【例文あり】就活の自己PRで「慎重」をアピールする方法とは?

「慎重」であることは、仕事をする上でとても大切な能力です。しかし、ただ単に慎重ですと言っても効果的なアピールにはなりにくく、チャレンジ精神がないのではないかと誤解されることもあります。ここでは、どのようにアピールすれば効果的な自己PRを書くためのポイントをまとめました!

【例文あり】就活の自己PRで「慎重」をアピールする方法とは?
目次
  • 慎重のメリット
  • ├丁寧である
  • ├ミスがない
  • ├計画的
  • └ 無駄を省くことができる(時間やコストのカット)
  • いよいよ書いてみよう!
  • ├「丁寧」のアピールの仕方
  • ├「ミス」がないのアピールの仕方
  • ├「計画的」のアピールの仕方
  • └「無駄を省くことができる」のアピールの仕方
  • デメリットを聞かれた場合
  • ├慎重すぎるデメリット
  • └デメリットの対処法
  • 最後に

慎重のメリット

まずは慎重であることのメリットから見ていきましょう。

丁寧である

慎重な人は、細かいところまで確認しながら仕事を行うため、全体的に仕事が丁寧な印象です。丁寧であればあるほど、仕事に対して真摯な姿勢で取り組んでいることがわかります。

新卒はまず熱心に仕事に取り組むことが大切ですから、こういった姿勢をアピールするためにも丁寧であることは、どんどんアピールしていきましょう。

ミスがない

仕事でのミスは、ときに取り返しのつかない事態を引き起こしてしまいます。慎重な人は、そういったことが起こらないように確認に確認を重ねて仕事を進めていきます。

このような仕事の進め方は周りに安心感を与えます。ミスが許されない仕事内容であれば、特に効果的な自己PRになりますね。

計画的

慎重な人は、納期に間に合うように計画にしたがって、余裕を持って仕事を進めます。計画も入念に立てられているので、無理のないものになっており、何かあってもスケジュールを組み直すことができます。

仕事で突発的な問題が起こることはよくあることなので、そうなった場合も心配なく仕事が進められることは、チームや会社にとってもメリットがありますね。

無駄を省くことができる(時間やコストのカット)

闇雲に仕事を進めると、時間や費用に無駄が生じる場合があります。会社は常に無駄を省き、成果を挙げたいと考えているので、このような無駄はできるだけ省きたいと考えています。

慎重な人は予め無駄な時間や費用が発生しないように考えて行動するので、コストカットに貢献することができます。会社にとっては有難い存在になれそうですね。

いよいよ書いてみよう!

   

「丁寧」のアピールの仕方

どのような場面で、どのような丁寧な仕事をしたかがはっきりわかる自己PRを作りましょう!

【例文】
私のアピールポイントは丁寧に仕事に取り組む姿勢です。

ゼミの研究のために、団地に住む高齢者の方々にアンケートを取った際、データ化するのはもちろんのこと、アンケート用紙に関しても後から見返せるように団地の棟と年代別にファイリングして、保管をしておきました。

その後、他の研究でこのアンケートを使うことがあり、アンケート用紙をもう一度見直す必要が出てきた際、しっかりファイリングをしていたのですぐに見直すことができました。今後貴社に入社してからも、丁寧に仕事に取り組む姿勢を生かし、スムーズに業務が遂行できるよう工夫していきます。

「ミス」がないのアピールの仕方

ミスの防止には対策が必要です。自分なりの工夫をした経験を書きましょう。

【例文】
私のPRポイントはミスのない対応ができることです。

スピード写真のアルバイトでは、一人で店舗を任されることが多く、特にレジでのミスがないように気を遣いました。割引などが入る場合は、事前に情報を入手し割引率が分かる表を作成しておいて、金額が間違っていないかチェックしながら会計をしました。

そうしたところ、他のアルバイトが入っている時間帯に比べ、ミスが殆どなく店長から評価していただくことができました。今後も社会人として、ミスが少ない正確な仕事ができるようにすることで、お客様に安心感を持っていただけるようにしてまいります。

「計画的」のアピールの仕方

計画の内容とその計画の効果をわかりやすく書きましょう!

【例文】
私のPRポイントは計画性を持ち物事に取り組めることです。

学園祭の実行委員をした際は、全体の統括を担当していました。それぞれの仕事がうまく回っているのかをチェックしながら、本番に間に合わせることを一番に考えて計画を立てました。

報告を受けて、それぞれの動きを見ていましたが、看板などの飾りつけを担当しているグループの現場を見にいってみると報告を受けていたよりも作業が遅くなっていることに気が付きました。そこで、余裕のありそうな他のグループから応援を頼み、一緒に作業してもらうようにしたところ、作業がスムーズに進み本番を迎えることができました。

計画にある程度の余裕があったからこそできたことだと思いました。今後社会人になってからも、ある程度余裕を見て計画を立て、現場をしっかり見ながら調整していくことで成果を上げていきます。

「無駄を省くことができる」のアピールの仕方

どんな無駄を省いて成果を出したのか、またその無駄に気付いた過程も書きましょう。

【例文】
私のPRポイントは、コスト意識を持ってムダを省き、物事を円滑に進めることができるところです。

サークルの先輩の追い出しパーティーでは、毎年5回集まって準備を進めていましたが、全員で集まる日程を調整するのに苦労していました。また予算についてもリーダーが一括管理をしていたので、毎回リーダーがそれぞれに指示を出さなくてはなりませんでした。

そこで同じ仕事を担当するグループごとに予算を振り分け、集まる日程もそれぞれで決めてもらうことにしたところ、日程調整もスムーズに進み、作業も少ない時間で終わらせられるグループが多く、また予算もムダなく配分できて、昨年よりも5000円ほど少ない予算で準備をすることができました。

少しの工夫でムダを省くことがきることを学ぶことができたので、貴社に入社してからも自分で考えてムダが省けることがあれば、些細な事でも相談しながら進めていきたいです。

デメリットを聞かれた場合

どんな性格にもデメリットは存在しますが、慎重な性格の人にはどんなデメリットを感じやすいかを把握し、質問された場合の対策を立てておきましょう。

慎重すぎるデメリット

慎重すぎる性格のデメリットは、「消極的」であるというイメージがつきやすいということです。仕事に対してもそうですが、人間関係に関しても、そのようなイメージを持たれがちです。

また「細かいことにうるさい人」、というようなイメージも持たれる可能性があります。細かいことを指摘されるのは嫌という風に考える人もいるので、注意が必要ですね。

デメリットの対処法

「消極的」なイメージは、慎重だからこその「工夫」ができることをアピールすることで払拭できます。仕事がうまくいく「工夫」、人と仲良くできるようにする「工夫」。メモをとったりという細かいことでもOKです。自分なりの工夫をアピールしていきましょう!

最後に

慎重であることは、素晴らしいアピールになります。ポイントをつかんで自信を持ってアピールすれば、面接官にも届きますので、まずは自分が自信を持ってアピールできる内容を用意しましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ