が勉強する時代が来ている!

これまで就職活動では、大学時代の成績よりもサークルやアルバイトなどの課外活動が充実していることが重要だと考えられていたと思います。課外活動が自己アピールするうえでこれからも重要であることは変わりありませんが、近年、大手企業を中心に新卒の採用選考に履修履歴データ(成績表)を利用する企業が増えてきました。

企業は、学生の成績表から客観的な事実に基づいた評価を知ることができますし、力を入れていた授業の話やその理由を聞くことで、課外活動のエピソードとは違った学生の魅力や個性を引き出すことができます。また、授業の選択の仕方から、学生の価値観や個性を見ることができるなど、収穫が多いようです。

今後、採用選考に履修履歴データを積極的に活用する企業がますます増えていくことで、日本の大学生も学業に力を入れることになっていきそうです。

最後に

大学生が勉強するか否かは、その成績が自分のこれからに関わるかどうかにかかっています。

2017年に文科省が出した「平成30年度就職問題懇談会申合せ及び就職・採用活動時期に係る政府要請について」に、“少なくとも卒業・修了前年度までの学業成果を表す書類(例えば成績証明書や履修履歴等)を選考の早期の段階で取得し、採用面接等において積極的に活用することにより、学生の学業への取組状況を含めて適切に学生を評価することを求める。”とあり、今後、新卒の採用選考に、大学の成績が利用されることが一般的になることも考えられます。
それにより、大学生が学業に励むようになり、大学の講義もより意義のあるもの、ビジネスで活かせる能力が身に付けられるものに変わり、大学が学びの場として機能するようになっていきそうです。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ