化粧品メーカーの業界研究、就職活動対策

就活生に根強い人気を誇る化粧品業界。学生の頃からコスメが大好きで、メイクの研究やスキンケアに夢中になる人も少なくありません。近年では女性に限らず、お肌のケアなどを気にする男性も増えているため、男性にも人気の就職先となっています。

注目度の高い業界ですが、イメージだけで就職先に決めてしまうのは、あまりおすすめできません。化粧品業界の動向や具体的にどのような仕事があるのかなど、就職活動の進め方を見ていきましょう。

目次

化粧品業界についての基礎知識

製造と販売

化粧品業界は、化粧品の製造を行う化粧品製造業と化粧品の製造から販売まで行う化粧品製造販売業の2種類に分類することができます。

スキンケア製品を中心に製造販売する企業や男性用化粧品に特化した企業など、それぞれの企業に特色があります。化粧品を取り扱うという意味では、百貨店やドラッグストア、通販なども化粧品に関わる業種と言えます。

海外展開も

近年では、海外進出している企業も増えており、市場の拡大を図っています。化粧品会社と言っても、細かく見ていくと様々な事業を行っていて、得意分野もそれぞれ異なっていることがわかります。

技術系と事務系

化粧品会社の採用は、研究や開発を行う技術系と、企画や宣伝、販売を行う事務系に分かれます。理系でも文系でも専門知識を活かせる場があると言えるでしょう。

化粧品業界の現状

化粧品は女性にとって必需品なので、売り上げが景気の良し悪しで左右されにくい、安定している業界です。しかし一定数の需要はあるものの、今後は少子高齢化社会による人口の減少で国内市場は縮小傾向にあるといわれています。売り上げを今後も伸ばしていくためには海外市場の拡大だけでなく、海外企業との競争に勝つ必要があります。

化粧品会社にはどのような職種があるのか?

化粧品業界は、企業によって様々な特徴があることがわかりましたが、それでは具体的にどのような職種があるのでしょうか?ここでは、主な職種をご紹介していきます。それぞれの職種の中には、さらに細かく分類された職種が数多く存在しますので、興味がある分野の職種があれば詳しく調べてみてください。

商品企画

マーケティングデータを基に、市場に求められる新製品の企画を立案します。コンセプトやターゲット層、デザインなど幅広く手掛ける必要があり、新たな商品を市場に送り出す基礎の部分となるため、企業の将来を左右する重要な職種のひとつです。

商品開発

新商品に有効な成分や素材の研究・開発を行います。新商品は発売するときの消費者の流行を先読みする必要があるので、開発だけでなく消費者のニーズ等を調査する必要があります。また、既存の商品の品質改善や向上も行います。。

生産

生産に関わる設備・システムの管理や技術開発などを担当。商品の在庫管理や発注予測など幅広い業務を行います。

販売促進・営業

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどへの営業や、販売を促進する売り場づくりの提案などを行います。密な連携が必要となるため、コミュニケーション能力が必要です。

販売

それぞれの企業の販売経路によって異なります。店頭に立って直接顧客に説明などしながら販売する場合や、オペレーターとして電話での注文を受ける場合などがあります。いずれにしても、商品に関する豊富な知識が必要となります。

事務系

経営企画や総務、人事など、化粧品業界に限らず企業を経営する際には欠かせない業種です。

化粧品会社に求められる人材とは?

化粧品4 ますます人気が高まっているように見える化粧品業界は、求められる人材のレベルも上がってきています。希望する職種によって要求されるスキルは異なりますが、専門的な知識や探求心、時代を先読みする力など、様々なスキルが求められます。

コミュニケーション能力

企画から開発、販売と様々な工程があるため、いろいろな部署の人との連携が大切です。販売員はもちろんですが、開発などの技術職や事務職でもコミュニケーション能力が求められるでしょう。

語学力

海外へ展開をしている企業では語学力も必要です。英語力はもちろんですが、海外の文化や生活習慣などを理解しているなど、海外経験もプラスになるでしょう。
ここで気をつけておきたいのは、英語でもTPOに応じた話し方があることです。敬語はありませんが、スラングなどを使わない、丁寧な言葉遣いを心がけるようにしましょう。

好奇心

化粧品業界では幅広いスキルが必要となってくるので、好奇心が旺盛なことや積極的に行動することなどが重要視されます。その企業でどんな風に貢献できるかをじっくり考えて、明確に答えられるようにしておきましょう。

化粧品業界に就職するのに必要な学歴・資格は?

学歴

研究・開発職では、理系の大学卒の学歴が求められるのが大半です。企画や営業職ではとくに理系に限定されることはありませんが、大手の人気メーカーは大学卒業が応募資格となっていることが多いので事前に確認しておきましょう。販売員は高校卒業資格で応募できることが多いようです。

資格

化粧品に関する資格として、「日本化粧品検定」や「化粧品検定」などがあります。この資格保持を応募条件として提示している企業は少ないですが、化粧品に対する興味の高さや知識をアピールできるものなので、化粧品業界を目指すなら取得を目指すのもいいでしょう。資格取得に向けて勉強中だということもアピールポイントになるので、化粧品業界に就職することを早い段階で考えている人は勉強を始めてみてもいいでしょう。

化粧品業界に就職するためにしておきたい対策

業界研究・企業研究を徹底する

化粧品業界は、企業ごとにブランドコンセプトやターゲットが違うため、それぞれの企業の特徴を理解する必要があります。

企業は、自社ブランドにマッチした人材を求めています。企業の特徴を理解し、自分のやりたいことが実現できそうな企業・職種を選ぶようにしましょう。

志望動機に説得力を持たせる

職種によって専門知識や語学など様々なスキルが必要となりますが、化粧品業界で就職活動をする際に大切なことは、志望動機に説得力を持たせることです。

「様々な業界の中から、なぜ化粧品業界を選んだのか」「数ある化粧品会社の中からなぜその企業を選んだのか」といった基本的な動機をしっかり考えましょう。

実際に商品を使ってみる

実際に各メーカーの商品を使ってみたり、自分なりに分析・研究をすることも大切です。希望するメーカーだけでなく、競合メーカーの商品や動向にも目を向けることで、化粧品業界全体に対する理解も深めることができるでしょう。

セミナーやインターンシップに参加する

化粧品業界が主催するセミナーやインターンに積極的に参加するのもおすすめです。業界の雰囲気を体感でき、人脈を広げていくことも可能です。自分をアピールするための事例にもなるので、少しでも気になるイベントやインターンの機会があれば積極的に参加しましょう。

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!

まとめ

時代の流れとともに多様化している化粧品業界は、就職先としても人気が高く難関と言われる業界のひとつです。近年では、女性だけでなく男性のニーズも高まり、さらには海外へ進出する企業も少なくありません。

華やかで美しいイメージの化粧品業界は、男性も就職を希望するケースも増えていて求められる人材のレベルも高くなっています。化粧品業界でのインターンやセミナーにも積極的に参加して、人脈を広げながら希望の企業を絞り込んでいってください。



業界研究の方法の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ