PwCあらた有限責任監査法人の就活本選考体験記(2020年卒,SPA②)

PwCあらた有限責任監査法人の就活本選考体験記(2020年卒,SPA)です。先輩の体験記を参考にして、就活を有利に進めましょう!

就活本選考体験記一覧

会社名PwCあらた有限責任監査法人
部門(職種)SPA
卒業予定年/卒業年2020年
内定(内々定)が出た時期修士1年生の3月
就活本選考体験記

選考フロー

エントリーシート・ウェブテスト→グループディスカッション→小論文・一次面接→最終面接

エントリーシート

提出時期

修士1年生の2月

提出方法

マイページから提出

設問、文字数

・今までに成し遂げたこと、達成感を味わったことを教えてください。(300文字以下)
・チームで活動した経験、およびその際の自分の役割と成果を教えてください。(300文字以下)
・PwCあらた有限責任監査法人の「ビジネスリスクコンサルタント職」を志望する理由を教えてください。(300文字以下)

結果連絡の方法、日数

〆切から一週間ほど、メールで連絡

留意したポイント、アドバイスなど

監査法人という性質を考慮して、誠実さが伝わるよう意識しました。また、わかりにくい仕事内容なので、事前にHP等で職種研究を行ってから志望理由を作成しました。

筆記試験

受験方法

自宅でウェブテスト受験

内容や難易度

【形式】 玉手箱
【科目、時間】 言語、非言語、性格検査 時間は長め
【難易度、正答率、ボーダー等】 玉手箱の標準レベル 私の回答率はほぼ10割で、正答率は実感で8~9割ほどでした。 周りの学生のできは分かりませんが、ボーダーはそれほど高くないと思います。

結果連絡の方法、日数

ESと同時

グループディスカッション

1グループの学生の人数

6人

ディスカッション時間

約30分

内容や進め方

【テーマ】 人々の生活をより豊かにするには?
【内容】
・アイスブレイク後、約30分ディスカッションし、5分ほどで発表
・制限時間は発表時間込みなので、時間管理が重要
・資料はなし
・発表は挙手で決定
・面接官からのFBあり
・私は全体のまとめ役を担いました。
【GDの流れ】
最初にテーマに関する共通認識を作りました。具体的には、「人々」とは誰か、「豊か」とは何かなどについて認識を共有しました。そのあと、アイディア出しを行い、ある程度アイディアがでたら絞り込んでいきました。最後に施策を仕上げ、今までの議論を振り返りながら論理の穴がないかを確認しました。

雰囲気

・GD中は面接官は一切関わってこない
・周りの学生のレベルはそれほど高くないので、積極的に議論に参加していれば評価されると思います。

留意したポイント、アドバイスなど

GDでは、チームをファシリテートする役割を果たすように意識していました。私はGDで評価される人は大きく分けてアイディアを出す人とチームをまとめる人だと考えており、常に良いアイディアを出せるかは不確実なので、この企業のGDに限らずチームをまとめる役割を狙うようにしていました。

結果連絡の方法、日数

選考から約3日後、メールにて

一次面接

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

1人、マネージャー

時間

約90分

質問内容や進め方

【進め方】
・最初の30分で小論文に取り組む。その後、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ